アプリ/ネットサービス Googleスプレッドシート 選択肢でセルの色が変わるドロップダウンリストの設定方法

Googleスプレッドシート 選択肢でセルの色が変わるドロップダウンリストの設定方法

googlespreadsheet_DropDownList_color_change_topimage

Googleスプレッドシートでドロップダウンリストの選択によってセルの色を変更する方法を紹介します。

「YES」と「NO」のどちらかを選択するドロップダウンリストが配置されたデータ表。数行だけならそれ程問題にはなりませんが、数十行数百行のセルに「YES」「NO」の文字列だけが並んだ状態は、決して視認性的に良いとは言えません。「YES」を選択したら赤、「No」を選択したら緑、の様に選択肢に合わせてセルの色が変わる仕組みにすれば、ひと目でどちらが選ばれたのか認識しやすくなります。 

この記事では、Googleスプレッドシートでドロップダウンリストの選択肢に合わせてセルの色を変更する方法を紹介します。

「YES」「NO」の文字列だけだと視認性が良くない。
▲「YES」「NO」の文字列だけだと視認性が良くない。

ドロップダウンリストの設定で変わる

セルにドロップダウンリストを作成し、選択肢にあわせてセルの色が変わる設定にします。

ドロップダウンリストを作成するセルを選択し、メニューから データ > データの入力規則 を選択。
「データの入力規則」でドロップダウンリストの設定をして「保存」をクリックします。今回は、条件で[リストを直接指定]を選択、「YES,NO」を選択候補として設定しました。

「データの入力規則」でドロップダウンリストの設定をして「保存」


続けてセルに作成されたドロップダウンリストに選択肢で色が変わる書式設定をします。ドロップダウンリストを選択、メニューから 表示形式 > 条件付き書式 を選択します。「条件付き書式設定ルール」の”セルの書式設定の条件”で[完全一致するテキスト]を選び、一致させる文字列「YES」を入力します。次に書式設定のスタイルで、セルを塗りつぶす色、文字の色などを設定、「完了」をクリック。

「条件付き書式設定ルール」の"セルの書式設定の条件"で[完全一致するテキスト]を選び


「YES」を選択すると赤に変わる設定は完了したので、続けて「NO」を選択した場合の設定をします。書式の条件を追加するには「条件付き書式設定ルール」で、「+条件を追加」をクリックします。

「+条件を追加」をクリック


「YES」の場合と同様に、「条件付き書式設定ルール」の”セルの書式設定の条件”で[完全一致するテキスト]を選び、一致させる文字列で今度は「NO」を入力します。書式設定のスタイルで、セルを塗りつぶす色などを「YES」とは違う色で設定、「完了」をクリック。

一致させる文字列で今度は「NO」を入力


設定が完了したドロップダウンリストを確認します。「YES」を選択するとセルの色が赤くなり、「NO」を選択すると緑色に変わりました。

「YES」を選択するとセルの色が赤くなり、「NO」を選択すると緑色に変わりました

他のセルの条件と合わせて色が変わる

ドロップダウンリストの選択肢だけでセルの色を変更する事はできました。今度は、”ドロップダウンリストの選択”と”他のセルの値”を条件にして、セルの色が変わる設定をしたいと思います。

「条件 MAX 」の数値が100以下の場合に、ドロップダウンリストで「YES」を選択すると色が変わる書式設定にします。

「条件 MAX 」の数値が100以下の場合に、ドロップダウンリストで「YES」を選択すると色が変わる書式設定


「条件付き書式設定ルール」の”セルの書式設定の条件”で[カスタム数式]を選び、数式を入力します。

=AND(A2<100, C2="YES")

関数AND()を使い、セル「A2」が100より小さい場合そしてセル「C2」に作成されたドロップダウンリストで”YES”が選択された場合に設定した書式のスタイルに変更される。

設定後に「完了」をクリックします。

セル「A2」が100より小さい場合そしてセル「C2」に作成されたドロップダウンリストで"YES"が選択された場合に設定


条件の数値を「99」すると、「YES」を選択したドロップダウンリストのセルが赤く変わりました。そして、数値を「150」にすると、設定した条件”セル「A2」が100より小さい場合”に合わないので、書式設定は実行されず色は変わりません。

条件の数値を「99」すると、「YES」を選択したドロップダウンリストのセルが赤く変わりました

ドロップダウンリストの選択で他のセルが変わる

ドロップダウンリストの選択肢によってドロップダウンリストを作成したセルの色を変更する方法を紹介しましたが、今度はドロップダウンリストを作成したセルの色では無く、別の位置にあるセルの色が変わる様に設定したいと思います。

