リキッドジャンパー アプリ/ネットサービス Googleスプレッドシートでセルの縦幅を一括で変更する方法

Googleスプレッドシートでセルの縦幅を一括で変更する方法

googlespreadsheet_cell_width_topimage

Googleスプレッドシートでセルの幅や高さを変更するのは簡単。行番号又は列番号のセルとセルの間にカーソルを重ねるとカーソルの形が矢印に変わるので、左クリックを押した状態でカーソルを移動します。この方法でセルの幅を自由に変更できます。

左クリックを押した状態でカーソルを移動


でもこの方法だと、複数の列や行を同じ縦幅で揃えるのは難しい。Googleスプレッドシートのセルは、列が26、行が1000ありますが、全て同じ幅と高さに一括で変更する方法は無いのでしょうか。

  • セルの列や行を同じ縦幅で揃えたい
  • 複数の行列を一括で揃えたい

この記事ではGoogleスプレッドシートの列や行の縦幅を一括で変更する方法を紹介します。



Googleスプレッドシートで列の幅を一括変更

スプレッドシートのセルの幅を揃える手順を紹介します。

方法としては、“幅の数値を指定する方法”とセルに入力した“データの幅に合わせる方法”の二通りがあるので状況に合わせて使用してください。

まず一列または複数の列番号を選択します。複数の列番を選択する場合は、一列目を選択後にキーボードの“[shift]を押しながら最後尾の列番号を選択”で、簡単に複数選択できます。

数値を指定して変更

列番号の右側にある「▼」ボタンをクリック、または列番号にカーソルを重ねて右クリックでコンテキストメニューが表示されます。

「▼」ボタンをクリック


表示されたコンテキストメニューから、一列のみの選択の場合は「単一列のサイズを変更」、複数列を選択の場合は「列○-○のサイズを変更」を選択します。

「列○-○のサイズを変更」を選択


数値を指定して変更する場合は、「新しい列の幅をピクセル単位で入力してください。」を有効にして、変更するセル幅の数値を入力します。

セル幅を"30"に設定
▲セル幅を”30″に設定しました。(既定値は100)


数値を入力して「OK」をクリックすると、一括でセルの幅が変更されました。

一括でセルの幅が変更されました
▲選択した列のセル幅が”30″に変更されました。

データの幅に合わせる

今度は、セルに入力したデータの長さに合わせてセルの幅を変更します。
表示されたコンテキストメニューから、一列のみの選択の場合は「単一列のサイズを変更」、複数列を選択の場合は「列○-○のサイズを変更」を選択。データの幅に合わせて変更する場合は、「データに合わせる」を有効にして、「OK」をクリックします。

「データに合わせる」を有効


フォントのサイズや文字列の長さ等、幅の異なるデータが複数のセルに入力されてる場合は、最も幅広のセルに変更されます。

最も幅広のセルに変更

Googleスプレッドシートで行の高さを一括変更

今度はスプレッドシートのセルの高さを揃える手順を紹介します。

こちらも幅を揃える方法と同様に、“高さの数値を指定する方法”とセルに入力した“データの高さに合わせる方法”の二通りがあるので状況に合わせて使用してください。

まず一行または複数の行番号を選択します。複数の列を選択する場合と同じく、複数の行番を選択する場合は、先頭の行を選択後にキーボードの“[shift]を押しながら最後尾の行番号を選択”で、簡単に複数の行が選択できます。又は先頭の行番号を左クリックで選択し、クリックしたままカーソルを移動する方法でも複数の行を選択できます。

先頭の行番号を左クリックで選択し、クリックしたままカーソルを移動する方法でも複数の行を選択

数値を指定して変更

行番号にカーソルを重ねて右クリックで表示されるコンテキストメニューから、一行のみの選択の場合は「単一行のサイズを変更」、複数列を選択の場合は「行○-○のサイズを変更」を選択します。

「行○-○のサイズを変更」を選択


数値を指定して変更する場合は、「新しい行の幅をピクセル単位で入力してください。」を有効にして、変更するセル高さの数値を入力します。

「新しい行の幅をピクセル単位で入力してください。」を有効


数値を入力して「OK」をクリックすると、一括でセルの高さが変更されました。

一括でセルの高さが変更

データの高さに合わせる

今度は、セルに入力したデータの高さに合わせて変更します。
表示されたコンテキストメニューから、一列のみの選択の場合は「単一列のサイズを変更」、複数列を選択の場合は「列○-○のサイズを変更」を選択。データの高さに合わせて変更する場合は、「データに合わせる」を有効にして、「OK」をクリックします。

