[おすすめ]オムロンのチューブが無い上腕式血圧計 HEM-7600T

HEM-76000_topimage

日頃血圧を測るのが習慣になってる皆さんは、どのタイプの血圧計を使っていますか?

上腕式血圧計でしょうか、それとも手首式血圧計でしょうか。

もしかしたら上腕式血圧計でも、腕にカフを巻き付ける一般的なタイプではなく、

病院でよく見る、腕を輪の中に差し込む全自動タイプだったりするのでしょうか。

私も日頃血圧を測っている身としては、自分の生活環境にあった血圧計を探しています。

血圧計を選ぶにあたって重要なことは、この自分の生活環境にあった血圧計という部分が大事ですね。
どんなに機能豊富で性能が良くても出張が多い人に全自動タイプは当然ミスマッチです。

私自身が使用してきて是はオススメしたいな思い、
長期レビューとしてオムロンHEM-7600Tを紹介したいと思います。

ただ最初に重要なことは、自分にあった生活環境で選ぶことが重要なので、
あくまでも参考程度に見てもらえたらありがたいです。

オムロンHEM-7600Tのポイント

この機種の最大の特徴は、上腕式血圧計でありながらチューブが無い構造であること。この本体自身にすべての機能が入っている事です。

通常の上腕式であれば、本体はテーブルの上にあり、そこからカフ付きのチューブが繋がっている。
というのが一般的でよく見る形ですが、このHEM-7600Tはそのチューブがない、
すべて腕に巻き付けるカフ近辺で完結しています。
この構造の何が良いかというと、取り回しが非常に楽なこと。

チューブ付きの血圧計の構成は
本体とブラブラしているチューブ、そして腕に巻き付けるカフ、
あと内臓電池や電池を使っていなかったらACアダプター付きの電源コードもありますね。
血圧を測るのに、これだけの構成パーツが必要になります。

カフも最近は立体構造になって巻き付けるのが楽に成りましたが、それ故に収納も煩雑になりがちです。

HEM-7600Tは本体機能、立体構造のカフ、電源がの三要素を組み込んだ一体型構成です。
測りたい時は、付属のソフトケースから取り出し、腕に巻き付け、ボタンを押す それだけ。

チューブをセットしたり電源をつないだりが無くなるだけで億劫になる気持ちが低減します。
測り終わったらソフトケースに「ポンッ」と入れるだけ。

収納ソフトケース

2つ目のポイントとして、腕に巻き付けるカフの位置に敏感にならなくて良いというのがあります。

カフを腕に巻く時に多くの人が気にするところですよね、

内側の関節から指2本分の位置にとか、チューブの繋がっている部分を上にしてとか、指2本分の位置は守る必要がありますが、巻き方が左右にずれても問題なく正確に測定してくれます。
巻き付けが緩かったりしたら、有機ELディスプレイで再巻き付けを促すメッセージを表示してくれます。測定結果の管理はスマートフォンのアプリで出来ます。
オムロン公式の管理アプリ「オムロン コネクト」とBluetoothで繋ぐことで、測定結果を転送できます。
ある程度本体に貯めておいて、後から転送することも可能ですし、
測定するときに繋いでおけば、測定結果後に少し待つと自動で転送してくれるので楽です。

オムロンHEM-7600Tデザインがカッコいい

何といってもデザインがカッコいい
正直私自身が購入した理由は、このデザインが気に入ったからといのがあります。
もちろん、一体型構造が特徴の一番で、それだけでも購入の理由にはなるのですが、家電量販店で見かけたときに機能そっちのけで購入を決めてしまった記憶があります。
誰かに紹介したいと思ってしまうぐらいの秀逸な出来だと感じました。
※そもそもオムロンなので基本性能自体には、疑いを持ってないのが前提でありましたけど。グッドデザイン賞2016やドイツのiFデザイン賞2017と当然デザイン賞を獲得しています。
これだけカッコいいので当然です。血圧計でこのフォルムは素晴らしい。

オムロンHEM-7600Tにたどり着くまで

この血圧計を使う前までは他のタイプの血圧計を使っていました。

◇チューブ付きの腕にカフを巻き付けるタイプ

カフの部分が立体構造ではなくペラペラで、血圧を測るのが習慣になってない時期だったのもありこの位置で良いのか、巻き付ける強さは正解なのか、良くわからず使っていました。
慣れの問題も大いにあると思いますが、まだ測定が習慣になって無かった為、面倒になって使わなくなってしましました。