Googleスプレッドシートのデータ表で目立たせたいのは、ドロップダウンリストのセルでは無く、同じ行の他の位置にあるセルの場合もあると思います。その場合は「書式設定の条件」をドロップダウンリストでは無く、色を変えたいセルに設定することで、ドロップダウンリストの選択で他のセルの色が変更される仕組みにすることができます。


ドロップダウンリストの選択によって、「A2」の色を変更する設定にします。

ドロップダウンリストの選択によって、「A2」の色を変更する設定


セル「A2」を選択、メニューから 表示形式 > 条件付き書式 を選択して「条件付き書式設定ルール」を表示します。

表示形式 > 条件付き書式 を選択して「条件付き書式設定ルール」を表示


「条件付き書式設定ルール」で「YES」が選ばれた時と「NO」が選ばれた時2つの条件を作成。”セルの書式設定の条件”で[カスタム数式]を選び、数式を入力します。

「YES」の場合の数式

=C2="YES"


「NO」の場合の数式

=C2="NO"


「YES」「NO」それぞれの書式設定のスタイルを設定して「完了」をクリックします。

「YES」「NO」それぞれの書式設定のスタイルを設定して「完了」をクリック


ドロップダウンリストで「YES」が選ばれると「A2」のセルが赤に、「NO」が選ばれると緑に変わりました。

ドロップダウンリストで「YES」が選ばれると「A2」のセルが赤に、「NO」が選ばれると緑に変わりました





【UdemyのおすすめGoogleスプレッドシート学習コース】

ネットショッピングをする感覚で講座を購入し、収録された動画を視聴するスタイルなので自分のペースで学習できるUdemy

そのUdemyにはGoogleスプレッドシートが学べる講座もあります。 Googleスプレッドシートの基本から一歩踏み込んだところまでを学べる評価の高い講座です。スプレッドシート以外の表計算ソフトでも使えるテクニックが習得できるので、コスパも高く実務ですぐに使えます。

【IT初心者でもわかる!Google スプレッドシート入門編】基本機能を活用したワンランク上の使い方、情報処理をマスター

Google スプレッドシートを用いて表計算ソフトの一般的な機能を体験するコースです。 四則演算や絶対参照、キーボードショートカットからはじまり、 関数SUM / IF / VLOOKUP や、フィルタ、並べ替え、ピボット、グラフまでを体験

【売上分析で売上を最大化】ゼロから始めるGoogleスプレッドシートマスターコース|最先端技術で売上最大化&無駄の最小化

初心者でも安心!スプレッドシートをマスターし『売上の最大化』と『無駄の最小化』ができるようになるコースです。 スプレッドシートの最新技術をマスターし、Excelよりも効率的に最小の労力で最大の結果を出せる分析能力を身につけましょう!

【業務自動化をゼロからマスター】Google Apps Scriptの仕事効率化・自動化をプログラミングで実現

Google Apps Script(GAS)をマスターして毎日の業務(gmail、google スプレッドシート)を劇的に自動化させよう。



BTOパソコンの草分け的ブランドFRONTIER(フロンティア)

3DCG/動画編集/そしてゲームプレイに。
用途に合わせてCPUやGPUなどパーツを自由に選べて、コスパにもこだわる方にオススメ。

半期決算売り尽くしセール!開催中\RTX 30シリーズ搭載PCが13万円台~!/8/6(金)15時まで

特典付き&メモリ無償アップが大好評。

Core i5-10400F + RTX 3060 Ti搭載モデルが[15万円台]
Core i9-11900F + RTX 3080 Ti搭載ハイエンドモデルが[33万円台]

見逃し厳禁!SALE製品は台数に限りがあるので売り切れる前に是非

\MSIとFRONTIERがコラボした特別仕様のゲーミングPCが発売開始/
人気のMSI製マザーボード、 グラフィックスカード、水冷CPUクーラー、電源をMSI製ケースに搭載した 特別仕様のゲーミングPCが発売中です

>>【FRONTIER】


【デジハリONLINEの 基礎動画 + AdobeCC一年ライセンス のお得プラン】

デジタルハリウッドのオンラインCGスクール「デジハリONLINE」が提供する、60時間の基礎動画とAdobe creative cloudの一年版ライセンスがパッケージされた、コスパ最強の講座プラン

「Adobeマスター講座」

受講ノルマは一切無し、Adobe製品の利用を目的に契約してもOK!

>>デジハリONLINE講座申込

▶︎基礎動画教材付きAdobe Creative Cloudを年額39,980円(税込)のお得な価格で使用する方法


Twitter Facebook Pocket LINE はてブ

おすすめの関連記事
コチラの記事も読まれています
あわせてよく読まれている記事