Photoshopで作成した文字をパスにしてMAYAにインポートする方法

maya_import_photoshop_str_path_topimage

「Photoshopの文字ツールで書いた文字をMAYAにインポートしたい」

MAYAで文字をモデリングをするのは結構な手間です。※現実的では無い

MAYAはAdobe Illustratorフォーマットのファイルがインポートできるので文字はIllustratorで作成しそれをMAYAで読み込むのが最も一般的な手順だと思います。

Illustrator持ってないから無理!

この様な人もいると思いますがIllustratorが無くてもPhotoshopがあればMAYAに文字をインポートする事は可能です。

今回はPhotoshopの文字ツールで書いた文字をMAYAにインポートする手順を紹介します。

Photoshopの文字ツールで書いた文字をパスに変換

MAYAはIllustratorのデータがインポート出来ますが、Photoshopの文字ツールで書いた文字をIllustratorのデータにするには、文字をパスに変換する必要があります。

Photoshopの文字ツールで書いた文字をパスに変換する手順

Photoshopの文字ツールで文字を書きました。

Photoshopの文字ツールで文字を書きました。


文字ツールで書いた文字を選択

文字を選択


書式 > 作業用パスを作成

書式 > 作業用パスを作成


文字がパスに変換されました。

文字がパスに変換されました。


文字の輪郭に沿ってパスが生成されてます。

文字の輪郭に沿ってパスが生成されてます。

変換した文字のパスをIllustratorフォーマットでエキスポート

パスに変換された文字をMAYAがインポート可能なIllustratorフォーマットでエキスポートします。


パスに変換された文字を選択

文字を選択


ファイル > 書き出し > Illustratorへのパス書き出し

ファイル > 書き出し > Illustratorへのパス書き出し


[作業用パス] を選択

[作業用パス] を選択


保存ダイアログで保存ディレクトリ選択とファイル名を入力して「保存」

保存ダイアログで保存ディレクトリ選択とファイル名を入力して「保存」


Illustratorフォーマット(.ai)が生成されました。

Illustratorフォーマット(.ai)が生成されました。

MAYAでIllustratorフォーマットのパスをインポート

Illustratorフォーマットに変換したファイルをMAYAにインポートします。

Illustratorのパスから厚みを持ったオブジェクトを生成する


Illustratorオブジェクト生成のオプションを開きます。

Create > Adobe(R)Illustrator(R)Object □

Create > Adobe(R)Illustrator(R)Object □


Illustratorオブジェクト生成のオプションで

Type: Bevel を選択
 
[Create]をクリック

Type: Bevel を選択 


OpenダイアログでIllustratorフォーマットのファイルを選択

 OpenダイアログでIllustratorフォーマットのファイルを選択


Illustratorフォーマットのパスから厚みを持ったオブジェクトが生成されました

 Illustratorのパスから厚みを持ったオブジェクトが生成されました

エラーが表示されIllustratorファイルがインポート(生成)出来ない場合

上記と同じ手順でIllustratorファイルのパスからオブジェクトを生成しようとして下の画像のようなエラーメッセージが表示される事があります。

エラーメッセージ

エラーメッセージが表示されインポート(生成)が出来ない場合は

Illustratorオブジェクト生成のオプションで

Type: Curves を選択 

[Create]をクリック

Type: Curves を選択 


OpenダイアログでIllustratorフォーマットのファイルを選択

OpenダイアログでIllustratorフォーマットのファイルを選択


Curve でインポート(生成)されました。

Curve でインポート(生成)されました。

MAYAにCurveでインポート(生成)したパスに厚みをつける

Curveでインポート(生成)は出来ましたがこのままではPolygonとして扱えません。

Illustratorオブジェクト生成のオプションでBevelを選択した時と同じ状態にします。
 

インポート(生成)したCurveから厚みのあるPolygonオブジェクトを生成


Curveを1つ選択します

 Curveを1つ選択します


Surfaces > Bevel Plus

Surfaces > Bevel Plus


選択したCurveから厚みを持ったPolygonオブジェクトが生成されました。

選択したCurveから厚みを持ったPolygonオブジェクトが生成されました。

ドーナッツ状に空間がある形状の場合

q」「d」など空間がある場合は、先に外側を選択してから内側を選択します。

先に外側を選択。

先に外側を選択。


次に内側をSHIFTを押しながら選択。

次に内側をSHIFTを押しながら選択。


Surfaces > Bevel Plus

Surfaces > Bevel Plus


ドーナッツ状に空間のあるオブジェクトが生成されました。

 ドーナッツ状に空間のあるオブジェクトが生成されました。


全てのCurveに[Bevel Plus]を適用。
Illustratorオブジェクト生成のオプションでBevelを選択した時と同じ状態になりました。 

Illustratorオブジェクト生成のオプションでBevelを選択した時と同じ状態になりました。 

Photoshopで作成した文字以外のパスもインポート

インポート(生成)可能なパスの形状は勿論文字だけではありません。

星型や矢印などのパスもIllustratorフォーマットでエキスポートすればMAYAでインポート(生成)可能です。

星型
星型
矢印
矢印
オーナメント
オーナメント

まとめ

Photoshopの文字ツールで書いた文字をIllustratorのデータにする方法は


1.文字ツールで書いた文字を

 書式 > 作業用パスを作成

 でパスに変換

2.変換したパスを

 Illustratorフォーマットでエキスポート

3.Illustratorフォーマットのファイルを

 Create > Adobe(R)Illustrator(R)Object

 でインポート(生成)

4.Curveでインポート(生成)した場合は

 Surfaces > Bevel Plus

 を適用して厚みのあるPolygonオブジェクトを生成

パスに変換できてしまえばIllustratorフォーマットでエキスポートできるので、文字だけではなく複雑な形状はPhotoshopで作成して(当然Illustratorで作成するのがベスト)MAYAにインポート(生成)する手順を効率化目的で使えそうです。

以上です

おすすめの関連記事:
コチラの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください