Photoshop AdobeCCを激安で購入できるデジハリのAdobeマスター講座|3DCG・動画クリエイター講座もラインナップ

AdobeCCを激安で購入できるデジハリのAdobeマスター講座|3DCG・動画クリエイター講座もラインナップ

adobe_creative_cloud_digital_hollywood_master_topimage

Adobe Creative Cloudは、Adobe公式ストアAmazon.co.jp のセール時期を狙って購入


そのように考えている人多いですよね?

決して安くはないAdobe Creative Cloudなので、出来るだけ安く購入したいのは皆さん一緒。

確かに、セール期間中は価格も下がり、通常時に比べると大分お得に購入できます。

しかし、いま購入したい、すぐ利用したい、そんな丁度よいタイミングにセールが開催されるなんて事は滅多にありません。

そこでこの記事では、受講料の39,980円/年だけで、動画教材付きのAdobe Creative Cloud 年間ライセンスが購入できる、デジハリ・オンラインスクールの「Adobeマスター講座」を紹介します。

年末年始・休日・祝日関係なく、購入できて、尚且価格もAdobe公式ストアやAmazon.co.jp のセール価格よりも安いAdobe Creative Cloud 年間ライセンスを出来るだけ安く購入したい人には、とてもお得な情報だと思うので是非参考にしてみてください。


デジハリ・オンラインスクールのAdobeマスター講座

デジハリ・オンラインスクールのAdobeマスター講座
▲デジハリ・オンラインスクールHP

Adobe Creative Cloudの年間ライセンスをお得に購入できる、デジハリ・オンラインスクールの「Adobeマスター講座」

ここでは「Adobeマスター講座」とは、どのようなプランなのか、どのくらいお得なのか、何故安く購入できるのかを解説します。

税込み39,980円でAdobe Creative Cloud 12ヶ月版が使える

デジタルクリエイティブに必須のAdobe Creative Cloudは、決して躊躇なく買える程の安いアプリケーションではありません。

Adobe Creative Cloudには 学生・教職員 特別価格 という教育分野に限った価格が別枠で設定されています。

当然ながら社会人など 学生・教職員以外はこの価格で購入する事は[通常]できません。

しかし、デジハリ・オンラインスクール「Adobe(アドビ)マスター講座」であれば、社会人でもコンプリートプランを年間プラン一括払い39,980円/年(税込)で使用できるます。

■価格Adobe Creative Cloudコンプリートプランのサブスクリプション購入価格

アドビ公式ストアの通常価格と学生•教職員特別価格との比較

年間プラン一括払い

通常価格学生・教職員 特別価格Adobeマスター講座
65,760円/年23,760円/年39,980円/年


PhotoshopCC だけとか、単体のアプリだけ使えれば良いのであれば、アドビ公式ストアで「フォトプラン」や「単体プラン」を選択するのも良いでしょう。

adobeStoreラインナップ
▲Adobe公式ストア

Adobeアプリケーションの基礎が学べる動画教材付き

「Adobeマスター講座」は、オンライン学習を初めて体験される方に、デジハリ・オンラインスクールの使いやすさ・学びやすさを実感していただくための入門講座です。

しかし講座といっても、課題や、学習ノルマはありません。

46時間分の基礎動画教材が付いてくるので、後はご自身で視聴学習するだけ。

教材は1ヶ月間見放題のオンライン動画でIllustrator、 Photoshop、 After Effects、 Premiere、 Dreamweaver、 InDesignが学べます。

そして2ヶ月間の講師が課題を添削し指導てくれる期間もあるので、しっかり学びたい人にも安心。

つまり、受講しなければいけないのでは無く、アドビ製品の使い方を効率よく学んで、お得にAdobe Creative Cloudを使い倒せるプランだという事。

逆に言えば、課題や、学習ノルマも無いので


Adobe Creative Cloud の年間ライセンスを39,980円で購入する目的のためだけに申し込んでもOK

Adobeマスター講座の内容

「Adobeマスター講座」に、 課題や学習ノルマは無いと紹介しました。

でも価格に含まれているモノを完全に無視するのは勿体ないので、一応講座の内容を紹介しましょう。

■Illustrator/Photoshop実習

Illustrator

基本操作 / 描画ツールでの描画 / ペンツールでの描画 / レイヤー / 文字の入力 / オブジェクトの変形 / 線の設定とアピアランス

Photoshop

Photoshopの基本操作 / 画像の補正 / 画像の加工 / 文字の入力

■HTML/Dreamweaver実習

オリエンテーション

学習の進め方 / リファレンスの紹介 / サンプルファイルの確認 / Dreamweaverでの学習の準備 / GoogleCromeでの学習準備

Webの基本

webページを表示するしくみ / webページをつくるファイル

HTMLの基本

HTMLとは / HTMLの基本構文 / HTMLに必須の要素 / HTMLを記述する際の注意 / リンク構造を作る / 全ての要素を確認する / テキストコンテンツに関する要素 / コンテンツセクショニングに関する要素 / 画像とマルチメディアに関する要素 / テーブルに関する要素 / フォームに関する要素 / その他、覚えておきたい要素 / SEO対策、SNS対策 / 地図、動画の読み込み / コンテンツモデルについて

CSSの基本

CSSとは / CSSの基本構文 / CSSを記述するところ / CSSの学習を始める前の準備 / セレクターの種類 / 擬似クラス / 疑似要素 / セレクターの組み合わせ / CSSを記述する際の注意 / 文字・行に関するプロパティ / トピックス / 背景に関するプロパティ / ボックスに関するプロパティ / 表示・配置に関するプロパティ / アニメーションに関するプロパティ / レイアウト

JavaScript

JavaScript

■After Effects/Premiere実習

Premiereの基礎

完成データと素材の確認・新規ファイル作成 / シーケンスの作成 / 素材の基本的な扱い方 / トランジション基本 / 素材の配置 / タイトルとBGMの配置 / 色調補正 / 書き出し

After Effectsの基礎

画面説明 / アニメーション基本 / アンカーポイント / イージング / 空間・時間補完、パスコントロール / ロゴアニメ実践 / 書き出し

■InDesign実習

Chapter 01

自己紹介&概要 / 起動とドキュメント設定 / テキスト入力 / ロゴ配置&背景変更 / ファイルの保存方法

Chapter 02

新規ドキュメントとページ設定 / 画像の配置と画像の設定 / 画像の移動と拡大縮小 / 柱の設定 / タイトルを入れる / リード文の設定 / 本文の設定 / 小見出しのテキストの回り込み / 写真とキャプション / パッケージ

Chapter 03

飾り枠作成 / タイトル作成 / 文字の設定とタグの挿入 / タブの設定 / 文字ボックスに余白をつける / 仕上げとPDF作成

デジハリ・オンラインスクールは、連休期間中でも24時間メールにてライセンスをお届け

デジタルアート、CGデザインを扱う、他の※Adobeスクールパートナー各社でも、「Adobeマスター講座」に似たプランを設定している所はありますが、ゴールデンウェークや年末年始、お盆などの連休中は【受付停止・連休明け発送】なのが殆ど
※Adobeスクールパートナーは後術

対してデジハリ・オンラインスクールの「Adobeマスター講座」【期間中も24時間、メールにてライセンスをお届け】します!

・今すぐ安くAdobeCCライセンスを買いたい 
・休みを利用してソフトに触れてみたかったのに 
・連休明けのお届けじゃ意味がない…


そんな感じで、平日休日連休など関係なく、今すぐAdobe製品を利用したい、それも安く利用したい人は、デジハリの「Adobeマスター講座」に申し込むのがオススメ。

Adobeスクールパートナーとは

アドビスクールパートナープログラムHP
画像: アドビスクールパートナープログラムHP


でも何故デジハリ・オンラインスクールでAdobe Creative Cloudを安く利用できるのでしょうか?

