Windows10でマウスカーソルを含めたスクリーンショットを撮る方法

windows_screenshot_cursor_topimage

「アプリケーションの説明に使う目的でWindows10でスクリーンショット撮ったけどマウスカーソルが消えてて困る」


スクリーンショットの中でもソフトウェアアプリケーションの操作説明の為に撮る画像にはマウスカーソルを含めたい。でもWindows10でスクリーンショットを撮るとマウスカーソルは綺麗に消えてしまいます。

Windows10でデスクトップ画像のスクリーンショットを撮る方法は有料無料のツールなど様々ありますが、今回の記事ではWindows10の標準機能でマウスカーソルを含めたスクリーンショットを撮る方法を紹介します。

Windows10でスクリーンショットを撮る方法

デスクトップ全画面をスクリーンショットする場合

キーボードの[PrintScreen]を押します

[PrintScreen]

[PrintScreen]が押されるとクリップボードに保存(一時保存)されます。

一時保存された状態でペイントツールやワードパッドなど画像を扱えるソフトウェアにペースト(貼り付け)してスクリーンショットで撮った画像を保存します。

Windowsアクセサリの「ペイント」にペースト

「ペイント」


「Evernote」にペースト

「Evernote」

全画面をスクリーンショット

デスクトップの全画面をスクリーンショット撮るにはキーボードの
[PrintScreen]

全画面をスクリーンショット

アクティブウインドウのみスクリーンショット

任意に特定のウィンドウのスクリーンショットを撮るには、撮りたいウィンドウを選択して
[Alt] + [PrintScreen]


[PrintScreen]の場合

[PrintScreen]の場合


[Alt]+[PrintScreen]の場合

[Alt]+[PrintScreen]の場合

矩形範囲指定でスクリーンショット

デスクトップ上の特定の範囲を選択してスクリーンショットを撮るには

[Windows] + [SHIFT] + [s]

デスクトップの画面が少し暗くなって十字カーソルが表示されます。
矩形選択が可能になるのでスクリーンショットを撮りたい範囲をマウスの左ボタンをクリックした状態で左上から右下にカーソルを移動させて囲みます。
左ボタンを離すとスクリーンショットが撮られクリップボードに保存(一時保存)されます。

矩形選択

マウスカーソルを含めたスクリーンショット

スクリーンショットにマウスカーソルを含めるにはWindows10標準アプリ

拡大鏡

を使います。

拡大鏡を起動する方法

検索:
Windows10のタスクバーの検索で「拡大鏡」と入力
拡大鏡のアイコンをクリック

拡大鏡のアイコン

スタートメニュー:
Windows10のスタートメニューから
Windows簡単操作 > 拡大鏡

拡大鏡をクリック

Windows簡単操作 > 拡大鏡

キーボードショートカットキー:
[Windows] + [+]

何れかの方法で起動すると拡大鏡アプリが表示されます。
拡大鏡操作ウィンドウ

拡大鏡操作ウィンドウ


スクリーンショットを撮る為の拡大鏡の操作方法

拡大鏡が起動するとWindowsのデスクトップ画面の上側に拡大鏡で映し出されるデスクトップ画面が表示されます。

拡大鏡で映し出されるデスクトップ画面


拡大鏡の表示範囲を広げることが出来ます。

 拡大鏡の範囲を広げることが出来ます。


拡大鏡をセパレートに出来ます。

拡大鏡をセパレートに出来ます。

拡大鏡にデスクトップ画面が映し出された状態で[PrintScreen]

拡大鏡に映し出された状態で[PrintScreen]でスクリーンショットを撮るとデスクトップ画面では消えているマウスカーソルが拡大鏡では消えていません。

マウスカーソルが拡大鏡では消えていません

まとめ

Windows10でマウスカーソルを含めたスクリーンショットを撮る方法を紹介しました。

デスクトップ全画面
[PrintScreen]

アクティブウィンドウのみ
[Alt] + [PrintScreen]

範囲指定
[Windows] + [SHIFT] + [s]

マウスカーソルを含めてスクリーンショット
拡大鏡を起動して[PrintScreen]

以上です

Twitter Facebook Pocket LINE はてブ

おすすめの関連記事:
コチラの記事も読まれています
あわせてよく読まれている記事