Photoshop,雑記 基礎動画教材付きAdobe Creative Cloudを年額36,346円(税別)の低価格で使用する方法

基礎動画教材付きAdobe Creative Cloudを年額36,346円(税別)の低価格で使用する方法

adobe_creative_cloud_digital_hollywood_topimage

写真加工 映像編集 イラストレーション Webデザイン アニメーション オーディオ作成 コピーライティング などなど
デスクトップアプリやモバイルアプリ、クラウドサービスを提供するデジタルクリエイティブに必須の Adobe Creative Cloud

Photoshop や Illustrator、Premiere、InDesign、Acrobat DC、After Effects など実際に使った事は無くても名前は知ってる有名なアプリケーションばかりです。

そんな有名で高機能なアプリケーションですが、個人で使いたいと思っても、決して躊躇なく購入できる様な価格ではありません。

Adobe Creative Cloudを使用するには、サブスクリプション/定額制のライセンスを購入する必要があります。

Adobe Creative Cloudのサブスクリプション通常価格

フォトプラン 単体プラン コンプリートプラン
以下の3アプリ

Photoshop
Lightroom
Lightroom Classic
1アプリのみ

Photoshop
Illustrator
InDesign
Acrobat DC
Premiere Pro
AfterEffects
Audition
Adobe XD

などから選択可能
すべてのアプリ

Photoshop
Illustrator
InDesign
AcrobatDC
Dreamweaver
Animate
Premiere Pro
AfterEffects
Audition
InCopy
AdobeXD
Dimension

を含む、20以上のアプリ
年間プラン月々払い
980円/月
年間プラン月々払い
2,480円/月
※Acrobat DCは1,580円/月
※InCopyは480円/月
年間プラン月々払い
5,680円/月
年間プラン一括払い
11,760円/年
※銀行振込・コンビニ決済ご利用可能
年間プラン一括払い
26,160円/年
※銀行振込・コンビニ決済ご利用可能
年間プラン一括払い
65,760円/年
※銀行振込・コンビニ決済ご利用可能
  月々プラン月々払い
3,480円/月
※Adobe XDは1,180円/月
※Dimensionは2,480円/月
月々プラン月々払い
8,980円/月

Photoshop 単体だけ使えれば良いと言う人であれば 「フォトプラン」もしくは、「単体プラン」を選択する案もありますが、複数のアプリケーションを使いたいと思ったらコンプリートプランの選択が必要で、年間プラン月々払いなら5,680円/月、 年間プラン一括払いなら65,760円/年 を支払う必要があります

これではデザイナーやクリエイティブ分野を目指す学生は手が出せません。そこで Adobe Creative Cloud には 学生・教職員 特別価格 という教育分野に限った価格が別枠で設定されています。

コンプリートプラン学生・教職員 特別価格
すべてのアプリ
Photoshop
Illustrator
InDesign
Acrobat DC
Dreamweaver
Animate
Premiere Pro
After Effects
Audition
InCopy
Adobe XD
Dimension

を含む、20以上のアプリ
年間プラン月々払い
1,980円/月
※初年度価格
年間プラン一括払い
23,760円/年
※銀行振込・コンビニ決済ご利用可能


通常価格に比べてとても安い価格に設定されています。

この価格で購入できる学生を羨ましく思いますが、当然ながら社会人など 学生・教職員 以外は購入する事は[通常]出来ません。

そうです[通常]出来ないのですが、この[通常] 出来ないを可能にするのが、今回紹介する 「Adobe(アドビ)マスター講座」です。



デジハリ・オンラインスクール「Adobe(アドビ)マスター講座」の概要は、コンプリートプランを年間プラン一括払い36,346円/年 で使用する事が社会人でもできるプランです。

「Adobe(アドビ)マスター講座」のコンプリートプラン
すべてのアプリ

Photoshop
Illustrator
InDesign
Acrobat DC
Dreamweaver
Animate
Premiere Pro
After Effects
Audition
InCopy
Adobe XD
Dimension

を含む、20以上のアプリ
年間プラン一括払い
36,346円/年
約46時間のオンライン基礎動画教材2ヶ月の課題添削期間


デジハリ・オンラインスクール「Adobeマスター講座」の受講で何故ことような事が可能なのか、その疑問を説明したいと思います。



デジタルハリウッド「Adobeマスター講座」

デジハリONLINE HP
画像:デジハリONLINE HP

デジハリ・オンラインスクール「Adobe(アドビ)マスター講座」の概要を紹介しましたが

  • 「Adobe(アドビ)マスター講座」の内容は?
  • 何故コンプリートプランを年間プラン一括払い36,346円/年社会人も使えるの?
  • どんな講座があるの?

などの疑問な点を説明したいと思います。

Adobeマスター講座の内容

「Adobeマスター講座」はデジタルクリエイティブ教育のデジタルハリウッドが提供する、デジハリ・オンラインスクールの学習手法を体験してもらい、アドビの各アプリケーションの特徴を知ってもらう講座です。

体験をした後に興味が湧いたら、それぞれの分野に沿ってデジタルハリウッドの本格的な講座を受講してもらう事が目的のプランです。

その際に本講座の受講生は、受講料含めてAdobe Creative Cloud(学生・教職員個人向けライセンスプログラム)を年間36,346円で使用できる事がこのプランのポイントです。

つまり受講料の36,346円(税別)だけを払えば、動画教材付きのAdobe Creative Cloud 年間ライセンスが購入できる という事です。

Adobe(アドビ)マスター講座 申込み
約46時間の基礎動画教材と一年間のAdobeCCライセンス

「Adobeマスター講座」の内容は分かったけど、

ホントに36,346円(税別)だけで良いの? どんな教材? 講座を受講する必要があるの?

