Googleスプレッドシート [Googleスプレッドシート]隠したい列・行をグループ化して折りたたむ整理術|巨大なデータの視認性がUP

[Googleスプレッドシート]隠したい列・行をグループ化して折りたたむ整理術|巨大なデータの視認性がUP

google-spreadsheet_group_fold-up_topimage

Googleスプレッドシートで作成したデータが大きくなると

「この範囲の値は今関係ない情報だから非表示にしたい」

「知りたい値の範囲が下の方にあって、毎回探すのが大変」

その様な事ありませんか?


Googleスプレッドシートには、列や行をまとめてグループ化できる機能があり、特定の範囲を折りたたんで隠す事ができます

この記事では、「A群の情報」と「B群の情報」などのように、情報を分けることができて、

データを整理するのにも役立つ「グループ化」の使い方を紹介します。


OCNモバイルONE

Googleスプレッドシートで隠したい列・行をグループ化する

Googleスプレッドシートで列や行の範囲をグループ化するのは非常に簡単です。

隠したい列をグループ化する

列をグループ化するには、まず、折りたたみたい範囲の列を選択。

右クリックメニュー > 列○~○をグループ化

または

メニューバーから データ > 列○~○をグループ化(Alt + Shift + →)

隠したい列をグループ化する


グループ化されると、列番号の上に「-」が表示されました。

列番号の上に「-」が表示されました


その「-」をクリックするとグループ化した範囲(この例では「DEFG」)の列が折りたたまれ、非表示に状態にできます。

折りたたまれた状態になると、「-」が「+」に変わります。

折りたたまれた状態になると、「-」が「+」に変わります

隠したい行をグループ化する

行をグループ化するには、まず、折りたたみたい範囲の列を選択。

右クリックメニュー > 行○~○をグループ化

または

メニューバーから データ > 行○~○をグループ化(Alt + Shift + →)

隠したい行をグループ化する


グループ化されると、行番号の左側に「-」が表示されました。

行番号の左側に「-」が表示されました


その「-」をクリックするとグループ化した範囲(この例では「埼玉県」)の行が折りたたまれ、非表示に状態にできます。

折りたたまれた状態になると、「-」が「+」に変わります。

折りたたまれた状態になると、「-」が「+」に変わります

入れ子でグループ化

「この情報を示すデータは表示する必要無いけど、下3行のデータだけは残したい」

その様な場合は、グループ化した範囲を、入れ子にしてグループ化すると便利。


グループ化した範囲の列・行を含めて選択し、再び同じ手順でグループ化します。

この例では、グループ化した列「F・G・H・I」と、追加で「E」を選択しグループ化

グループ化した列「F・G・H・I」と、追加で「E」を選択しグループ化


すると、最初にグループ化した範囲を入れ子にしてグループ化されました。

最初にグループ化した範囲を入れ子にしてグループ化されました


グループを入れ子にすると、「E・F・G・H・I」列全てを折りたためますが、

「F・G・H・I」列だけを折りたたんで、「E」列は開いたままにする事もできます。

「F・G・H・I」列だけを折りたたんで、「E」列は開いたままにす

Googleスプレッドシートでグループ化を解除する

グループ化の解除は、グループ全体の解除と、範囲の一部だけの解除ができます。

グループ化した全てを解除

■操作ボタン「-」「+」の右クリックメニューからグループを削除

グループ化を折りたためる操作ボタン「-」「+」を右クリックし、表示されるメニューから グループを削除

操作ボタン「-」「+」の右クリックメニューからグループを削除

■メニューからグループ化を解除

グループ化した範囲全ての列・行を選択

右クリックメニュー > 行○~○をグループ化を解除

または

メニューバーから データ > 行○~○をグループ化を解除(Alt + Shift + ←)

メニューからグループ化を解除

グループ化の一部を解除

グループ化した範囲から、解除したい列・行を選択。

右クリックメニュー > 行○~○をグループ化を解除

または

メニューバーから データ > 行○~○をグループ化を解除(Alt + Shift + ←)


この例では、グループ化されている「E・F・G・H・I」列から「H・I」を選択し、「グループ化の解除」をクリック

グループ化の一部を解除


グループ化した範囲の一部が解除されます。

グループ化した「E・F・G・H・I」列から、「H・I」だけを解除されました。

グループ化した「E・F・G・H・I」列から、「H・I」だけを解除されました

端以外をグループ解除すると分割される

グループ化された範囲の端以外を解除すると、グループは分割されます。

この例では、グループ化した「E・F・G・H・I」列から、「F・G」を解除したら、「E」列と「H・I」列のグループの2つに分かれました。

端以外をグループ解除すると分割される

グループ化の操作ボタン「-」「+」の位置を移動

グループ化の操作ボタン「-」「+」の位置を、

・列の場合は右左
・行の場合は上下

に移動できます。


機能自体に違いはないので、どの位置が操作しやすいか試してみるのも良いかも知れません。

グループ化の操作ボタン「-」「+」の位置を移動

操作ボタン「-」「+」の位置を変更する場合は1列目・1行目に注意

■グループ化する際は、操作ボタン「-」「+」の位置の設定に注意

操作ボタン「-」「+」の位置の設定を

・列の場合は左
・行の場合は上

に設定した状態のまま、列番号「A」、行番号「1」を含んだグループ化をしようとすると、次のようなアラートが表示されます。

グループ化する際は、操作ボタン「-」「+」の位置の設定に注意


列番号「A」または、行番号「1」を含めたグループ化をする場合は、操作ボタン「-」「+」の位置の設定を

・列の場合は右
・行の場合は下

に戻してからグループ化してください。

■列番号「A」または、行番号「1」を含むグループの、操作ボタン「-」「+」の位置に注意

操作ボタン「-」「+」の位置の設定を

・列の場合は左
・行の場合は上

にした状態で、列番号「A」または、行番号「1」を含んだ範囲を選択し、グループ化をするとアラートが表示され、グループにする事はできません。

しかし、グループ化済みの場合は、列番号「A」または、行番号「1」を含んでいても、位置の変更は可能です。


その場合、グループを折りたたむと操作ボタン「-」「+」は表示されません。

列・行番号の中に「▼」が表示されるので、そのアイコンをクリックするとグループが展開されます。

列番号「A」または、行番号「1」を含むグループの、操作ボタン「-」「+」の位置に注意



注意点:

列番号「A」または、行番号「1」が選択された状態だと「▼」がクリックできません。

一度他の列・行を選択するとクリックできるようになります。

列番号「A」または、行番号「1」が選択された状態だと「▼」がクリックできません

まとめ:作業効率UPやデータ整理にも役立つ「グループ化」

Googleスプレッドシートで、特定の範囲を折りたたんで隠す事ができる機能「グループ化」の使い方を紹介しました。

■隠したい列・行をグループ化する

・列をグループ化するには、まず、折りたたみたい範囲の列を選択。

右クリックメニュー > 列・行○~○をグループ化

または

メニューバーから データ > 列・行○~○をグループ化(Alt + Shift + →)

■グループ化を解除

・グループ化を折りたためる操作ボタン「-」「+」を右クリックし、表示されるメニューから グループを削除

・グループ化した範囲全ての列・行を選択。

右クリックメニュー > 行○~○をグループ化を解除

または

メニューバーから データ > 行○~○をグループ化を解除(Alt + Shift + ←)


作業効率UPやデータ整理にも役立つ機能なので、是非試してみてください。








Twitter Facebook Pocket LINE はてブ

おすすめの関連記事
コチラの記事も読まれています
あわせてよく読まれている記事