MAYA MAYAのアイコン画像 GIMPを使ったXPMファイルの作り方

MAYAのアイコン画像 GIMPを使ったXPMファイルの作り方

maya_gimp_xpm_topimage

現在MAYAのアイコン画像ファイルは主にPNGが使われています。
筆者はMAYAのアイコン画像ファイルといえばXPMの印象が未だに強いです。
すっかり様変わりしたなあという感想です。

ただ完全にXPMが無くなって使われてないかというと、
そうでもなく所々で今も使われています。

表のツールとしては既に消えてしまっていても機能が残っていて同時にアイコンも残っているとか
絵柄を変えてPNGにしたけど、内部的には古いのが残っているとか

xpm_images

ツール上ではPNGが使用されているアイコンでも同じ絵柄のXPM画像のアイコンもあったりします。

import maya.cmds as cmds

window = cmds.window()
cmds.gridLayout( numberOfColumns=4, cellWidthHeight=(64, 64) )
cmds.iconTextButton( style="iconAndTextVertical", image1="polyNormal.xpm", label="xpm")
cmds.iconTextButton( style="iconAndTextVertical", image1="polyNormal.png", label="png")
cmds.showWindow( window )

png_xpm images


pngやjpeg など他の画像ファイルフォーマットをxpmに変換する方法は

 有料ソフト、無料ソフト、ブラウザ上で処理するモノなど

色々ありますが、よく分からない方法は、業務では使いたくないのでGIMP を使います
ちなみにPhotoshopではxpmは作れません

今回はGIMPを使ったXPMファイルの作り方とそのXPMファイルをMAYAで表示するまでを紹介したいと思います。



XPMとは

XPM(X PixMap) 

X Window Systemで使用される画像ファイルフォーマットです。
テキストで記述された画像フォーマットで、アイコン画像に適しています。


GIMPとは

GIMP(GNU Image Manipulation Program)

X Window System向けに制作されたグラフィク編集ソフトウェアです。現在はWinsdows版 MacOS版もあり利用できます。

凄いのは某有名グラフィック編集ソフトウェアに負けないくらいの多くの機能がありながらフリーソフトなところでしょう。

更にプラグインで機能を増やせて、スクリプトも対応、扱えるファイルフォーマットが非常に豊富、凄すぎます。

ただCMYKに対応してないなど(シミュレートするプラグインはあるらしい)
グラフィク関係の仕事、特に印刷業務で使うには難しいですが、個人のHP制作等で使用するには十分だと思います。いや十分すぎます。


GIMPのダウンロード


ダウンロード出来るサイトは様々ありますが。
公式ページ:GIMP – GNU Image Manipulation

[Download]をクリック

Gimp_hp

Show downloads for の項目

GNU/Linux , OS X , Microsoft Windows , All
からインストールするOSを選択して

[Download GIMP 2.10.14 directly] をクリック

gimp_downroad_from_hp

名前を付けて保存 のダイアログが開くので保存場所を選んで[保存]をクリックします。

ダウンロードされました。

gimp_setup_exe


GIMPのインストール


ダウンロードした.exeファイルをダブルクリックで起動します。

使用言語を選ぶリストが出ますが、日本語は選択肢にありません。
とりあえず筆者はEnglishのままにして[OK]をクリック

select_eng

インストールが始まりました。

progres

インストールが終了したら [Finish] をクリック

finish


XPMファイルを作る


GIMPを起動します。

go_gimp

起動しました。

インストール時に使用言語をEnglishのままにして勧めましたが、
メニューなどGUIが日本語になってました

gimp_window

それでは、アイコンにする画像を開きましょう。

ファイル > 開く/インポート

import_image

[画像ファイルを開く] ダイアログから画像を選んで [開く] をクリック

画像ファイルが開きました。

open_image_file

画像のサイズを変更します。

メニューから 画像 > 画像の拡大・縮小

拡大縮小

画像の拡大・縮小が開きました。

幅64 高さ64 にして、[拡大・縮小]をクリック

w64h64

縮小されました。

mini_image_file

xpmファイルとしてエクスポートします。

ファイル > Export As…

を選択します。

export_as

保存のダイアログが開くのでファイル形式の選択 から 

[x PixMap画像] を選択

[エクスポート]をクリック

select_form

xpmファイルが作られました。

xpm_file

作られたxpmファイルをテキストエディタで開いてみます。

テキスト(ASCII)で色々と羅列されてます。

ascii_text


MAYAにPythonで表示する


このファイルをPythonスクリプトで画像データとしてMAYAで表示してみましょう。

import maya.cmds as cmds

imagePath = "C:/Users/userdata/Pictures/prof1_big.xpm"

window = cmds.window()
cmds.gridLayout( numberOfColumns=4, cellWidthHeight=(64, 64) )
cmds.iconTextButton( style='iconOnly', image1=imagePath )
cmds.iconTextButton( style='iconOnly', image1="polyChipOff.xpm" )
cmds.iconTextButton( style='iconOnly', image1="polyNormal.xpm" )
cmds.iconTextButton( style='iconOnly', image1="menuIconDisplay.xpm" )
cmds.showWindow( window )

実行します。

他のアイコンと共に表示されました。

xpm imge_in MAYA


最後に


スクリプトツールのアイコンは通常であればPNGでもちろん何の問題もないですし、
むしろ今のMAYAに合わせる意味でPNGにするべきだと思います。

ただテキスト画像フォーマットである事で、スクリプトツールを作る上で面白い事、便利なことに利用できそうです。

スクリプトツールを配る時の画像ファイルを何とかしたいとか、いろいろと。

MAYAのスクリプトツールを作成する時にアイコンをPNGだけではなくXPMも候補にしてみるのはいかがでしょうか。


おすすめの関連記事:


コチラの記事も読まれています
あわせてよく読まれている記事