liquidjumper 雑記 ニュースや映画、アニメで英語学習するサービス|「進撃の巨人」など日本アニメの配信開始

ニュースや映画、アニメで英語学習するサービス|「進撃の巨人」など日本アニメの配信開始

eevideo_japan-anime_start_topimage

皆さんはどのように英語を学習していますか?

最近では、HuluやNetflixなどの動画サービスの普及によって、英語学習に海外の映画やドラマを利用する方も多いようです。

楽しみながら、気軽な気持ちで英語学習が続けられそうですね。

動画を使った英語学習するサービス EEvideo は利用できる動画として日本アニメの配信を開始しました。

アニメ×英語「EEラーニング」第1弾は「進撃の巨人」「はなかっぱ」


本記事では、海外のニュースや映画、アニメなどの動画を使った英語学習サービスに付いて紹介したいと思います。

「好きな映画やアニメをみてたら英語が出来るようになるって最高!!」

でも現実はそんな簡単じゃない

当然ですが動画学習はメリットだけじゃなくデメリットもあります。

そこを理解して利用すれば、動画を使った英語学習の成果も高まるでしょう。

気軽な気持ちで英語学習

英語上達の秘訣はコツコツ続けること。

頭では分かってるんだけど現実は難しいですよね。

1日少しずつでも継続するのに、海外の映画やアニメを上手に利用できれば、集中して学習できそう。

動画を利用した英語学習のデメリット

一方で、映画やアニメの中には、

難易度が高いもの、聞き取りづらいもの、スラングや下品な表現が含まれたものも多く、

そのままではスムーズに学習しにくいというデメリットもあるようです。

学習用に作られた動画サービス

そんなデメリットも顕在する動画を使った学習方法ですが、

学習用に作られた動画であれば、話は変わってきます。

動画上に字幕が表示され、さらに字幕上の難しい語彙にはルビ訳が添えらるなど、

英語が苦手でもストレスなく学習できる構成で作られています。

EEvideoとは

EEvideoは英語のニュースや映画、アニメなどで英語を学習するサービスです。

英語が苦手なユーザーでも快適に視聴できるように、学習をサポートする機能を備えています。

EEvideoは無料で利用できますが、すべての動画を視聴するプランは30日500円です。


EEvideoの機能

学習動画の利用は、PCとiOSアプリ、Androidアプリに対応しています。

学習サポートとして、上に英文、下にその訳が表示されます。

また、ユーザーの英語レベルに合わせて表示可能で、同一の動画でも細かく調整できます。

英文(上)文を句や節で分割し(スラッシュリーディング)、難しい語彙にはルビ訳を表示。
返り読みをせずに,スムーズに理解するトレーニングができます。
日本語訳(下)スラッシュごとに直訳を表示。訳の参照がしやすく、
また、直訳で分かりにくい部分はコメントで補足したので、英語特有の表現に慣れることもできます。
EEvideoとは

