Googleスプレッドシート,アプリ/ネットサービス [Googleスプレッドシート]数字が日付や時間に変換されない様にする方法|数式もそのまま表示

[Googleスプレッドシート]数字が日付や時間に変換されない様にする方法|数式もそのまま表示

googleSpreadsheet_disable-the-number-display-format_topimage

良かれと思ってしてくれているのは分かるけど、正直

「余計な事すんな!」「そんな事求めてない!」「ウザい!」

とかって事ありますよね。


Googleスプレッドシートも操作をサポートしてくれる機能が沢山あり、多くの場合はとても便利で重宝するのですが、時に

「今それいらない」「余計時間がかかる」

の様な事がちょくちょくあります。


スプレッドシートのセルに数字を入力すると、記入内容を判別して数値や日付、時間に変換してくれる機能もその1つ。

単純に文字列として入力したいだけなのに、例えば「12:30」と入力すると「12:30:00」と変換されてしまったり、住所の番地のつもりで「12-3」と入力すると、日付表記の「2021/12/03」と変換されてしまったりと、意図と違う変換は作業的にも非効率だし単純にウザい。

表示形式が変換される


そもそも番地は「〇〇番地△丁目」とか「12-30」の様に全角で書くでしょう。というのはありますが、例えば海外のサイトで買い物をする場合は、アルファベットと数字を半角で入力するのでそこは参考程度に。


この記事では、Googleスプレッドシートでセルに数字を入力すると、自動で日付や時間に変換されるのを防ぐ方法を紹介します。


数字を入れるとセルの配置が右になる

Googleスプレッドシートのセルに数字を入力すると、自動で数字と判断し、右寄りの配置になります。

金額の大小を比較する為にも、桁は揃えたほうが視認性が良いので、このスプレッドシートのこの機能は理にかなっているとは思いますが、単純に文字列として数字を入力したい場合は「余計な機能」です。

数字を入れるとセルの配置が右になる

セル内文字列の配置を変更

セル内の文字列の位置を変更するには、目的のセルを選択し、メニューから 表示形式 > 配置

横の位置:「左」「中央」「右」

縦の位置:「上」「中央」「下」

から位置を選択して変更します。

表示形式 > 配置

書式設定で日付や時間に変換されるのを無効に

Googleスプレッドシートでセルに入力した数字を自動で日付や時間表記に変換するのを無効にするのは「書式を無効」する方法が最も手っ取り早いでしょう。

一瞬で設定を変更できるので、

・すでに沢山のセルに数字が入力されている
・数字を入力するセルを事前に変換無効にする

のような場合はこの方法が適しています。

「書式なしテキスト」で変換を無効

日付や時間、又はその他の数字書式に自動変換されたくないセルを選択。

メニューから 表示形式 > 数字 > 書式なしテキスト をクリック

表示形式 > 数字 > 書式なしテキスト


表示形式を「書式なしテキスト」に変更すると、セルに入力したままの表記に変更されました。

セルに入力したままの表記に変更されました
▲配置も規定の位置に戻ります。

先頭に「’」を追加で変換を無能

複数のセルの書式を変更する場合は「書式なしテキスト」で問題ありませんが、

・セルの表示形式を変更したくない
・個別で変換されるのを無効にしたい

のような場合は、文字列の先頭に「’」を追加する方法で解決できます。

先頭に「’」を追加して数字を日付や時刻に変換しない

セルの書式形式を変更せずに、「123」「12:30」「12-3」など数字文字列を入力すると、自動で「数値」「時間」「日付」に変換されてしまいますが、先頭に「’」を追加すると、セルに入力したままの表記になります。

それぞれセルに「’123」「’12:30」「’12-3」と入力すると、「’」が消えて、数字文字列のみがセルに表示されました。

先頭に「'」を追加して数字を日付や時刻に変換しない

先頭に「’」を追加して数式を文字列として表示する

セルに入力したままの表記にしたいモノとしては数字の他に数式もあります。

通常セルに数式を入力すると、当然セルには数式の処理結果が表示されます。

これでは、数式の説明や処理の内容など、解説を目的とした数式を表示できません。

この様な場合も数式の先頭に「’」を追加します。

セルに「’」を追加した数式を入力すると、「’」が消えて数式のみがセルに表示されました。

先頭に「'」を追加して数式を文字列として表示する

先頭に「’」を追加して文字列で「¥」付きの数字を表示する

スプレッドシートのセルに円マーク「¥」を付けた数字[¥1000]を入力すると、会計・通貨の書式形式に変換されますが、これも先頭に「’」を追加する事で入力したままの文字列で表記できます。


セルに「’」を追加した円マーク「¥」付きの数字[‘¥1000]を入力すると、「’」が消えて入力したままの表記になりました。

先頭に「'」を追加して文字列で「¥」付きの数字を表示する
▲数式バーを見ると円マーク「¥」が消えています。

セルに「’」を追加した円マーク「¥」付きの数字[‘¥1000]を入力すると、「’」が消えて入力したままの表記になりました。

円マーク「¥」付きの数字['¥1000]を入力

まとめ:表示形式の自動変換を無効

Googleスプレッドシートでセルに数字を入力すると、自動で日付や時間に変換されないようにする方法を紹介しました。

■すでに沢山のセルに数字が入力されている・数字を入力するセルを事前に変換無効にする場合

メニューから 表示形式 > 数字 > 書式なしテキスト

■セルの表示形式を変更したくない・個別で変換されるのを防ぐ場合

文字列の先頭に「’」を追加


Googleスプレッドシートの数字の自動変換機能は、沢山の数字が並ぶデータの場合は、桁を合わせられるので視認性の面からも非常に有効な機能はありますが、場合によっては邪魔な機能になることも。

この機能を無効にする方法は簡単なので、セルに数字を文字列・テキストとして入力したい場合は参考にしてみてください。







【IT初心者でもわかる!Google スプレッドシート入門編】基本機能を活用したワンランク上の使い方、情報処理をマスター

Google スプレッドシートを用いて表計算ソフトの一般的な機能を体験するコースです。 四則演算や絶対参照、キーボードショートカットからはじまり、 関数SUM / IF / VLOOKUP や、フィルタ、並べ替え、ピボット、グラフまでを体験

【業務自動化をゼロからマスター】Google Apps Scriptの仕事効率化・自動化をプログラミングで実現

Google Apps Script(GAS)をマスターして毎日の業務(gmail、google スプレッドシート)を劇的に自動化させよう。



Twitter Facebook Pocket LINE はてブ

おすすめの関連記事
コチラの記事も読まれています
あわせてよく読まれている記事