unite tokyo 2018 で貰ってたvuForiaのMars Playing Cardsを試してみた


unite tokyo 2018でARのライブラリを提供しているvuForiaのセッションで紹介されていたサンプル用のカードがMars Playing Cardsです。セッション後vuForia社のブースで頂いてて試しそびれていました。取り敢えず、簡単にサンプルが実行できるまでをやってみます。

セッション内容は大まかに言えば
Unityに標準装備されているから、みんな使ってね!
みたいな事なので、気軽な感じで試したいと思います。


セッティング

ARに使用するのは4種類

 

UnityのメニューのEdit > Project Settings > Player を選択
Inspector に表示されたXR Settingsの項目にある

Vuforia Augmented Reality supportedをチェック

ストアから vuforia 等を検索してVuforia Core Samples をダウンロードそしてインストールします。

vuForiaは2D画像や3Dの立体物、特定の商品など様々な種類をターゲットに出来ますが、今回は2DイメージをターゲットにしたARを試したいので他のSceneはとりあえず無視して

3-ImageTargets

を選択読み込みます。

 

HierarchyでAR Cameraを選択

inspectorから
Open Vuforia configurationを開きます


vuforiaのHPでライセンスキーを取得

先ほどOpen Vuforia Configurationで開いたInspector の APP License Key の項目にある Add Licenseボタンを押してvuForiaのHPでライセンスキー取得します。取得したライセンスキーをコピーペーストすればOK。

以下AddLicense後のvuForiaのHP

Develop タブから Log Inを選択


Create account now を選択

必要な情報を入れます


メールが届くので確認

適当なApp Name を付ける


登録されると、App Nameが表示され選択出来ます。

ライセンスキーが表示されました。これを全選択コピーして

App License Keyに貼り付けます。



実行

今回は手っ取り早くUnity内で表示させたいので 映像はWebcamを使ってPCに取り込みたいと思います。


Webcamの項目のCamera Deviceから使用しているカメラを選択

実行します。

カメラの前にカードをかざすと


成功しました

他のカードも並べてみます


複数同時に表示できるみたいですね
もう一枚のカードは プロモーションのムービーが再生されていました。

自作のイメージを使用する場合はvuforiaのHPで画像を登録するなどのステップがありますが、それらを省いて、Unityにセットすれば取り敢えずARが実行できる状態になってました。


不満点

ただVuforiaのバージョンが古いままで、改めて最新のバージョンをダウンロードしてセットアップしなければなりませんでした。最新のUnityに更新してもvuforiaは古いままなのは、標準装備のうたい文句に疑問を感じました。


unite 2018 のセッション内容

ちなみにuniteのセッションで個人的に興味を持ったのは、AppleはAR Kit 、GoogleはARCore とそれぞれが標準のARライブラリを提供したためvuforiaの存在意義を改めて考察した結果、標準のARライブラリに対抗するものではなく補完する役割に変わりましたとの発言。アプリが実行されたらiPhone及びandroidの機種そしてOSのバージョンが対応しているか判断して、ARKit ARCoreで対応していれば標準のライブラリで実行、対応していなければvuforiaで実行されるように役割を住み分ける。

との内容で、これはARアプリを制作するときにiPhoneとandroidのどちらにも対応したいときに、複雑な処理のモノでないのであれば、色々考えるよりvuforiaで作ってしまえば要件は叶えられるのかな?だったら良いな?と思いました。

以上です