リキッドジャンパー アプリ/ネットサービス Googleスプレッドシートでリンク付きのテキストを入力する方法|WEBサイトや選択範囲、他のシートを紐付ける

Googleスプレッドシートでリンク付きのテキストを入力する方法|WEBサイトや選択範囲、他のシートを紐付ける

googleSpreadsheet_link-text_topimage

Googleスプレットシートに入力したテキストにリンクが紐付ける事ができたら、参照したWEBサイトや関連記事、企業のHPにすぐ移動できて、作成したデータをもっと使いやすく有効活用できそう。



Googleスプレットシートのセルにリンクを貼る方法として、WEBサイトのURLをコピー・アンド・ペースト等で入力する方法があります。

勿論この方法でも、リンクを貼ることは出来ますが、例えば「YouTubeカレーのレシピ」などと入力したテキストに、YouTubeのカレー動画へのリンクが紐付けられたら、データ表の見た目もスッキリ分かりやすくできるでしょう。

Googleスプレットシートにはテキストにリンクを紐付ける機能があり、WEBサイトは勿論、スプレットシートの別シートへのリンクや、選択範囲にもリンクを紐付ける事ができます。


Googleスプレッドシートでリンク付きのテキストを入力する

GoogleスプレットシートにWEBサイトのURLを貼り付けると、自動的にリンク付きテキストになりますが、一度リンク紐付けられたテキストは、編集してもリングは外れません。

つまり、URL以外のテキストにWEBサイトのリンクを紐付ける簡単な方法として、

1)セルにURLをコピー・アンド・ペースト、リンク付きのURLテキストを作成
2)URLのテキストを編集

これだけで、リンク付きのテキストを作成することができます。

▲セルにURLをコピー・アンド・ペースト、リンク付きのURLテキストが作成されます。
リンクテキストを編集 ドメイン名
▲リンクが紐付けられたURLテキストを編集、ドメイン名だけにしてもリンクはそのまま
リンクテキストを編集 記事タイトル
▲URLと関係ないテキストに変更してもリンクは外れず紐付けられたままです。


リンク付きのテキストを手っ取り早く作成する方法としては使えると思いますが、いちいちテキストを編集するとなると少し面倒くさい気もします。

ちなみに、URLと関係ないテキストに変更するコツとして、はじめにURLテキストに変更するテキストを追加、その後にURLテキストを削除すると、リンクを外さずにテキストの文字列を変更できます。

Googleスプレッドシートでテキストに移動先のWebサイトのURLを貼り付けてリンクする

Googleスプレットシートにはリンク付きのテキストが作成できる機能があり操作も簡単です。

セルにURLをペーストする方法でも良いのですが、セルに入力する文字列をURLテキスト以外のテキストにしたい場合は、テキスト編集の手間が無いコチラの方法がオススメ。

リンクを挿入するセルを選択。

メニューから 挿入 > リンクを挿入 又は 右クリックメニューから「リンクを挿入」を選択します。

挿入 > リンクを挿入
▲メニューの 挿入 > リンクを挿入


テキスト枠にリンクを紐付けるテキストを入力。

すでにセルにテキストが入力されている場合は自動的に入力されます。

テキスト枠にリンクを紐付けるテキストを入力。


リンク枠にテキストに紐付ける移動先WEBサイトのURLを入力。「適用」をクリック

移動先WEBサイトのURLを入力


リンク付きのテキストが作成されました。
テキストにカーソルを重ねると、リンク先が表示され移動できます。

リンク付きのテキストが作成されました。


>>DAZN

Googleスプレッドシートでテキストに移動先のWebサイトを検索してリンクする

前の項目では、URLを直接入力してリンクを紐付けました。

とても簡単で良いのですが、しかしこの方法では、事前にウェブブラウザで移動先のHPを表示し、URLをコピーする必要があります。

検索結果の上位に来るような企業サイトや有名サイトなら、いちいちウェブブラウザで表示しなくても、Googleスプレットシート内で検索しリンクを紐付ける事もできます。