◇チューブ付き立体構造のカフタイプ

このタイプを一番長く使いました。やっぱりカフは立体構造だと楽ですし、今発売されている血圧計は大体巻き付けが緩かったりしたら教えてくれるので、正しく測れているのか不安になることもないですから。
ただこの立体構造のカフの為に、うまく収納できないのが気になっていました。本体の上に置いてましたが、その状態がそもそも収まりが良くない、
繋がっているチューブが紐の様に巻き付けられる程柔らかくないので、チューブの反発で落ちてしまったり、更にACアダプターもあるし。本体側との収まりが良い構造は作れないのだろうか。それでも、確実に測れて扱いやすいタイプの血圧計なのかなとは思いますが。

◇手首式

手首のタイプは旅行など遠出するときの為に購入しました。

手首式は使ってみると意外と難しいと感じました、正しく使うと精度に問題ないと言われますが、上腕式と併用していると、精度のブレが気になってきます。

例えば出先のホテルの椅子と机の高さでブレが生じたり、ブレを補いながら心臓の高さに血圧計を巻いた手首を持ってくると変な力が入ったり、
意外と取り扱いが面倒だと思いました。

手首式だけを使い日々の変動を確認するには問題ないのかなと思いますが、上腕式との併用で使っていると、同じ記録データに混ぜるのは正しくないのかな

参考程度に使うのが良いのかなと思い、あまり使わなくなりました。
使うのは海外旅行とか長期で自宅を離れるの場合のみですね。

◇オムロンHEM-7600T

そしてこの機種は元々勤務先の会社で使用する目的で購入しました。

一目惚れに近いものがありましたね。

会社で使える目的を兼ね備えている、そして何より見た目も良い。

会社ではソフトケースに入れてデスクの棚に置いていました。
昼ごろおもむろにケースから出して腕に巻き付けてボタンを押す。

チューブタイプの様に電源コード類を準備する必要も無いし、手首式の様に姿勢に敏感になる必要もない。

サッと取り出し サッと測って サッと終える

会社のデスクで測るにはベストな血圧計です。
測定中の音も気にするほど大きく無かったのでそれも使いやすいと思った理由です。

その後自宅で使っていたチューブタイプの機種が壊れてしまい
使いやすいし仕事場だけで使うのはもったいないと思い、このHEM-76000を自宅でも使う事にしました。

日々の測定の億劫さがチューブタイプの時より全然減りました。
たまに昼と夜以外の時間に、おもむろに測ってみたりと、測定のハードルが低くなった気がします。

オムロンHEM-7600Tのスペック

白と黒の2種類
HEM-7600T-W HEM-7600T-B
価格
\19,880(税別
重さ
約240g 電池含みません
外形寸法
幅:85㎜ 高さ:120㎜ 奥行:20㎜
電源
単4アルカリ電池×4個
対応腕周
22~42㎝

電池は割とルーズな私の計測頻度で使っていると2~3ヶ月以上は持ってます。以前使っていたチューブ式の機種をコンセントに繋がず、電池を電源にして使っていた時は数えられる程しか電池が持たなかったので、HEM-7600Tのあまりの電池の持ちを不思議に思いながら使っています。

スマートフォンと連携 オムロンコネクト

iPhone Android のアプリでデータ管理ができます。
OMRON connect(オムロン コネクト)測定中はアプリを起動して使っています、測定結果がでて数10秒後にBluetoothで連携されてデータが転送されます。日々の測定をグラフで表示できます。
測定した記録をメールやクラウドサービスなどに出力できるので。
パソコンで管理したい場合も問題ありません。出力されるデータはCSV形式です。
オムロンのクラウドサービスOMRON connect クラウドに登録するとバックアップを取ってくれるので、スマートフォンを機種変更したときに、計測データを引き継げます。

測定結果は内臓のメモリに数日分記憶してくれますが、筆者の使い方として、壊れたり電池が切れたら元も子もありませんので測定したらすぐにコネクトに転送するようにしています。
チューブ式の血圧計が壊れたようにこの機種も長年使っていれば突然なにが起こるとも限りませんから。

まとめ

オムロンHEM-7600T の最大の特徴は機能本体と立体構造のカフと電源が一体となった上腕式であることです。
チューブが無く非常にコンパクトな為、扱いがすごく楽。

立体構造のカフも工夫されて、左右の位置を気にすることなく測定できるので血圧測定に慣れてない人でも迷いなく扱えると思います。

サッと取り出しサッと測ってサッと終える

勤務先で使用するのにも適していると思います。見た目もカッコいいし。

アプリの管理はもちろん、データを出力できるのでパソコンでも管理できます。
かかりつけの医師に見せる血圧手帳の代わりに使えるでしょう。

日々忙しいなか時間の間を縫って測定する事もあります、出来るだけ手間をかけないで測りたいと思う人には最適な血圧計だと思います。