MAYA [MAYA2022]ピボットを他のオブジェクトへスナップして、異なるオブジェクトの角度に沿って移動する方法

[MAYA2022]ピボットを他のオブジェクトへスナップして、異なるオブジェクトの角度に沿って移動する方法

maya2021_snap-pivot-to-other-objects_topimage

MAYA2022で追加された機能は大小さまざまありますが、あまり大きくフューチャーされてない機能の中には「コレ便利!」と言えるものもあったりします。

今回取り上げる機能「ピボットを編集(Edit Pivot)モード」もその一つ

「ピボットを編集(Edit Pivot)モード」は、移動ツールのオプションに追加された機能で、この機能を有効にすると、オブジェクトのピボットを他のオブジェクトのエッジまたは頂点にスナップできるようになります


オブジェクトのピボットを他のオブジェクトのエッジまたは頂点にスナップできると何が良い事あるの?


例えば、斜めに傾いたオブジェクトに何かしらの部品パーツを付ける場合に役に立ちます。

斜めに傾いているオブジェクトの適切な位置に部品パーツを合わせようとしても、部品パーツのピボットの角度と、傾いてるオブジェクトの角度に関連性が無いので位置わせが難しい。

傾いてるオブジェクトの角度に関連性が無いので位置わせが難しい
▲部品パーツは傾いてるオブジェクトの角度に合わせて移動出来ない。


しかし「ピボットを編集(Edit Pivot)モード」を使って、傾いたオブジェクトピボットを部品パーツの頂点にスナップすれば、傾いてるオブジェクトの角度に沿って移動させることが可能になります


この記事では、MAYA2022で追加された移動ツールのオプション「ピボットを編集(Edit Pivot)モード」を使って、ピボットを他のオブジェクトのエッジまたは頂点にスナップ、そして角度の違うオブジェクトに対して簡単に位置合わせを可能にする方法を紹介します。


Autodesk(オートデスク)


MAYA2022の追加オプション、ピボットを他のオブジェクトへスナップする

「ピボットを編集(Edit Pivot)モード」で傾いたオブジェクトのエッジのピボットを部品パーツの頂点にスナップし、オブジェクトの角度に沿って部品パーツを移動出来るようにしたいと思います。

MAYA2022の追加オプション、ピボットを他のオブジェクトへスナップする

傾いたオブジェクトのエッジのピボットを部品パーツの頂点にスナップ

まず部品パーツを選択し、移動ツール(Move Tool)の設定を表示。

Pivot項目の「ピボットを編集(Edit Pivot)」をクリック、モードを有効にします。

傾いたオブジェクトのエッジのピボットを部品パーツの頂点にスナップ


ピボットを編集(Edit Pivot)モードを有効にすると、傾いたオブジェクトのエッジを選択できるようになるので、移動させたい角度のエッジをクリックします。

エッジをクリックすると、エッジのピボットが表示されました。

エッジをクリックすると、エッジのピボットが表示されました


あとは、通常のピボットを操作するのと同様に、キーボードの[d]を押してピボットを移動モード変更、スナップホットキー[v]で部品パーツの中心の頂点にスナップします。

スナップホットキー[v]で部品パーツの中心の頂点にスナップ

傾いたオブジェクトの角度に沿って部品パーツを移動

部品パーツの中心の頂点にピボットをスナップしたら、移動ツールの設定の「ピボットを編集(Edit Pivot)」をクリックしモードを無効にします。

傾いたオブジェクトの角度に沿って部品パーツを移動


部品パーツにスナップしたピボットは、傾いたオブジェクトのエッジと同じ角度で移動できるようになりました。
これで、オブジェクトの角度を気にすること無く、部品パーツの位置あわせができます。

傾いたオブジェクトのエッジと同じ角度で移動できるようになりました



[PR]テックジム|ゼロからはじめるPython入門講座の申込み

まとめ:MAYA2022の追加オプション「ピボットを編集(Edit Pivot)モード」

MAYA2022の追加オプション「ピボットを編集(Edit Pivot)モード」を使って、ピボットを他のオブジェクトのエッジまたは頂点にスナップ、そして角度の違うオブジェクトに対して簡単に位置合わせを可能にする方法を紹介しました。

今回は移動ツール(Move Tool)だけを取り上げましたが、回転ツール(Rotate Tool)、スケール ツール(Scale Tool)にも「ピボットを編集(Edit Pivot)モード」のオプションがあるので、試してみてください。

なにか便利な利用方法が見つかるかもしれませんよ。









【TechAcademy/テックアカデミー】

週2回のビデオチャットや、毎日のチャットサポート、現役プロのメンターから課題のレビューを無制限に受けられる等、 マンツーマンのサポートで基礎からしっかり学習できます。

プログラミングやデザインなど沢山のコースがありますが、ユニークなのは「Python + AI」「Unity + iPhoneアプリ」のような複数のコースを受講できるお得な「セット割り」がある事。

機械学習の基礎が学べる「Pythonコース」
短期間でPython・機械学習が学べるコースPythonを基礎から学び、機械学習プログラムの開発をめざします。
Unityコース
短期間でゲームアプリを開発出来るようになるコースUnityの操作方法とゲームを動かす為のスクリプト、C#を学べます。


Autodesk(オートデスク)

Twitter Facebook Pocket LINE はてブ

おすすめの関連記事
コチラの記事も読まれています
あわせてよく読まれている記事