リンクを挿入するセルを選択。

メニューから 挿入 > リンクを挿入 又は 右クリックメニューから「リンクを挿入」を選択します。

右クリックメニューから「リンクを挿入」
▲右クリックメニュー > リンクを挿入


テキストの枠に紐付けるテキストを入力。

リンクの枠に移動先WEBサイトのタイトルや関連するワードを入力すると、WEB検索され移動先サイトの候補が表示されます。

表示された候補に目的のWEBサイトが見つかったらそれを選択。

因みにすでにテキストが入力されているセルの上で「リンクを挿入」を選択すると、そのテキストを検索ワードにして自動的に検索されます。

タイトルや関連するワードを入力
▲リンクの枠に検索ワード「タニタ」と入力すると、タニタ関連のWEBサイトが候補として表示されます。


テキストに選択したWEBサイトが紐付けられました。

テキストにカーソルを重ねると、サイトによっては画像つきのリンク表示になります。

サイトによっては画像つきのリンク表示


>>タニタオンラインショップ

Googleスプレッドシートでテキストに他のシートをリンクする

テキストに紐付けられるリンク先はWEB サイトの他に、同じスプレットシート内の別のシートを設定する事もできます。

メニューから 挿入 > リンクを挿入 又は 右クリックメニューから「リンクを挿入」を選択。

設定から「このスプレッドシート内のシート」をクリック。

ドロップダウンリストに同スプレットシートの全シート名が表示されるので、そこからリンクを紐付けたいシートを選択します。

ドロップダウンリストに同スプレットシートの全シート名が表示


テキストにリンクが紐付けされました。

テキストにカーソルを重ねリンク先に移動すると、紐付けされたシートが表示されます。

紐付けされたシートが表示

Googleスプレッドシートでテキストに選択範囲をリンクする

ここまでWEBサイトや別のシートなど移動先へのリンクをテキストに紐付ける方法でしたが、この項目ではGoogleスプレットシートの「リンクを挿入」でセルの選択範囲を紐付ける方法を紹介します。

この機能で作成されるリンク付きテキストは、他のシートの選択、広い選択範囲や、など再選択が面倒な場合に、選択範囲の記憶セットとして使うことができるので非常に便利。

メニューから 挿入 > リンクを挿入 又は 右クリックメニューから「リンクを挿入」を選択。

設定から「リンクを追加するセルの範囲を選択します」をクリック

リンクを追加するセルの範囲を選択します


枠に選択範囲を入力、又はセルを選択。「OK」をクリック

枠に選択範囲を入力、又はセルを選択。


作成されたてリンク付きテキストにカーソルを重ね、リンク先をクリックすると、設定したセルが選択されます。

リンク付きテキストにカーソルを重ね、リンク先をクリック


設定したセルが選択されました。

セルが選択されました




【UdemyのおすすめGoogleスプレッドシート学習コース】

ネットショッピングをする感覚で講座を購入し、収録された動画を視聴するスタイルなので自分のペースで学習できるUdemy

そのUdemyにはGoogleスプレッドシートが学べる講座もあります。 Googleスプレッドシートの基本から一歩踏み込んだところまでを学べる評価の高い講座で、スプレッドシート以外の表計算ソフトでも使えるテクニックが習得できるので、コスパも高く実務ですぐに使えます。

【売上分析で売上を最大化】ゼロから始めるGoogleスプレッドシートマスターコース|最先端技術で売上最大化&無駄の最小化

初心者でも安心!スプレッドシートをマスターし『売上の最大化』と『無駄の最小化』ができるようになるコースです。 スプレッドシートの最新技術をマスターし、Excelよりも効率的に最小の労力で最大の結果を出せる分析能力を身につけましょう!

【業務自動化をゼロからマスター】Google Apps Scriptの仕事効率化・自動化をプログラミングで実現

Google Apps Script(GAS)をマスターして毎日の業務(gmail、google スプレッドシート)を劇的に自動化させよう。



BTOパソコンの草分け的ブランドFRONTIER(フロンティア)

教育機関や研究施設/3DCG/動画編集/そしてゲームプレイに。
用途に合わせてCPUやGPUなどパーツを自由に選べて、コスパにもこだわる方にオススメ。

ボーナス祭!開催中\GeForce RTX 3070 Tiなど最新GPUを搭載した人気モデルが超特価で登場!/6/25(金)15時まで

≪GeForce RTX 3070 Ti≫≪GeForce RTX 3080 Ti≫を搭載した高性能PCが衝撃コスパで購入できます。

Core i7 + RTX 3060モデルが税込16万円台、Ryzen 7 + RTX 3070モデルが21万円台、Core i7 + GTX 1660モデルが12万円台、Core i7 + RTX 3070 Tiモデルが22万円台

≪全18機種≫見逃し厳禁!SALE製品は台数に限りがあるので売り切れる前に是非

>>【FRONTIER】


【デジハリONLINEの 基礎動画 + AdobeCC一年ライセンス のお得プラン】

デジタルハリウッドのオンラインCGスクール「デジハリONLINE」が提供する、60時間の基礎動画とAdobe creative cloudの一年版ライセンスがパッケージされた、コスパ最強の講座プラン

「Adobeマスター講座」

受講ノルマは一切無し、Adobe製品の利用を目的に契約してもOK!

>>デジハリONLINE講座申込

▶︎基礎動画教材付きAdobe Creative Cloudを年額39,980円(税込)のお得な価格で使用する方法


OCNモバイルONE

Twitter Facebook Pocket LINE はてブ

おすすめの関連記事
コチラの記事も読まれています
あわせてよく読まれている記事