liquidjumper MAYA [Maya2022]保存時に表示される中国語の警告に対処するセキュリティーツール

[Maya2022]保存時に表示される中国語の警告に対処するセキュリティーツール

maya_maya-security_topimage

MAYAでシーンを保存する際に、スクリプトエディタ(Script Editor)に中国語の警告メッセージが表示される原因と対処法がオートデスク公式サイトのMAYAサポートページに掲載されています。

Maya2022にはこの問題に対応する為のセキュリティツールが標準でインストールされますが、初期設定では有効になっていないので、MAYA2022をインストールしたら有効にするのをオススメします。


Autodesk(オートデスク)


MAYAのシーン保存時に表示される中国語のwarningメッセージ

問題:

シーンを保存すると

#Warning: 你 的 健 文~康 ~

又は

#Warning:?????~?????

等のメッセージがスクリプトエディタ(Script Editor)に表示される。


オートデスク公式サイト MAYAサポートページ:https://knowledge.autodesk.com/ja/support/maya/troubleshooting/caas/sfdcarticles/sfdcarticles/JPN/Chinese-warning-message-when-saving-a-scene-in-Maya.html

MAYAのシーン保存時に表示されるwarningメッセージの原因

サードパーティーによって書かれたスクリプトで、マルウェア感染によって作られたファイルが原因のようです。

表示されるwarningメッセージの対処法

対処法:

Maya2022ではこの問題に対応するセキュリティツールが標準でインストールされますが、初期設定では有効になっていません。

MAYA2022をインストール後に、このセキュリティーツールを使用するには設定で有効にする必要があります。

メニューから Windows(ウィンドウ) > Settings/Preferences( 設定/プリファレンス) > Plug-in Manager(プラグイン マネージャー) を選択。

Windows(ウィンドウ) > Settings/Preferences( 設定/プリファレンス) > Plug-in Manager(プラグイン マネージャー)


Plug-in Manager(プラグイン マネージャー)で MayaScanner  を見つけ有効にしてください。

プラグイン MayaScanner


プラグインが見当たらない、又はMaya2022以前のバージョンを使用している場合はオートデスク公式サイトから、Security Tools for Autodesk Maya をダウンロードしてインストールします(1.0.2以上のバージョンであることを確認)。

その後に、 Windows(ウィンドウ) > Settings/Preferences( 設定/プリファレンス) > Plug-in Manager(プラグイン マネージャー) でMayaScanner を有効にしてください。

オートデスク公式サイト:https://apps.autodesk.com/MAYA/en/Detail/Index?id=8637238041954239715&os=Win64&appLang=en&_ga=2.167217336.764801763.1615159974-1125291765.1582719026

Security Tools for Autodesk Maya 

セキュリティーツールを有効にしても表示される場合

セキュリティツール(MayaScanner) を有効にしても表示される場合は、Maya終了時に生成される以下のファイルを削除してください。

MAYA終了後に生成されるファイルなので、Mayaを終了させてから削除。

C:/Administrator/Documents/maya/scripts/vaccine.py,vaccine.pyc,userSetup.py



【デジハリONLINEの 基礎動画 + AdobeCC一年ライセンス のお得プラン】

Adobeのプラチナパートナーに認定されているデジタルハリウッドのオンラインCGスクール「デジハリONLINE」が提供する「Adobeマスター講座」
基礎動画教材とAdobe creative cloudの一年版ライセンスがセットになった、コスパ最強のパッケージプランです。

学習ノルマは一切ありません。AdobeCCだけを目的に契約してもOK!

>> デジハリONLINE「Adobeマスター講座」







Autodesk(オートデスク)

Twitter Facebook Pocket LINE はてブ

おすすめの関連記事


あわせてよく読まれている記事