liquidjumper 雑記 【パブリックドメイン】商用利用が可能な世界の名画が超特価の2,500円!

【パブリックドメイン】商用利用が可能な世界の名画が超特価の2,500円!

vecter_pc_shop_catalogue_senpenbanka_topimage

パブリックドメイン

パブリックドメイン(public domain)とは、著作物や発明などの知的創作物について、知的財産権が発生していない状態または消滅した状態のことをいう。 パブリックドメインに帰した知的創作物については、その知的財産権を行使しうる者が存在しないことになるため、知的財産権の侵害を根拠として利用の差止めや損害賠償請求などを求められることはないことになる。その結果、知的創作物を誰でも自由に利用できると説かれることが多い。

出典:wikipedia


権利者が権利を放棄、または権利が消滅した場合に、無料で商用利用が可能な、写真・画像・イラスト・絵画など「パブリックドメイン」の状態にある作品には、

「えっ!こんな有名な名画も”フリー素材”なの!?」

と、驚く作品が数多くあります。

例えば、ゴッホの「ひまわり」

他にも

ムンクの「さけび」

フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」

そして

ダ・ビンチの「モナリザ」


これらの名画は全て、知的財産権が発生しない「パブリックドメイン」の作品です。

オリジナルのまま印刷して飾っても良いし、商用利用しても良し、切ったり貼ったり、自由に加工しても問題有りません。誰でも自由に使えます。

なので、ネットで作品名を検索すれば、大量の画像がヒットします。

ネットで作品名を検索
Google画像検索


しかし、そこで見つけられる画像は、解像度が低かったり、オリジナルとは色が変わってたり、大きく加工されていたりと“ネットで拾える品質” でしか無く、自身の仕事や作品で使えるモノでは到底ありません。

したがって、オリジナルの品質に極めて近い状態の画像データを使うためには、「パブリックドメイン」とは言え、なんだかんでそれなりの価格で購入する必要が有るわけですが、その様な名画が収録された作品集は1万超えの商品が殆ど

世界の名画606点を収録した「センペンバンカ 世界の名画606 Win&Mac 2ライセンス」も、通常価格10,780円と例に漏れず1万超えするわけですが、現在ダウンロードソフトウェア販売の「Vector PC Shop」では超特価の76%OFFで購入できます


>>「センペンバンカ 世界の名画606 Win&Mac 2ライセンス」の詳細 / 購入(Vector PC Shop)

「センペンバンカ 世界の名画606 Win&Mac 2ライセンス」

「センペンバンカ 世界の名画606 Win&Mac 2ライセンス」は、世界の名画が606点収録された”素材集”で、高解像度の大きいサイズで使用できるのは勿論、A4、A3、B5、B6、はがき、名刺など、サイズを選んで画像を書き出す事も可能です。

また、画家のプロフィールや画家の年表も収録されているので、美術の歴史にも触れられます。


収録画家


フェルメール、モネ、ゴッホ、ミュシャ、レンブラント、スーラ、ロートレック、ターナー、ミレイ、ミレー、セザンヌ、ルノワール、ゴーギャン、クリムト、シーレ、ムンク、ブリューゲル、グレコ、ドガ、マネ、ダ・ヴィンチ、ボッティチェッリ、ラファエロ、ベラスケス、ルーベンス、ゴヤ、ルソー、フラゴナール、ダヴィット、ドラクロワ、ブーシェ、シャルダン、シニャック、アルチンボルド、クルーベ、モロー、フリードリヒ、シスレー、ピサロ、カラヴァッジオ、ベックリン、ファン・エイク、コンスタブル、カバネル、ホーマー、ホイッスラー、ドニ、サージェント、モンドリアン、モディリアーニ


パブリックドメイン」なので使い方は自由

  • 年賀状などのハガキ・ポストカードの素材に
  • ポスターやポップ、チラシなどの販促物
  • 資料用
  • 部屋の観賞用
  • 画像加工の素材


などなど、使い方は自由です。トリミングも可能なので、スマホやタブレットの壁紙・待ち受け画像にしたり、また、スライドショー機能でTVで名画鑑賞も可能です。

デザイン素材として名画を使いたかったけど、ネットで拾える画像は質が悪いし、購入するとなると高額で即購入とは…

その様な人には、現在、Vector PC Shopでは「センペンバンカ 世界の名画606 Win&Mac 2ライセンス」が、76%OFFセール特価:2,500円(税込)で購入できるので是非。


>>「センペンバンカ 世界の名画606 Win&Mac 2ライセンス」の詳細 / 購入(Vector PC Shop)


Twitter Facebook Pocket LINE はてブ

おすすめの関連記事
コチラの記事も読まれています
あわせてよく読まれている記事