liquidjumper MAYA Maya 2023.1 がリリースされました|アップデートの内容を紹介

Maya 2023.1 がリリースされました|アップデートの内容を紹介

maya2023_1_update_release_topimage

大幅にアップデートされたMAYA2023に、新機能の搭載や修正が施されたMaya 2023.1 Update がリリースされました。


アップデートの主な内容は

  • ブール演算の更新
  • 新しい HumanIK キャラクタ テンプレート
  • Maya の USD プラグインの更新
  • 新しい FBX 読み込みオプション
  • 頂点カラー ペイント ツール(Paint Vertex Color Tool)の更新
  • ポリゴン オブジェクトで RGB チャネルを個別に表示する

その他にも多数の機能追加、更新が行われています。


Maya 2023.1 Update の内容:Autodesk公式ヘルプHP


Autodesk(オートデスク)


Maya 2023.1 アップデート方法

本リリースでは既に Maya 2023 がインストールされている場合はそのバージョンは上書きされ、

Maya がインストールされていなければ、通常通りにインストールされます。

アップデートの手順

1.オートデスクの公式HPでサインインします。

>>https://www.autodesk.co.jp/


2.サイドメニュー又は右上のアカウントアイコンメニューから「製品とサービス」 > 「製品のアップデート」を選択。

更新可能なバージョンが表示されるので、使用しているOSに応じたインストーラーを「ダウンロード」します。

Maya 2023.1 アップデート方法



Windowsでは2つのファイルがダウンロードされます。

ファイルが1つしかダウンロードされない場合はWebブラウザのポップアップブロックを無効にしてください。

ダウンロードしたファイルどちらか一方(_001と書かれたファイルが無難だと思います)のファイルをダブルクリックするとインストールが開始します。


Windowsでダウンロードされるファイル

Autodesk_Maya_2023_1_ML_Windows_64bit_dlm_001_002.sfx.exe
Autodesk_Maya_2023_1_ML_Windows_64bit_dlm_002_002.sfx.exe


Macでダウンロードされるファイル

Autodesk_Maya_2023_1_ML_Mac_OSX.dmg


Linuxでダウンロードされるファイル

Autodesk_Maya_2023_1_ML_Linux_64bit.tgz


Maya 2023.1 の新機能

Maya 2023.1 では、既存の機能をより使いやすくする新機能の追加や更新が実装されました。

ブール演算の更新

ブール演算入力オブジェクトを素早く複製できたり、新しいブール演算入力オブジェクトに独自の既定値が設定できたりと、ブール演算スタックに新しいオプションが追加され、より使いやすくなり、そしてパフォーマンスも向上しました。


ブール演算入力オブジェクトの複製

ブール演算の更新

新しい HumanIK キャラクタ テンプレート

新しい HumanIK キャラクタ テンプレート FullRigControlsConfig.xml が追加され、

脊椎、首、手と足のジョイント、追加の肩ジョイント、追加の指と足のボーンが追加されました。

頂点カラー ペイント ツール(Paint Vertex Color Tool)の更新

カラーの適用に使用するカラーチャネルに、個々の RGB チャネルを制限できる R/G/B/A が追加。

他のチャネルに誤ってペイントされるのを防ぐことができます。


更に、オブジェクトの選択した特定のカラーチャネルをグレースケールとして表示する

カラーをグレースケールとして表示(Display color as greyscale)

が追加されました。

カラーをグレースケールとして表示(Display color as greyscale)

Maya 2023.1その他の新機能

Maya 2023.1では、新機能の追加や更新の他に、さまざまなバグ修正の実装も行われています。

  • Maya の USD プラグインの更新
  • 新しい FBX 読み込みオプション
  • ノード走査深度をカスタマイズする
  • ポリゴン オブジェクトで RGB チャネルを個別に表示する
  • Substance プラグインの更新
  • Arnold for Maya 5.1.2



 最新のゲーミングPCが安く手に入れられる「 FRONTIER 」

 豊富なカスタマイズメニューで、あなた好みの1台が購入できます。

 人気の秘密は何と言ってもコスパの高さ。
 最新のCPU・GPUパーツを搭載したモデルを驚きの価格で提供。

 山口県の自社工場で組み立てられ徹底した試験・検査後に出荷。
 無償修理サービスもありサポート体制も安心。

 コスパに徹底的にこだわる方は公式サイトへ >> 【FRONTIER】


Autodesk(オートデスク)

Twitter Facebook Pocket LINE はてブ

おすすめの関連記事


あわせてよく読まれている記事
タグ: