リキッドジャンパー Photoshop これで”髪の毛”切り抜き職人は不要。AIを駆使したPhotoshopの新機能-[髪の毛を調整]

これで”髪の毛”切り抜き職人は不要。AIを駆使したPhotoshopの新機能-[髪の毛を調整]

photoshop2021_hair_repair_topimage

AdobeMAX2020でリリースされたPhotoshop2021に新しい被写体の選択方法[髪の毛を調整]があります。

機械学習 Adobe senseiを活用した選択方法で、画像を自動解析して被写体を認識し、被写体のシルエットを抜き出してくれます。

以前のバージョンにも[選択とマスク]があり、ワンクリックで画像を解析し被写体を抜き出す、とても便利な機能ですが、髪の毛が散らばった写真になると、切り出すハードルは一段も二段も上がってしまいます。

この”髪の毛選択の問題”を改善する為に、Photoshop2021の[選択とマスク]には、機械学習で髪の毛を解析する[髪の毛を調整]機能が追加されました。

“髪の毛の切り抜き技術”の使い手は、長年Photoshopの現場で重宝される存在でしたが、今後は事情が変わってくるかもしれません。

早速Photoshop2021の新機能[髪の毛を調整]を試してみたいと思います。


機械学習Adobe senseiを使い一瞬で被写体を選択

この写真に写っている女性のシルエットを切り抜きたいとおもいます。
髪の毛が散らばり、髪の色が背景の色と同系色なので、切り抜きが難しい部類の写真ではないでしょうか。

女性のシルエットを切り抜きたいとおもいます
Happy girl grooming a chestnut horse


メニューバーから 選択範囲 > 選択とマスク を選択します。

選択範囲 > 選択とマスク


ツールオプションバーの[被写体を選択]をクリックします。

[被写体を選択]をクリック


機械学習 Adobe sensei によって自動的に被写体が判別されます。

自動的に被写体が判別


被写体と背景が正しく区別されているのかを確認する為に、透明部分の値を変更します。

透明部分の値を変更


背景の透明度を調整して、被写体と背景の境界を確認します。

背景の透明度を調整

被写体の判別を調整

被写体の選択は、「カラーに応じた」と「オブジェクトに応じた」の2つから判別方法の選べます。

「オブジェクトに応じた」を選択しました

「オブジェクトに応じた」を選択


「オブジェクトに応じた」の被写体の選択ピントが合った被写体とボケている背景を判別しています。

ピントが合った被写体とボケている背景


「カラーに応じた」を選択しました

「カラーに応じた」を選択


「カラーに応じた」の被写体の選択髪の色と背景の色が同系色なので、髪の毛の判別が曖昧です。

髪の色と背景の色が同系色なので、髪の毛の判別が曖昧

髪の毛の判別精度を調整

Photoshop2021の追加機能

使われる画像によっては、髪の毛の解析精度を調整したい場合があると思います。
その場合はツールオプションバーの[髪の毛を調整]をクリックします。

[髪の毛を調整]をクリック


機械学習 Adobe sensei によって、髪の毛判別の調整が行われました。

髪の毛判別の調整が行われました


詳細に調整をしたい場合は、任意に箇所を選んで調整する事ができます。
サイドメニューバーから「境界線調整ブラシツール」を選択。

境界線調整ブラシツール


調整したい境界線範囲をブラシでなぞると、自動で再調整されます。

境界線範囲をブラシでなぞる


グローバル調整で、各調整項目を設定します。

各調整項目を設定

新規レイヤー(レイヤーマスクあり)


出力先を選択します。
新規レイヤー(レイヤーマスクあり)を選択しました。
「OK」をクリック。

新規レイヤー(レイヤーマスクあり)を選択


新規レイヤーとレイヤーマスクが作られました。

 新規レイヤーとレイヤーマスク


機械学習を使って、被写体のマスクを生成できました。

被写体のマスクを生成

まとめ

機械学習 Adobe senseiを活用した、Photoshopの新しい被写体の選択方法[髪の毛を調整]を紹介しました。

Photoshopの現場で髪の毛を選択する技術は、それだけで重宝がられる技術として存在していました。

しかしAdobe自慢の機械学習システム「 Adobe sensei」の登場により、今まで困難とされてきた技能も、ワンクリックで処理できてしまいます。

テクニカルに難しい事はAdobeが受け持ち、アーティストはクリエイティブに専念する

今後は益々その様な感じになっていくのでしょう。

メニューバーから 選択範囲 > 選択とマスク

被写体の抜き出し:[被写体を選択]

髪の毛の境界を調整する:[髪の毛を調整]





BTOパソコンの草分け的ブランドFRONTIER(フロンティア)

教育機関や研究施設/3DCG/動画編集/そしてゲームプレイに。
用途に合わせてCPUやGPUなどパーツを自由に選べて、コスパにもこだわる方にオススメ。

ボーナス祭!開催中\GeForce RTX 3070 Tiなど最新GPUを搭載した人気モデルが超特価で登場!/6/25(金)15時まで

≪GeForce RTX 3070 Ti≫≪GeForce RTX 3080 Ti≫を搭載した高性能PCが衝撃コスパで購入できます。

Core i7 + RTX 3060モデルが税込16万円台、Ryzen 7 + RTX 3070モデルが21万円台、Core i7 + GTX 1660モデルが12万円台、Core i7 + RTX 3070 Tiモデルが22万円台

≪全18機種≫見逃し厳禁!SALE製品は台数に限りがあるので売り切れる前に是非

>>【FRONTIER】


【デジハリONLINEの 基礎動画 + AdobeCC一年ライセンス のお得プラン】

デジタルハリウッドのオンラインCGスクール「デジハリONLINE」が提供する、60時間の基礎動画とAdobe creative cloudの一年版ライセンスがパッケージされた、コスパ最強の講座プラン

「Adobeマスター講座」

受講ノルマは一切無し、Adobe製品の利用を目的に契約してもOK!

>>デジハリONLINE講座申込

▶︎基礎動画教材付きAdobe Creative Cloudを年額39,980円(税込)のお得な価格で使用する方法


OCNモバイルONE

Twitter Facebook Pocket LINE はてブ

おすすめの関連記事
コチラの記事も読まれています
あわせてよく読まれている記事
タグ: