アプリ/ネットサービス Googleスプレッドシートで一つのセル内に棒グラフ/プログレスバーを作成

Googleスプレッドシートで一つのセル内に棒グラフ/プログレスバーを作成

evernote_sparkline_progressbar_topimage

Googleスプレッドシートでグラフを作成する場合は、必要なデータを表として入力し、それを参照してグラフを生成するのが一般的。表示される表はセルの位置とは関係なく配置できます。

ただその様にして作成されるグラフは、データ表をわかりやすく”まとめた”ものである事がほとんどです。

セルに入力された値を元に、列・行 毎にグラフを作成すれば、表を参照した”グラフを生成”する必要もありませんし、一覧表示をする事も可能になります。

Googleスプレッドシートは、数式に他の表計算ソフトと共通の関数を扱えますが、Google独自の関数も使えます。その中の一つにセル内にミニグラフを作成できる関数 SPARKLINE() があります。

この記事では、Googleスプレッドシートで使えるGoogle独自の関数、 SPARKLINE() を使って、棒グラフを作成する方法を紹介します。

Googleスプレッドシートのセルに数値に沿った棒グラフを作成

Googleスプレッドシートで一つのセルに棒グラフを作成するにはGoogle独自の関数

SPARKLINE()

を使用します。

SPARKLINE()は、取得した値を元にして”線グラフ”、”縦棒グラフ”、そして今回紹介する”棒グラフ”を作成する事ができます。

早速、SPARKLINE()を使ってGoogleスプレッドシートのセルに棒グラフ(プログレスバー)を作成してみます。

セル”A1″に入力した値を棒グラフで表示する数式です。

=SPARKLINE(A1,{"charttype","bar";"max",10})


説明:

“A1″の値を参照。”charttype” チャートタイプを”bar”棒グラフに設定。
グラフの”max”最高値を”10″にしました。

セル”B2″に数式を入力しました。

セル"B2"に数式を入力


“A1″に3を入力すると、棒グラフは3/10の位置に表示されます。

"A1"に3を入力


“A1″の値を6に変更すると、棒グラフは6/10の位置に表示されます。

"A1"の値を6に変更

セルに積み重ね棒グラフを作成

参照データに複数の値を指定して棒グラフを作成できます。

=SPARKLINE(B2:C2,{"charttype","bar";"max",C2})

「B2:C2」二つの値を指定しました。

数式バーに入力しました。”max”には売り上げ目標のセルを指定しました。

データに複数の値を指定


売り上げはオレンジ色、売り上げ目標は薄青の棒グラフが作成されました。

棒グラフが作成されました


複数列並べると、数値だけでは分かりにくい情報も比較できて、視認性を高めるのに有効だと思います。

数値だけでは分かりにくい情報も比較できる

棒グラフの色を変更する

棒グラフの色は任意に変更する事ができます。

棒グラフの色を変更する場合は、オプションで一つ目の色”color1″、二つ目の色”color2″に色の名前(例: 「青」)か 16 進数コード(例: 「#3D3D3D」)で指定できます。

=SPARKLINE(B2:C2,{"charttype","bar";"max",C2;"color1","green";"color2","#b328e1"})


棒グラフの色が指定した色に変更されました。

棒グラフの色が指定

積み重ね棒グラフで複数の値の割合を表示する

指定するデータを、セルの範囲で指定すると、複数の値の比率が分かる”積み重ね棒グラフ”にする事ができます。

=SPARKLINE(B2:E2,{"charttype","bar";"max",F2})

データに「B2:E2」複数の値が入力された範囲を指定しました。

数式を入力しました。”max”は複数の値の合計です。

データを、セルの範囲で指定


範囲内の数値の割合を”積み重ね棒グラフ”で表示できました。

"積み重ね棒グラフ"で表示できました

セル内に作成した棒グラフの方向を変更する

オプションの”rtl” で、グラフを右から左に描写するかどうかを指定できます。値は true または false で指定します。

=SPARKLINE(B2:C2,{"charttype","bar";"max",C2;"color1","green";"color2","#b328e1";"rtl",true})

「”rtl”,true」で右から描画する指定にしました。

一番上の行だけ、グラフが右から描画されています。

右から描画されています

まとめ:グラフにすると数値だけでは気付きにくい比較がしやすくなる

Googleスプレッドシートで使えるGoogle独自の関数、 SPARKLINE() を使って、棒グラフを作成する方法を紹介しました。

値を入力した行毎にグラフを作成できれば、値をグラフィカルに比較する事ができるので、一覧の視認性も良くなると思います。

数式も簡単なので、活用してみてはどうでしょうか。



3DCG/動画編集/ゲーム開発そしてゲームプレイにも、高性能PCを低下価格で購入できる【FRONTIER】

冬のBIGボーナスセール開催中\注目のGPU搭載PC!!RTX3070搭載モデルが14万円台~/12月17日(金)15時まで

最新GPUも格安構成も自由に選べる!パソコン買うならBTOの【FRONTIER】


【デジハリONLINEの 基礎動画 + AdobeCC一年ライセンス のお得プラン】

デジタルハリウッドのオンラインCGスクール「デジハリONLINE」が提供する、60時間の基礎動画とAdobe creative cloudの一年版ライセンスがパッケージされた、お得な「Adobeマスター講座」が36,346円(税別)

▶︎ デジハリONLINE講座申込



Twitter Facebook Pocket LINE はてブ

おすすめの関連記事
コチラの記事も読まれています
あわせてよく読まれている記事