liquidjumper 雑記 オートデスクが最新の2D/3D CADソフトウェア「AutoCAD 2023 」をリリース

オートデスクが最新の2D/3D CADソフトウェア「AutoCAD 2023 」をリリース

autodesk_autocad2023_release_topimage

オートデスクは2D/3D CADソフトウェアの最新バージョン「AutoCAD 2023 」を公開しました。


AutoCAD 2023の新機能は、プロセスとコラボレーションの自動化をさらに進め、図面へのフィードバックの追加、プロセス改善のためのインサイトの確認、Web からの LISP API の活用など、変化する業務の性質を念頭に置いて設計されています。

オートデスク公式サイト>> Autodesk


私たちは AutoCAD の未来に期待し、急速に進化するお客様のモダンワークフローに対応することをお約束します」と述べています。”マークアップインポートとマークアップアシスト、そしてマイインサイトで。機械学習を搭載したAutoCAD 2023のMacro Advisorでは、ユーザーがAutoCADで過ごす時間を効率的で生産的なものにし続けられるように努めています。私たちが開発している自動化と洞察は、最新技術を活用し、ユーザーを全く新しい設計成果へと導き続けます。

AutoCAD プロダクトマネジメントディレクター:Dania El Hassan


■「AutoCAD 2023 」新機能

・新しいマークアップインポートとマークアップアシスト機能は、図面にフィードバックを自動的に取り込み、エラーのリスクを減らし、時間を節約するのに役立ちます。

・マウスを数回クリックするだけで、トレースレイヤーから書き込んだコメントやフィードバックを追加できます。

・オートデスクの統合機能を利用すれば、プロットなどのタスクをより少ない手間で管理し、カスタマイズをより柔軟に行うことができます。

・AutoCAD の Web アプリで LISP API を使用して、どこにいても、どのコンピュータでも、AutoCAD エクスペリエンスをカスタマイズし、繰り返し行うプロセスを自動化することができます。

・AutoCAD 2023 のクラウド初となるシートセットマネージャーでは、Autodesk Docs からシートセットをより速く開くことができるようになりました。

・オートデスクのクラウドプラットフォームを使用することで、チームメイトとの間で Autodesk Docs のシートセットを送信したり開いたりすることが、より迅速かつ安全に行えるようになりました。


■AutoCAD Web/モバイルアプリ

AutoCAD 2023とAutoCAD Web/モバイルアプリは、あらゆるCADソフトウェアの中で最も包括的なWeb/モバイル機能を提供します。

デスクトップ、ウェブ、モバイルデバイスから、AutoCADの図面の設計、作図、編集、共有、マークアップを柔軟に行うことが可能で、AutoCAD Web アプリでは、図面テンプレート、作図スタイル、その他のサポートファイルをアップロードし、会社の作図基準に適合した DWG ファイルを作成することができます。

また、電気、機械、建築、配管、プラント設計などに役立つ数千もの部品、シンボル、ダイアグラムを備えた7つの業界別ツールセットを AutoCAD で活用することができます。

例えば、建築ツールセットでは、壁、ドア、窓を実際の建築プロパティを用いて素早く図面に配置することができます。

ツールセットは 2023 年に更新され、オートデスク プラットフォームへの接続とデータの取得、スプレッドシートからのデータのインポートと編集、ファイルをすばやくフィルタリングしてプロジェクトを検索、プロジェクトの繰り返しなど、生産性を最大化しプロジェクト サイクルを短縮するためのさまざまな機能が提供されます。



Autodesk(オートデスク)


新しいマークアップインポートとマークアップアシストでフィードバック実装時間を短縮

画像参照:オートデスク公式ブログ


新しいマークアップインポートとマークアップアシストにより、フィードバックを迅速に送信し、設計に反映させコラボレーションとリビジョンを簡単に行うことができます。

マークアップインポートを使えば、現場からのフィードバックを印刷された紙やPDFで受け取り、AutoCADのトレースレイヤーとして取り込むことができます。

AutoCAD はマークアップを検出し、オブジェクトに変換、その後、マークアップアシストにより、ボタンをクリックするだけで、テキストやオブジェクトを図面に自動的に追加することができます。


My Insights(マイインサイト)で生産性を高めるためのヒントを得る事が可能に

画像参照:オートデスク公式ブログ


My Insights では、ユーザー独自の AutoCAD の使用方法に基づき、ユーザー専用にカスタマイズされた新機能やワークフローについて学ぶことができます。

機械学習アルゴリズムを用いて精選されたインサイトを提供し、作業のスピードアップを支援するアドバイザリーエンジン「マイインサイト」は、最も頻繁に繰り返されるワークフローを自動化する推奨マクロという形で、作業中にインサイトを提供するようになりました。

スタートタブのダッシュボードでは、パーソナライズされたさまざまな使用状況のインサイトを確認できるほか、マクロインサイトは、作業中の画面下部に通知として表示されます。

これらのマクロの提案をクリックすると、新しいコマンドマクロパレットが表示され、詳細を確認したり、提案されたマクロを保存したり、ニーズに合わせてマクロをカスタマイズしたりすることができます。


LISP API for AutoCAD Web で、どこでもワークフローをカスタマイズし、自動化することが可能に

画像参照:オートデスク公式ブログ


外出先でも、現場でも、どんな場所でも、AutoCADのWebアプリでLISPを使用して一連の作業を自動化するための独自のカスタマイズを作成することができます。

デスクトップの AutoCAD と同じように LISP ファイルを読み込み、LISP コマンドを入力することで、より速く設計を完成させることができます。

この機能は、AutoCADのサブスクライバーにのみ提供されます。


AutoCAD 2023 の機能拡張と性能向上

AutoCAD 2023 では、ユーザーエクスペリエンスを向上させるために、いくつかの機能が強化されています。

・フローティングウィンドウに独自のコマンドラインを持たせることが可能に。コマンドラインは、どのアクティブウィンドウでも利用できます。

・トレースが強化され、Webやモバイルアプリに加えて、AutoCADデスクトップからもトレースレイヤーを作成、さらに他の人が作成したトレースに追加できるようになり、コラボレーション能力がさらに向上しました。

・設計変更のメモやマークアップを、既存の図面を変更することなく、AutoCADの図面に直接安全に追加することが可能に。

・カウント機能が強化され、選択したエリア内を含むオブジェクトのカウントを自動化することができます。

・カウントツールバーに追加された機能により、カウントされたオブジェクトの選択、矢印キーによる前後のカウントオブジェクトへの移動、表やテキストへのカウントフィールドの直接挿入が可能です。

・AutoCAD 2023 では、グラフィックスが更新され、シェーディング、エッジ付きシェーディング、ワイヤーフレームビジュアルスタイルを使用すると、3D オブジェクトのレンダリングが従来比で最大 10 倍速くなりました。


AutoCAD 2023 for Mac

AutoCAD 2023 for Macも発売されます。


AutoCAD 2023 を今すぐ始める

AutoCAD 2023 は、オートデスク アカウントにログインし、最新リリースをダウンロードすれば、今すぐ新機能を試すことができます。

まだオートデスク アカウントに加入していない方は、AutoCAD 2023 の 30 日間無料トライアルを試してみてください。


AutoCADの詳細・ダウンロード>> AutoCAD

オートデスク公式サイトで詳細を確認>> Autodesk





Autodesk(オートデスク)

Twitter Facebook Pocket LINE はてブ

おすすめの関連記事


あわせてよく読まれている記事
タグ: , ,