MAYA [注意]Mayaセキュリティツールで問題が駆除されないシーンの開き方は危険|マルウェアからMAYAを守りましょう

[注意]Mayaセキュリティツールで問題が駆除されないシーンの開き方は危険|マルウェアからMAYAを守りましょう

maya_icon_topimage

2020年6月27日以降、特定の悪意あるスクリプトの影響を受けるとMAYAの動作を妨げるマルウェアが確認されました。

https://area.autodesk.jp/information/securitytools/

問題の症状は、

・無限ループが開始して、Mayaが応答しない
・UI が応答しない
・特定のファイルを開けない

など、さまざま。

このマルウェアはシーンファイルに組み込まれているため、感染したシーンを知らずに開いてしまう可能性があり、

また、感染したMAYAで他のシーンを扱うと、そのシーンにも伝染してしまう非常に厄介な代物です。


このマルウェアに対応する「 Maya Security Tool 」がオートデスクから公開されていて、このツールを有効にするとシーンファイル感染したマルウェアを駆除してくれます。

しかし、「 Maya Security Tool 」を有効にしたのにもかかわらず、使い方を間違い、駆除されないケースが報告されているようです。

折角マルウェアを駆除する「 Maya Security Tool 」を有効にしても、これでは意味が有りません。

この記事では、注意喚起の意味も込めて、「 Maya Security Tool 」を有効にしたMAYAの正しい運用の仕方を紹介します。


Autodesk(オートデスク)


「 Maya Security Tool 」がマルウェアを駆除するタイミング

シーンファイル感染したマルウェアに対応する「 Maya Security Tool 」のプラグインを有効にすると、シーンファイルをロードするタイミングでスキャンできます。

しかし、「 Maya Security Tool 」が有効になる前にシーンファイルをロードすると、当然スキャンされず駆除できません。

例えば、

・.baや.maをダブルクリック
・デスクトップ上のMayaの起動アイコンにドラッグ&ドロップ

この様な仕方の場合、MAYAが起動し直ぐにシーンファイルを開きます。

つまり「 Maya Security Tool 」が有効になる前に開いてしまいます。

結果として、シーンファイルに感染したマルウェアを駆除できず、MAYAが不具合を引き起こしてしまう。

「 Maya Security Tool 」を有効にする

メニューの Windows(ウィンドウ) > Aettings/Preferences(設定/プリファレンス) > Plug-in Manager(プラグインマネージャ) クリック

Plug-in Manager(プラグインマネージャ)で次のプラグインを有効にします。

・MayaScanner.py
・MayaScannerCB.py


MayaScanner.py は 、対象のファイルやMAYA自体を手動でスキャンできます。
MayaScannerCB.py は、ファイルを Maya にロードする際のアクティブ スキャンが有効になります。

シーンファイルをロードするタイミングでスキャンするには「MayaScannerCB.py」を有効にするのを忘れずに。

・MayaScanner.py ・MayaScannerCB.py

ファイル(baや.ma)または、Maya 自体を手動でスキャン

Plug-in Manager(プラグインマネージャ)で、MayaScanner.py を有効にすると、

File(ファイル) > Scan > Scan File… / Scan Current Scene が使用できます。


Scan File… :Mayaファイル(.baや.ma)を手動でスキャン。
Scan Current Scene :Maya自体(現在ロードされているシーンを含む)を手動でスキャン。

Scan File... / Scan Current Scene


試しに、MAYAシーンファイルをスキャンしてみてはどうでしょう。

Scan File… をクリック。

ファイルダイアログでMAYAファイルを選択し「Scan」をクリック。

シーンファイルがロードされ、テキストエディタに

「Autodesk.MayaScanner : Scan Completed: no issues found」と表示されました。

ロードしたシーンファイルに問題は無かったようです。

Autodesk.MayaScanner : Scan Completed: no issues found

Mayaの安全なシーンファイルの開き方

Plug-in Manager(プラグインマネージャ)で、MayaScannerCB.py を有効にすると、シーンファイルをMAYAにロードするタイミングでスキャンされます。

しかし前述の通り、

・.baや.maをダブルクリック
・デスクトップ上のMayaの起動アイコンにドラッグ&ドロップ

この様な仕方の場合、MAYAが起動し直ぐにシーンファイルをロードしてしまうため、アクティブ スキャンが有効になりません。


シーンファイルをMAYAにロードするタイミングでスキャンするには、次の何方かの方法で運用します。

MAYAを起動後に、メニューの「Open Scene…」でファイルを選択・ロード

又は

コマンドプロンプト(mayaやmatabatch)でファイル名を指定してMayaを起動

どちらの方法もMaya起動後にファイルをロード・読み込むので正しく駆除が実行されます。

まとめ:正しい運用でマルウェアからMAYAを守りましょう

知らず識らず感染したシーンファイルを開いてしまう可能性がある厄介なマルウェア

このマルウェアに対応する「 Maya Security Tool 」がオートデスクから公開されていていますが、使い方を間違うと意味が有りません。

問題がおきてからでは遅いので、正しい運用でマルウェアからMAYAを守りましょう。

■Plug-in Manager(プラグインマネージャ)で次のプラグインを有効にします。

・MayaScanner.py
・MayaScannerCB.py


■MAYAファイルまたは、Maya自体を手動でスキャンする

File(ファイル) > Scan > Scan File… / Scan Current Scene


■シーンファイルを開く場合は次の方法

MAYAを起動後に、メニューの「Open Scene…」でファイルを選択・ロード

又は

コマンドプロンプト(mayaやmatabatch)でファイル名を指定してMayaを起動








Autodesk(オートデスク)

Twitter Facebook Pocket LINE はてブ

おすすめの関連記事
コチラの記事も読まれています
あわせてよく読まれている記事