「データに合わせる」を有効


フォントのサイズや改行の有無で、高さが異なるデータが複数のセルに入力されてる場合は、最も縦長のセルに合わせて変更されます。

最も縦長のセルに合わせて変更

カーソルの移動で一括変更

行番号又は列番号のセルとセルの間にカーソルを重ね、“カーソルの形が矢印状態で左クリック&移動”の方法でも一括変更ができます。

行番号又は列番号を複数選択、“カーソルの形が矢印状態で左クリック&移動”で、変更した箇所だけでなく選択したセル全ての縦幅が変更されます。

カーソルの移動で一括変更

まとめ:列や行の縦幅を変更する手順

Googleスプレッドシートの列や行の縦幅を一括で変更する方法を紹介しました。

■列や行の縦幅を変更する手順

  • 行番号又は列番号を選択し、表示したコンテキストメニューから、一列のみの選択の場合は「単一列のサイズを変更」、複数列を選択の場合は「列○-○のサイズを変更」を選択。
  • 数値を指定して変更する場合は、「新しい行(列)の幅をピクセル単位で入力してください。」を有効にして、数値を入力。
  • データの高さに合わせて変更する場合は、「データに合わせる」を有効に。
  • 「OK」をクリックで一括変更。

又は

  • 行番号又は列番号を複数選択、“カーソルの形が矢印状態で左クリック&移動”で、変更した箇所だけでなく選択したセル全ての縦幅が変更
全セルの縦横を10
▲全セルの縦横を10に変更した状態




【UdemyのおすすめGoogleスプレッドシート学習コース】

ネットショッピングをする感覚で講座を購入し、収録された動画を視聴するスタイルなので自分のペースで学習できるUdemy

そのUdemyにはGoogleスプレッドシートが学べる講座もあります。 Googleスプレッドシートの基本から一歩踏み込んだところまでを学べる評価の高い講座で、スプレッドシート以外の表計算ソフトでも使えるテクニックが習得できるので、コスパも高く実務ですぐに使えます。

【IT初心者でもわかる!Google スプレッドシート入門編】基本機能を活用したワンランク上の使い方、情報処理をマスター

Google スプレッドシートを用いて表計算ソフトの一般的な機能を体験するコースです。 四則演算や絶対参照、キーボードショートカットからはじまり、 関数SUM / IF / VLOOKUP や、フィルタ、並べ替え、ピボット、グラフまでを体験



BTOパソコンの草分け的ブランドFRONTIER(フロンティア)

教育機関や研究施設/3DCG/動画編集/そしてゲームプレイに。
用途に合わせてCPUやGPUなどパーツを自由に選べて、コスパにもこだわる方にオススメ。

ボーナス祭!開催中\GeForce RTX 3070 Tiなど最新GPUを搭載した人気モデルが超特価で登場!/6/25(金)15時まで

≪GeForce RTX 3070 Ti≫≪GeForce RTX 3080 Ti≫を搭載した高性能PCが衝撃コスパで購入できます。

Core i7 + RTX 3060モデルが税込16万円台、Ryzen 7 + RTX 3070モデルが21万円台、Core i7 + GTX 1660モデルが12万円台、Core i7 + RTX 3070 Tiモデルが22万円台

≪全18機種≫見逃し厳禁!SALE製品は台数に限りがあるので売り切れる前に是非

>>【FRONTIER】


【デジハリONLINEの 基礎動画 + AdobeCC一年ライセンス のお得プラン】

デジタルハリウッドのオンラインCGスクール「デジハリONLINE」が提供する、60時間の基礎動画とAdobe creative cloudの一年版ライセンスがパッケージされた、コスパ最強の講座プラン

「Adobeマスター講座」

受講ノルマは一切無し、Adobe製品の利用を目的に契約してもOK!

>>デジハリONLINE講座申込

▶︎基礎動画教材付きAdobe Creative Cloudを年額39,980円(税込)のお得な価格で使用する方法


はてブ

おすすめの関連記事
コチラの記事も読まれています
あわせてよく読まれている記事