EEvideoで利用できる動画

アメリカやイギリスのニュースやスピーチ・演説、フリーの映画やドキュメンタリー、世界各地のトラベルガイド、小説や動画を題材にしたアニメなどで学習できます。

動画は500本以上あり、ジャンル別、レベル別に分けられています。

アニメは、英語としては高度なものの、内容は平易で映像効果もあるため、集中してトレーニングできます。

1.音声量が多い

30分アニメ(実質20分)平均2400ワードで、時間あたりの量は映画やドラマのおよそ3倍です。吹き替えのため、発話も明瞭です。

2.ナレーションが多い

音声の半分以上がナレーションかそれに準じた部分で、きちんとした構造の英文が使われています。

3.難しい英語で集中して学習できる

英語らしい表現が多く、倒置や省略、挿入など多様な構造の文が使われています(日本語との差異が大きい)。

EEvideoで利用できる動画


そして記事の冒頭でも記載したとおり、10/5(火)から日本アニメの配信も開始されました。

第1弾は「進撃の巨人」「はなかっぱ」

日本語の映画やアニメを楽しむように「英語学習も楽しむ」ことを目標すれば学習効果は大幅にアップ。

第1弾は「進撃の巨人」


動画学習のメリット


学習効果を高めるには集中することが重要ですが、動画を利用することでより集中しやすくなるようです。

例えば、上記の動画はアメリカの大統領就任演説で、動画でなくても学習することは可能です。

しかし、動画なら大統領の表情や手振り、聴衆の喝采やどよめきを感じることもできます。

人間は視覚から得る情報の影響が最も大きいと言われ、視覚を刺激することでより集中できるようです。

ニュースや映画では、映像は理解の助けにもなります。

また、リーディングの学習の場合でも、英語は常に音声を聞きながら学習することが大切だと言われますが、動画であれば映像と音声の両方を利用できます。


類似サービスとの比較

動画を利用して英語を学習できるサービスの比較表を載せました。

いずれのサービスでも英語の字幕と和訳以外には際立った学習サポートはありません。

実際、英語がかなり得意な人でないとスムーズな学習は難しいでしょう。

特にルビ訳表示や文節ごとの日本語訳はEEvideoのみの特長で、文構造の表示もEEvideoを除けば1サービスにしか見られません。

動画の長さにも違いがあり、5サービスの内、2サービスは数分の動画のみで、残りの2サービスはTEDのスピーチのみを利用しています。

超字幕は映画やドラマで学習できますが、かなり上級者向けで、一般的な英語力(英検2級(TOEIC600)程度)では易しめのものでもスムーズに学習することは不可能でしょう。また、ダウンロード価格も1本3490円とかなり高価。

EEvideo超字幕EnglishCentralVoiceTubeDigitalcastTED AudioBooks
利用動画ニュース,映画
アニメ
映画,ドラマスピーチの一部 等YouTubeの一部TEDスピーチTEDスピーチ,洋曲
動画の長さ数分~2時間1~2時間1分程度数分が中心数分~20分数分~20分
レベル初級~上級上級初~上級初~上級中~上級中~上級
動画上の字幕
(動画外)

(動画外)

(動画外)

(動画外)
再生速度変更
全画面表示
(字幕なし)

(字幕なし)
日本語訳
(文節ごと)

(一部)

(一部)

(一部)
文構造
ルビ訳
料金無料
(有料プラン有)
1本3490円
※ダウンロード
無料
(有料プラン有)
無料無料無料
PC,スマホ対応Android非対応PC非対応
Android非対応
スマホアプリ
非対応

まとめ:楽しみながら英語学習

英語は楽しみながら学習することで、学習効果は大幅にアップします。

ニュースや映画、アニメで、楽しみながら英語を学ぶ !

EEvideoは独自の学習サポートにより、英語が苦手な方でも「英語学習も楽しむ」ことを目標に学習できます。

EEvideoですべての動画を視聴するプランは30日500円ですが、

無料で始められ、課金は自動継続されないので安心して利用できます。

気軽に英語を学びたいと思ってる方は、是非試してみてください。



【学校様向け無料キャンペーンについて】

学校様向のキャンペーンとして,EEvideoではすべての動画を30日間視聴できるコードを送付しているそうです(通常30日500円です)。生徒様や学生様の人数分送付されるので、自宅での学習などに活用してみてはどうでしょうか。 中学校や高校、大学だけではなく、英会話スクール塾などの生徒様にもお使いいただけ、教員様分のみのご請求でもよいそうです。

申し込みにあたっては,個々の生徒様や学生様の個人情報は不要です。また,期間終了後,コードは自動的に使用できなくなり,コードの使用中は課金を行うことができない仕様ですので,未成年の方でも安心して利用できます。



Twitter Facebook Pocket LINE はてブ

おすすめの関連記事
コチラの記事も読まれています
あわせてよく読まれている記事