それは、Adobeが設定してるプログラム「アドビスクールパートナープログラム」があるから。

「アドビスクールパートナープログラム」は、Adobe製品の使い方を習得するための教材やトレーニングサービスを提供するパートナーを認定するプログラムで、


「プラチナスクールパートナー」 「ゴールドスクールパートナー」 「ブロンズスクールパートナー」

と3段階あり、それぞれパートナーになる為の条件が設定されています。

アドビスクールパートナーHP:https://www.adobe.com/jp/information/creativecloud/students/school-partner.html

■プラチナスクールパートナーの条件は

プラチナスクールパートナーは通信教育、e-ラーニングコースにて3カ月間で15時間以上のコースを実施しており、コース開始の1年後には、30%以上の受講者がACA(アドビ認定アソシエイト)もしくは同等の資格を有します

参照:アドビスクールパートナーHP


この条件をクリアし日本でも数少ない「プラチナスクールパートナー」に認定されたのが、デジタルハリウッドです。

そのため、デジタルハリウッドの学生はAdobe Creative Cloud(学生・教職員個人向けライセンスプログラム)を特別価格で購入可能になり、短期間とはいえ今回紹介している「Adobeマスター講座」でデジタルハリウッドの学生になる事で、社会人の方でも一般の学生と同様に特別価格で購入できるという仕組みです。


デジハリ・オンラインスクール|Web、CG、映像、プログラミングの通信講座

デジハリONLINE HP
▲デジハリ・オンラインスクールHP

「Adobeマスター講座」はデジタルクリエイティブ教育のデジタルハリウッドが提供する、デジハリ・オンラインスクールの学習手法を体験してもらい、アドビの各アプリケーションの特徴を知ってもらう講座です。

受講生は、受講料含めてAdobe Creative Cloudを年間プラン一括払い39,980円/年(税込)で使用できる事がこの講座のポイントですが、

デジタルハリウッドとしては、体験をした後に興味が湧いたら、それぞれの分野に沿ってデジタルハリウッドの本格的な講座を受講してもらう事が目的

なので、もし「Adobeマスター講座」で基礎を学び、さらに踏み込んだクリエイティブスキルを身に付けたいと思ったら、

デジハリ・オンラインスクールのWeb、CG、映像、プログラミングの通信講座を申し込でるのはいかがですか?


リモートワークの影響でニーズが増えているWebデザインはもちろん、

完全オンラインでは珍しい、3DCG・動画クリエイター講座もラインナップしています。

デジハリ・オンラインスクール「Adobeマスター講座」の特典

「Adobeマスター講座」は、

・社会人でも一般の学生と同様の特別価格で購入可能
・加えてAdobeアプリケーションの基礎が学べる動画教材付き
・また、2ヶ月間の講師が課題を添削し指導てくれる期間付き

これらを39,980円/年で利用できるます。

これだけでも非常にコストパフォーマンスが高いプランだと分かりますが、前項で解説したように「Adobeマスター講座」を受講するという事は、

デジタルハリウッドの学生になるという事

短期間であっても学生は学生。

つまり、デジタルハリウッドの学生が利用できるサービスや取り組みを、「Adobeマスター講座」で学生も同様に利用できます

デジタルハリウッド生専用のオンラインストアが利用可能

デジタルハリウッドの学生は、デジタルハリウッド生専用のオンラインストアが利用可能になり、モリサワ等のフォントやハードウェア等を安く購入できます。

受講後は仕事を紹介してもらう事も

デジタルハリウッドの卒業生は、CG制作会社やゲーム会社などさまざまなデジタルアート、クリエイティブ業界の仕事を紹介してもらえます。

つまり、「Adobeマスター講座」の受講生もデジハリの学生なので、望めば受講後に仕事を紹介してもらうことも可能。
※当然、望む仕事に就けるかは実力しだいですが


まとめ:AdobeCreative Cloudを最もお得に購入できる方法

受講料の39,980円/年だけで、動画教材付きのAdobe Creative Cloud 年間ライセンスが購入できる「Adobeマスター講座」を紹介しました。

「Adobe製品の購入は、Adobe公式ストアAmazon.co.jp のセール期間に狙いを定めている」

でも、いま購入したい、すぐ利用したい、そんな丁度よいタイミングにセールが開催されるなんて事は滅多にあるものでは無く、Adobe Creative Cloud の通常価格を確認しては、購入を躊躇する。そんな感じのひと多いと思います。

「Adobeマスター講座」なら、年末年始・休日・祝日関係なく、購入できて、尚且

価格もAdobe公式ストアやAmazon.co.jp のセール価格よりも安い

もし、Adobe Creative Cloud 年間ライセンスを出来るだけ安く購入したいなら、このプランは検討する価値はあるでしょう。







Twitter Facebook Pocket LINE はてブ

おすすめの関連記事
コチラの記事も読まれています
あわせてよく読まれている記事