アプリ/ネットサービス Googleスプレッドシート 日付を曜日別、月別、四半期別などグループに分けてデータ解析するピボットテーブル

Googleスプレッドシート 日付を曜日別、月別、四半期別などグループに分けてデータ解析するピボットテーブル

googlespreadsheet_pivot-table_grouping_by_week_month_topimage

Googleスプレッドシートで作成されたデータから、対象を絞り込んだりデータ間の関係性を確認したりなど、データ解析に便利な機能「ピボットテーブル」の使い方を紹介します。

日付で並べられたデータセットでは、この日は何曜日?、何月?、グループ分けごとの総売上個数は?など、データを眺めるだけでは分析は難しい。Googleスプレッドシートで、日付ごとに「入客数」や「売上」などを入力したデータセットから、”何曜日が最も売り上げが高いのか?”、”○月は何個売れたのか?”など対象をしぼった分析には「ピボットテーブル」を使うのが簡単で便利です。

日付で並べられたデータセット


大きなデータセットから対象を絞込んでデータ解析ができるGoogleスプレッドシートの「ピボットテーブル」ですが、この記事では、日付で並べられたデータセットから、曜日、月ごとにグループ分けする機能を中心に紹介します。


DAZN

ピボットテーブルで日付を曜日別にグループ分けする

日付ごとに「入客数」や「売上」などが入力されたデータセットから、曜日別の売上個数や最多個数を絞込んで表示したいと思います。

対象のデータセットを選択してメニューから データ > ピボットテーブル を選択

データ > ピボットテーブル


ピボットテーブルの作成場所を「新しいシート」、「既存のシート」から選択します。
今回は「新しいシート」を選択して「作成」をクリックしました。

ピボットテーブルの作成


新しいシートにピボットテーブルが作成されました。作成された直後は対象のデータを追加していなので、表示は空白の状態です。

作成された直後は対象のデータを追加していなので、表示は空白の状態


右側に表示された「ピボットテーブルエディタ」で対象のデータを追加します。
“行”に「日付」を追加しました。

"行"に「日付」を追加


1列目が「日付」で並びました。

1列目が「日付」で並びました


続けてピボットテーブルエディタの”値”に「入客数」を追加しました。

ピボットテーブルエディタの"値"に「入客数」を追加


2列目に「入客数」が表示されました。

2列目に「入客数」が表示

日付で並んだデータセットを曜日別に表示を変換

「日付」の列のセルを選択、右クリックメニューから ピボット日付グループを作成 > 曜日を選択

メニューから ピボット日付グループを作成 > 曜日を選択


日付で並んでいた行が、曜日別にグループ分けされました。
値の列には集計値(デフォルトはSUM)が表示されます。

日付で並んでいた行が、曜日別にグループ分けされました

最大値を表示する

集計値は「SUM」の他に「MAX」「MIN」など集計方法を変更できます。
ピボットテーブルエディタで、集計を「MAX」に変更しました。

ピボットテーブルエディタで、集計を「MAX」に変更


入客数の列が、SUMからMAXに変更され、曜日ごとの最多入客数が確認できました。

曜日ごとの最多入客数が確認できました。

ピボットテーブルで日付を月別にグループ分けする

今度は日付から「月別」のグループに分け、月別の売上平均値を表示したいと思います。

「日付」の列のセルを選択、右クリックメニューから ピボット日付グループを作成 > 月を選択
ピボットテーブルエディタで「総計を表示」を無効に。値を「売上」に変更。集計を「AVERAGE」にします。

集計を「AVERAGE」


集計値の列を選択、メニューから 表示形式 > 数字 > 通貨(端数切り捨て)に変更。
月別の売上平均値を表示する事ができました。

月別の売上平均値を表示する事ができました

まとめ:Googleスプレッドシートのピボットテーブルでデータ解析

大きなデータセットから対象を絞込んでデータ解析ができるGoogleスプレッドシートの「ピボットテーブル」を紹介しました。

この記事では日付で並べられたデータセットから、曜日、月ごとにグループ分けする機能を中心に紹介しましたが、「四半期別」「秒、分、時」「経過日数」など分けられる方法は他にもあります。又、「データセット」「行」「列」「値」「フィルタ」の組み合わせを工夫すれば更に詳細な分析を行うことが可能になります。

「ピボットテーブル」はデータセットを崩さず簡単に利用できるので、Googleスプレッドシートで作ったデータを分析する際は使ってみてください。






【UdemyのおすすめGoogleスプレッドシート学習コース】

ネットショッピングをする感覚で講座を購入し、収録された動画を視聴するスタイルなので自分のペースで学習できるUdemy

そのUdemyにはGoogleスプレッドシートが学べる講座もあります。 Googleスプレッドシートの基本から一歩踏み込んだところまでを学べる評価の高い講座で、スプレッドシート以外の表計算ソフトでも使えるテクニックが習得できるので、コスパも高く実務ですぐに使えます。

【売上分析で売上を最大化】ゼロから始めるGoogleスプレッドシートマスターコース|最先端技術で売上最大化&無駄の最小化

初心者でも安心!スプレッドシートをマスターし『売上の最大化』と『無駄の最小化』ができるようになるコースです。 スプレッドシートの最新技術をマスターし、Excelよりも効率的に最小の労力で最大の結果を出せる分析能力を身につけましょう!

【IT初心者でもわかる!Google スプレッドシート入門編】基本機能を活用したワンランク上の使い方、情報処理をマスター

Google スプレッドシートを用いて表計算ソフトの一般的な機能を体験するコースです。 四則演算や絶対参照、キーボードショートカットからはじまり、 関数SUM / IF / VLOOKUP や、フィルタ、並べ替え、ピボット、グラフまでを体験



BTOパソコンの草分け的ブランドFRONTIER(フロンティア)

3DCG/動画編集/そしてゲームプレイに。
用途に合わせてCPUやGPUなどパーツを自由に選べて、コスパにもこだわる方にオススメ。

半期決算売り尽くしセール!開催中\RTX 30シリーズ搭載PCが13万円台~!/8/6(金)15時まで

特典付き&メモリ無償アップが大好評。

Core i5-10400F + RTX 3060 Ti搭載モデルが[15万円台]
Core i9-11900F + RTX 3080 Ti搭載ハイエンドモデルが[33万円台]

見逃し厳禁!SALE製品は台数に限りがあるので売り切れる前に是非

\MSIとFRONTIERがコラボした特別仕様のゲーミングPCが発売開始/
人気のMSI製マザーボード、 グラフィックスカード、水冷CPUクーラー、電源をMSI製ケースに搭載した 特別仕様のゲーミングPCが発売中です

>>【FRONTIER】


【デジハリONLINEの 基礎動画 + AdobeCC一年ライセンス のお得プラン】

デジタルハリウッドのオンラインCGスクール「デジハリONLINE」が提供する、60時間の基礎動画とAdobe creative cloudの一年版ライセンスがパッケージされた、コスパ最強の講座プラン

「Adobeマスター講座」

受講ノルマは一切無し、Adobe製品の利用を目的に契約してもOK!

>>デジハリONLINE講座申込

▶︎基礎動画教材付きAdobe Creative Cloudを年額39,980円(税込)のお得な価格で使用する方法


DAZN

Twitter Facebook Pocket LINE はてブ

おすすめの関連記事
コチラの記事も読まれています
あわせてよく読まれている記事