などの疑問が生まると思うので、ここから説明したいと思います。

なぜ低価格で購入する事ができるの?

Adobeには「アドビスクールパートナープログラム」という、Adobe製品の使い方を習得するための教材やトレーニングサービスを提供するパートナーを認定するプログラムがあります。

アドビスクールパートナープログラムHP
https://www.adobe.com/jp/information/creativecloud/students/school-partner.html

アドビスクールパートナープログラムHP
画像: アドビスクールパートナープログラムHP


このプログラムには「プラチナスクールパートナー」「ゴールドスクールパートナー」「ブロンズスクールパートナー」と3種類あり、それぞれパートナーになる為の条件が設定されています。

プラチナスクールパートナーの条件は

プラチナスクールパートナーは通信教育、e-ラーニングコースにて3カ月間で15時間以上のコースを実施しており、コース開始の1年後には、30%以上の受講者がACA(アドビ認定アソシエイト)もしくは同等の資格を有します

アドビスクールパートナーHP


この条件をクリアし日本でも数少ない「プラチナスクールパートナー」に認定されたのが、デジタルハリウッドです。

そのため、デジタルハリウッドの学生はAdobe Creative Cloud(学生・教職員個人向けライセンスプログラム)を特別価格で購入できます。

そして「Adobeマスター講座」は短期間とはいえデジタルハリウッドの学生になる事で、社会人の方でも一般の学生と同様に特別価格で購入できるという仕組みになっています。

講座の内容は?受講しないと使えないの?

「Adobeマスター講座」は、オンライン学習を初めて体験される方に、デジハリ・オンラインスクールの使いやすさ・学びやすさを実感していただくための入門講座です。

しかし講座といっても、課題や、学習ノルマはありません

46時間分の基礎動画教材が付いてくるので、後はご自身で視聴学習するだけ。
教材は1ヶ月間見放題のオンライン動画でIllustrator、 Photoshop、 After Effects、 Premiere、 Dreamweaver、 InDesign を学ぶ事ができます。
そして2ヶ月間の講師が課題を添削し指導てくれる期間もあるので、しっかり学びたい方にも安心。

つまり、受講しなければいけないのでは無く、アドビ製品の使い方を効率よく学んで、お得にAdobe Creative Cloudを使い倒せるプランだという事です。


Adobe Creative Cloud 利用までの手順

Adobe Creative Cloud を特別価格で利用するには、まず「Adobeマスター講座」申込みのHPに移動します。

デジハリONLINE「Adobeマスター講座」申込みのHP:
「Adobeマスター講座」申込み

右下にあるオレンジ色の「この講座にお申し込み」をクリックします。

デジハリONLINE「Adobeマスター講座」申込みのHP
デジハリONLINE「Adobeマスター講座」申込みのHP


各事項をしっかり確認します、納得したらチェックボックス「受講環境、約款を確認しました」にチェック。
「Adobeマスター講座にお申し込み」をクリックします。 

講座の申込み


すると以下の注意事項が表示されます。
内容を確認したら「OK」をクリック。
連絡先、など必要事項を記入し申込みます。

注意事項


申込後一週間以内に受講料を支払いし、支払いが確認されると受講の為のIDとシリアルコードがメールで送られてきます。
後はメールに記載された手順でシリアルコードを入力するだけで、Adobe Creative Cloud を使用する事ができます。

デジハリONLINE「Adobeマスター講座」申込み手順
デジハリONLINE「Adobeマスター講座」HP


Adobe(アドビ)マスター講座 |Web、CG、映像、プログラミングの通信講座デジタルハリウッドのAdobeマスター講座の申込

まとめ:学べて使えて仕事の紹介もしてもらえる

「Adobeマスター講座」の受講には”基礎動画教材”、”AdobeCCが特別価格で購入可能”以外にまだ特典といえる事があります。

本講座の受講期間中はデジタルハリウッドの学生なので、デジタルハリウッド生専用のオンラインストアが利用可能になり、モリサワやハードウェア等を安く購入できます

ここ迄の内容で、受講も自由でAdobe Creative Cloudを好きに使い倒す、そんな使い方して本当に良いの?と思われる方がいるかも知れません。

「Adobeマスター講座」は、あくまでもデジハリ・オンラインスクールの学習手法を体験してもらう為の講座で、本格的な講座を受講する前の入門講座です
もし本講座を受講して興味が湧いたら、それぞれの分野に沿って本格的な講座を受講してもられば良いので、全く心配する必要はありません。

ちなみにですが、「Adobeマスター講座」受講期間中はデジハリの学生になるので、受講後に仕事を紹介してもらうこともできます


Adobe(アドビ)マスター講座 |Web、CG、映像、プログラミングの通信講座デジタルハリウッドのAdobeマスター講座の申込


Twitter Facebook Pocket LINE はてブ

おすすめの関連記事
コチラの記事も読まれています
あわせてよく読まれている記事