Windows10の通知を止めて集中したい時の設定

windows_setting_notification_topimage

Windows10でメールが届いたときやUSBが繋がった時ドライバーがインストールされた時などに右下にニュルッと表示される機能

通知

重要なメールを知らせてくれるのは有り難いけど、例えば全画面で動画を鑑賞してる時にニュルッと表示されるのは邪魔でしか無かったりします。

この記事ではWindows10の通知機能の設定の方法を紹介したいと思います。

windows_notification_cc

アクションセンターのアイコンを右クリック

タスクバーの右端にあるアクションセンターのアイコンを
右クリック > 集中モード

モード選択:

  • オフ
  • 重要な通知のみ
  • アラームのみ

を選択して通知モードを変更できます。

右クリック > 集中モード

アクションセンターから通知機能の設定変更

タスクバーの右端にあるアクションセンターのアイコンをクリック

タスクバーの右端にあるアクションセンターのアイコンをクリック

通知機能の設定は「集中モード」と書かれたタイルボタンで切り替えることが出来ます。

通知機能の設定は「集中モード」と書かれたタイルボタン


モードの種類:

標準設定は「オフ」です。オフの状態は以下の様にグレーで「集中モード」と表示されます。

標準設定は「オフ」


一度クリックするとタイルがブルーに変わり「重要な通知のみ」モードに変更されます。

「重要な通知のみ」


二度クリックすると「アラームのみ」モードに変更されます。

「アラームのみ」

Windows10のシステム設定から通知機能の設定変更

システム設定の通知機能の変更はアクションセンターには無かった詳細な設定をする事ができます。

Windowsの設定を開きます。
「システム」を選択

Windowsの設定


サイドメニューから「集中モード」を選択

サイドメニューから「集中モード」を選択


上部にはアクションセンターと同じ項目

「オフ」
「重要な通知のみ」
「アラームのみ」

があります。

集中モード

重要な通知の一覧をカスタマイズする

重要な通知のみモードは詳細な変更が可能です。

重要な通知の一覧をカスタマイズする」をクリックすると
「優先順位の一覧」が表示され何を通知表示するかを管理する事ができます。

重要な通知の一覧

自動規則

自動規則の項目には

  • 次の時間帯
  • ディスプレイを複製しているとき
  • ゲームをプレイしているとき
  • アプリを全画面表示モードで使用しているとき
  • 自宅にいるとき


があり、時間帯も含め集中して邪魔されたくない場合に自動的に集中モードになる設定にする事ができます。

まとめ

Windows10の通知機能を設定する方法を紹介しました

アクションセンターのタイルボタンからモード変更
モードの種類は:
オフ
重要な通知のみ
アラームのみ

詳細な設定をする場合はWindowsの設定からシステム>集中モード集中モードで以下の設定が可能:
オフ
重要な通知のみ
アラームのみ

重要な通知のみには:
重要な通知の一覧をカスタマイズする
があり通知の許可を管理するする事ができる。

自動規則:
時間帯や活動内容そして画面の表示状態によって通知モードを自動に変更できる

以上です

Twitter Facebook Pocket LINE はてブ

おすすめの関連記事:
コチラの記事も読まれています
あわせてよく読まれている記事