MAYA Maya-水滴を生成するシンプルなPythonスクリプト[Water Drop Generator]

Maya-水滴を生成するシンプルなPythonスクリプト[Water Drop Generator]

maya_python-script-tool_water-drop-generator_topimage


野菜やフルーツを新鮮に魅せるのに“シズル感”は大事な要素の一つ。

また、缶やコップ、ボトルに入った飲み物を“冷え冷え”に感じさせるのには表面に浮き出る雫が重要。

"シズル感"は大事な要素


3DCGでその様な表現をする場合は、エフェクトを使って処理する事が多いとは思いますが、動きの無いモデルで良いのなら、チャチャッとスクリプトツールで簡単に作ってしまう方が早いかも。

今回紹介するスクリプトツールは、Zeno Pelgrims氏がPythonで作成したMAYA用スクリプト
「Water Drop Generator」です。

このスクリプトはオブジェクトの表面に水滴を配置するもので、尚且ボタンを押すだけの簡単操作。

処理結果は決して完璧とは言えませんが、手早く処理したいならアリなツールだと思います。

2014年に作られた古いツールではありますが、最新のMAYA2022でも実行できるのが確認できたので試してみてはいかがでしょう。

「Water Drop Generator」 紹介サイト:lesterbanks.com



Autodesk(オートデスク)

「Water Drop Generator」のセットアップ

まずは「Water Drop Generator」のセットアップから。

「Water Drop Generator」はPythonスクリプトなので、ダウンロードしたPythonファイルを、MAYAのスクリプトフォルダに置くだけで完了します。
※例えば「C:\Users\ユーザー名\Documents\maya\MAYAのバージョン\scripts」とか


Maya用の「Water Drop Generator」スクリプトはGithubのページに移動し、右上の「Download ZIP」をクリック。ZIPファイルをローカルPCにダウンロードします。

Githubのページからダウンロード


github.com からダウンロードしたZIPファイルを展開します。

フォルダを開くと中にPythonスクリプト「waterDrops.py」があるので、それをMAYAのスクリプトフォルダに移動。これで「waterDrops.py」が使えるようになりました。


「Water Drop Generator」の使い方

MAYAを起動し、スクリプトエディタ又はコマンドラインに、Pythonスクリプトを入力し実行。

import waterDrops


「waterDrops.py」がロードされ「Water Drop Generator」のパネルが表示されます。

「Water Drop Generator」のパネル


水滴を生成させるメッシュオブジェクトを選択し、「Base Object」の項目のボタン[Select]をクリック。ベースオブジェクト設定します。

「Base Object」の項目のボタン[Select]をクリック


次に、水滴の頻度に応じて「Density(密度)」そして「Minimum Size(水滴の最小サイズ)とMaximum Size(最大サイズの範囲)」を指定。

「Density(密度)」そして「Minimum Size(水滴の最小サイズ)とMaximum Size(最大サイズの範囲)」を指定。


「make it rain baby」をクリックすると実行されますが、「Density(密度)」の値が大きすぎてメッシュに配置できずにエラーが返される場合は、必要に応じで「Subdivide Mesh」をクリックし、その後に「make it rain baby」をクリックしてください。

「make it rain baby」をクリックすると実行
▲「Subdivide Mesh」をクリックするとメッシュオブジェクトを元にsubDProxyオブジェクトが生成されます。


「Subdivide Mesh」をクリックし実行すると、選択したメッシュオブジェクトの表面に水滴が配置されました。
※決して処理は早くないので、スクリプトエディタは閉じるか最小化しておくのが良いでしょう。

メッシュオブジェクトの表面に水滴が配置されました

まとめ:水滴のモデリングを手早く処理したいならアリ

メッシュオブジェクトの表面に水滴を生成するPythonスクリプトツール「Water Drop Generator」を紹介しました

記事中でも書いたように、決して完璧な結果を求められるものではありませんが、水滴のモデリングを手早く処理したいならアリなツールだと思います。

Pythonスクリプトなので、スクリプトフォルダに置くだけでセットアップは完了します。試しに使ってみてはどうでしょうか。






【TechAcademy/テックアカデミー】

週2回のビデオチャットや、毎日のチャットサポート、現役プロのメンターから課題のレビューを無制限に受けられる等、 マンツーマンのサポートで基礎からしっかり学習できます。

プログラミングやデザインなど沢山のコースがありますが、ユニークなのは「Python + AI」「Unity + iPhoneアプリ」のような複数のコースを受講できるお得な「セット割り」がある事。

機械学習の基礎が学べる「Pythonコース」
短期間でPython・機械学習が学べるコースPythonを基礎から学び、機械学習プログラムの開発をめざします。
Unityコース
短期間でゲームアプリを開発出来るようになるコースUnityの操作方法とゲームを動かす為のスクリプト、C#を学べます。


BTOパソコンの草分け的ブランドFRONTIER(フロンティア)

3DCG/動画編集/そしてゲームプレイに。
用途に合わせてCPUやGPUなどパーツを自由に選べて、コスパにもこだわる方にオススメ。


>>【FRONTIER】


【デジハリONLINEの 基礎動画 + AdobeCC一年ライセンス のお得プラン】

デジタルハリウッドのオンラインCGスクール「デジハリONLINE」が提供する、60時間の基礎動画とAdobe creative cloudの一年版ライセンスがパッケージされた、コスパ最強の講座プラン

「Adobeマスター講座」

受講ノルマは一切無し、Adobe製品の利用を目的に契約してもOK!

>>デジハリONLINE講座申込

▶︎基礎動画教材付きAdobe Creative Cloudを年額39,980円(税込)のお得な価格で使用する方法


Autodesk(オートデスク)

Twitter Facebook Pocket LINE はてブ

おすすめの関連記事
コチラの記事も読まれています
あわせてよく読まれている記事
タグ: ,