旅行や出張に便利 おすすめの手首式血圧計メーカー別6機種

arm_sphygmomanometer_rec6_topimage

旅行や出張など自宅以外で血圧を測るときに便利な手首式血圧計

普段は上腕式血圧計で測定、旅行など外出先では手首式血圧計で測定 と使い分けて使用している方も多いのではないでしょうか?

筆者もその一人で、自宅では上腕式血圧計、旅行はもちろん職場でも手首式血圧計で測定しています。

血圧が高くなる理由は、塩分、肥満、ストレス、自宅と病院、自宅と職場など環境の変化など様々な要因が考えられます。筆者の経験的には測定する事自体に緊張を感じて高めの数値がでてしまいます。人間ドックで一度測定してから場所を変えて測定し直す事も。

血圧測定は日常の血圧値を知る事が重要なので、家庭での測定をいかに習慣に出来るかが大事です。メーカーや値段など血圧計を選ぶポイントはそれぞれありますが、毎日の血圧測定が苦にならない事を想定した選び方もとっても重要です。

毎日の血圧測定が苦にならない 血圧計とはどの様なタイプの血圧計なのでしょう。

家庭用に販売されてる血圧計は大きく分けて3タイプに分けられます。

  • アームイン上腕式血圧計 
  • カフ巻きつけ型上腕式血圧計 
  • 手首式血圧計

アームイン上腕式血圧計

アームイン上腕式血圧計の特徴として、腕をドーナツ上の輪の中に通すだけで簡単に測定出来る事があげられます。
ただ設置スペースを確保する必要があるので、自宅の広さにある程度余裕がないと購入するのは難しいでしょう。

カフ巻きつけ型上腕式血圧計

カフ巻きつけ型上腕式血圧計は家庭で使用する血圧計で最も一般的なタイプと言えるでしょう。
カフの部分だけでも帯状タイプと立体構造タイプがあるなど様々な機種が発売され、どれを選んだら良いのか一番悩むタイプの血圧計です。

手首式血圧計

手首式血圧計はコンパクトな事が一番の特徴で、旅行や出張など自宅以外での測定を想定する方に最も適した血圧計です。
自宅での保管場所を考えてコンパクトな機種を望んで購入している方もいるでしょう。

この記事では、コンパクトで自宅はもちろん旅行など外出時に使える手首式血圧計の選び方と、各機種の特徴を製造販売メーカー事に紹介したいと思います。

sphygmomanometer side w

手首式血圧計に求められる事

血圧計を購入しようとする動機には何があるでしょう。

  • 健康診断で血圧を指摘された為。
  • 体調を崩したのをキッカケに購入
  • 体調管理の為に購入。


その中で手首式血圧計を選択する理由は

  • 初めて血圧計を購入するから
  • 簡単に測れそうだから
  • 旅行や出張など遠出が多い
  • 価格が安い


などが考えられます。

初めて血圧計を購入するから

初めて血圧計を購入する場合、何を基準にして選んだら良いのか見当もつかないでしょう。
最新鋭の大げさな機種は持て余す事を想像してコンパクトな手首式を選ぶ方も多いのではないでしょうか。

簡単に測れそうだから

血圧に問題がない人でも健康診断で上腕式血圧計は使ったことがある人は多いでしょう。
カフの巻き付け方法に難しさを感じて手首式血圧計を選ぶ人もいるかも知れません。

旅行や出張など遠出が多い

最も多い理由として考えられるのが、これでしょう。
旅行先、出張先、職場、帰省、など自宅以外で血圧測定をするならコンパクトな手首式血圧計がベストバイ。

価格が安い

コレももしかした手首式血圧計を選択する理由として大きいかも知れません。
上腕式血圧計より半額以下の購入できるので、利用方法によってコストパフォーマンスは高いと考えられます

手首式血圧計のメリット

  • 手軽に測定できる
  • コンパクトなので旅行や出張など外出先での測定に便利
  • 比較的価格が安い


手首式血圧計のメリットは何はなくともコンパクトな事、椅子に座って手首に取り付けてスイッチを押すだけ。これだけで血圧測定出来てしまいます。

上腕式のように、「チューブを本体に取り付けて腕にカフを巻きつける」事をする必要がありません。

自宅はもちろん旅行先や出張先など自宅以外での使用も考えてるのなら、迷うこと無くこのタイプを選ぶべきでしょう

上腕式血圧計は上位機種になると1万2万超えの価格になったりしますが、手首式血圧計はそれらの機種に比べると低価格です。大体数千円で購入出来る機種が殆どで実売価格で1万円を超える機種はそれほど多くありません。

sphygmomanometer

手首式血圧計のデメリット

  • 測定の精度

手首式血圧計の話になると懸念点として必ず出てくるポイントが測定の精度です。

確かに上腕式血圧計に比べると精度は低いと言えるでしょう。

椅子とテーブルの高さ、手首に付けた血圧計の高さなどが測定結果に影響するので扱いにコツが必要ではあります。

ただ精度が低いと言っても上腕式に比べると測定値にブレが出やすいだけで、日常の血圧測定に支障があるかと言うとそんな事はありません。

現在発売されている手首式血圧計は手首の高さを液晶ディスプレイでガイドしてくれるなど、正しく測定するための工夫が備わっていて家庭の血圧測定レベルで求められる精度は十分クリアしています。

血圧測定は一度の数値に一喜一憂するのではなく、毎日測定して、一週間一ヶ月の平均や傾向を知る事が重要です。その目的に照らし合わせると手首式血圧計の精度で何ら問題はないと考えて良いでしょう。

日本国内では 家電 計測器、医療器メーカー 各社から手首式血圧計は販売されていますが、それぞれどのような特徴があるのでしょう。


OMRON(オムロン)HEM-6324T

1972年から血圧計を製造している血圧計のフロントランナー企業。
循環器系や呼吸器系に強みを持ち、血圧計や低周波治療器、喘息用吸入器を製造販売している。
独自の生体情報センシング技術と臨床データで精度の高い測定結果に自信をもつ。
HEM-6324Tの特徴
手首式血圧計で問題になる姿勢による精度のブレを補正する「測定姿勢ガイド」と「カフぴったり巻きチェック」。
手首の位置が適切な高さなのか、カフが正しく手首に巻き付けられているのか などを液晶ディスプレイに表示してくれるので高い精度の測定結果を期待できます。
サイレント測定」で職場など周囲が気になる場所で測定音が気になる人にもオススメ。
健康管理アプリ「OMRONconnect」で日々の測定管理も楽ちん。

TANITA(タニタ)BP-212

体組成計・体脂肪計そしてタニタ食堂で脚光を浴びたタニタ。
シガレットケース、貴金属宝飾品の製造販売から始まった歴史ではありますが、現在は家庭用・業務用の体組成計・ヘルスメーター・歩数計・塩分計・睡眠計など健康機器の製造販売をしています
BP-212の特徴
「開始/終了」ボタンを押すだけで測定できる「簡単操作のワンプッシュ測定」。
測定中に脈間隔の変動を感知するとディスプレイに表示されます。 これにより不整脈の傾向である「脈の乱れ」に気づくことが出来ます。
収納ケース上部の窪みに手首を添えれば、一定の高さで測れるアイデア形状
測定結果は60回分自動で記録されるので血圧の傾向を把握するのに有効です。


タニタ食堂グッズやタニタの商品をお得に購入するならタニタ公式オンラインショップ。
メーカー直営ならではのアウトレット商品を格安でご提供

CITIZEN(シチズン)CHWH903

時計を製造販売しているシチズン時計株式会社のグループ企業。
血圧計を製造販売してるのは シチズン・システムズ株式会社。情報機器、健康機器製品を製造販売している会社です。
シチズンの手首式血圧計は3年連続シェアNo.1になるほど血圧計ユーザーには信頼と人気があります。
CHWH903の特徴
何よりこの機種の最大の特徴が「カプッとカフ」、従来のカフのように巻きつける必要は無く上から被せるようにカプッと装着、巻きつける作業がとっても楽になりました。
不規則な脈間隔を感知するとディスプレイで知らせてくれます。
測定中の手首などの動きを検知した場合もディスプレイで再測定を促す表示で知らせてくれます。その他も機能が豊富なこの血圧計、高価格帯ではありますが注目の機種なので紹介させていただきました。

Panasonic(パナソニック)EW-BW53-W

言わずと知れた日本を代表する家電メーカー。もちろん電子レンジや洗濯機を始めとした生活家電、テレビやオーディオなどのAV機器のイメージが強いですが、活動量計・吸入器・補聴器・体組成バランス計、そして血圧計など健康家電もパナソニックの強い分野。
EW-BW53-Wの特徴
朝と夜の比較や平均値と今の比較を表示してる機能。この機能によってひと目で日々の変化を確認できます。
血圧値が高血圧領域の場合はディスプレイで数値が点滅して知らせてくれます。
抗菌仕様の巻きやすくシワになりにくい「レザー調カフ」
血圧記録アプリ「血圧メモ」で日々の測定管理もバッチリ ※アプリはAndroidOSスマートフォンのみ

dretec(ドリテック)BM-103

キッチンタイマーを始めキッチン周りの計測器といえばドリテック。埼玉県に本社をおく計測機器メーカー。
現在はキッチン周りの計測器だけなく、体重計、歩数計、IH調理器など事業を広げ、医療機器である血圧計も製造販売しています。
BM-103の特徴
簡単操作のシンプル機能。血圧測定に必要な機能は十分備わっていて、それに加え 脈検知機能、不規則脈波検知機能、体動検知機能付 これらの機能が付いて低価格。コスパ良し

TERUMO(テルモ)ES-T300ZZ

医療機器・医薬品の製造販売のテルモ
体温計の国産化を目的に北里柴三郎博士をはじめとする医師らが発起人となり、1921年に設立されました。
心臓外科手術、カテーテル治療、腹膜炎透析など医療現場で利用される製品・サービスを提供しています。
ES-T300ZZの特徴
見やすく大きな2.9型液晶ディスプレイが特徴の手首式血圧計。血圧計本体も薄型で16mmしかありません。
測定結果のデータを100回分も記憶可能なので、記憶容量を気にする必要も無し。
測定ミスがあればディスプレイに表示してくれる親切設計。

まとめ

手首式血圧計の特徴と各メーカーから販売されている機種の特徴を紹介しました。

血圧測定は毎日の日課なので無理のない使い方が出来る機種を選ぶのが最も適した購入の基準になるでしょう。

各メーカー 強みを生かした特徴のある機種が販売されているので、デザイン、価格 を含め自分の生活習慣に合った血圧計の購入を検討してみてください。


Twitter Facebook Pocket LINE はてブ


おすすめの関連記事
コチラの記事も読まれています
あわせてよく読まれている記事