Photoshop 【Photoshop CC 2021】輪郭に沿ってパスを作成|テスト運用版の新機能「コンテンツに応じたトレースツール」を使う方法

【Photoshop CC 2021】輪郭に沿ってパスを作成|テスト運用版の新機能「コンテンツに応じたトレースツール」を使う方法

photoshop_preview_pentool_tracing_topimage

新機能「コンテンツに応じたトレースツール」は、被写体の境界線にカーソルを合わせてクリックするだけで、被写体の輪郭に沿ってパスを作成してくれます。

画像内の被写体をパスで囲むのは一苦労。画像を拡大して輪郭を追いながらパスを繋げる作業は、軽く気合を入れないと途中で挫折しかねません。

Photoshopにはその労力を軽減するツールが様々備わっていますが、輪郭をパスで追う必要な事に変わりはありません。

「簡単に輪郭のパスを作成してくれる機能があれば良いのに」

Photoshop には正式版ではないテスト段階の機能を試験運用できる設定があります。そしてAdobeMAX2020で発表されたPhotoshop2021は被写体の輪郭を自動判別し、パス描画してくれるテスト版ツール「コンテンツに応じたトレースツール」が試用できます。

この記事では、Photoshop2021でテスト版の新機能「コンテンツに応じたトレースツール」を試験運用する方法を紹介します。


Photoshop2021でテスト版「コンテンツに応じたトレースツール」を使えるようにする

プレビュー段階の機能は実用レベルでは無い為、標準の状態では表示されません。テスト運用版の「コンテンツに応じたトレースツール」を試用運用するには事前に設定をする必要があります。

メニューバーから Win) 編集 > 環境設定 > テクノロジープレビュー 、Mac) Photoshop > 環境設定 >テクノロジープレビュー を選択します。

テクノロジープレビュー


もしくは、Win)[Ctrl] + K 、Mac)[command] + K で環境設定を表示、カテゴリーで「テクノロジープレビュー」を選択。

テクノロジープレビューで「コンテンツに応じたトレースツール」を有効にします。「OK」を押して閉じ、Photoshopを再起動します。

「コンテンツに応じたトレースツール」を有効


Photoshopのツールバーのペンツールに「コンテンツに応じたトレースツール」が追加されました。

「コンテンツに応じたトレースツール」が追加


ペンツールに「コンテンツに応じたトレースツール」が追加表示されない場合は、メニューバーから 編集 > ツールバーをカスタマイズ  を選択。

編集 > ツールバーをカスタマイズ


“ツールバーをカスタマイズ”でペンツールに「コンテンツに応じたトレースツール」を追加します。

「コンテンツに応じたトレースツール」を追加


「コンテンツに応じたトレースツール」を使用するには、環境設定 の [パフォーマンス]カテゴリーで、「グラフィックプロセッサーを使用」を有効にする必要があります。

「グラフィックプロセッサーを使用」を有効

テスト版「コンテンツに応じたトレースツール」で被写体の輪郭をパスで描画する

この画像内の恐竜を「コンテンツに応じたトレースツール」を使ってパスで囲んでみたいと思います。

画像内の恐竜
Various animal toy figures in a colorful background


ツールメニューから「コンテンツに応じたトレースツール」を選択します。

「コンテンツに応じたトレースツール」を選択


「コンテンツに応じたトレースツール」のオプションバーにあるトレーシングで[詳細][通常][簡易]から選択します。[詳細]は被写体の内側のディテールも詳細に検出するので、被写体の輪郭を検出するのが目的なら[通常]又は[簡易]で十分だと思います。

トレーシングで[詳細][通常][簡易]


トレーシングの項目を選ぶと、画像が暗くなり検出したディテールが青線で表示されます。

ディテールが青線で表示


輪郭の検出が十分でない場合は、オプションバーのディテールの数値を変更します。数値が大きくなるほど検出範囲が広がります。ディテールの文字にカーソルを重ねると左右に動かして数値を変更できます。

ディテールの数値を変更

より多くのディテールが検出されました。

ディテールが検出



輪郭の検出結果に納得したら、カーソルを被写体の輪郭付近に近付けます。すると、輪郭に沿って検出された点線が表示されるのでその場でクリックします。

カーソルを被写体の輪郭付近に近付けます


被写体の輪郭に沿ってパスが描画されました。

パスが描画されました


続けて他の場所のパスも描画します。検出されない場所は、オプションバーのトレーシングとディテールの値で再調整できます。


描画されたパスが繋がっていない場合は、オプションバーから「パスを検出されたエッジで延長」を選択、又はSHIFTキーを押しながら隣り合わせのパスの端をクリックして繋げます。

「パスを検出されたエッジで延長」を選択

パスの端にカーソルを近づけるとピンクの線が表示されるのでその場でクリックすると、パスが繋がります。

パスが延長


逆にパスを削除する場合は、オプションバーから「パスをトリミング」を選択、又はWin)Alt キー、Mac)Option キーを押しながらパスのポイントをクリックします。

パスをトリミング


被写体の輪郭を簡単にパスで囲む事ができました。

パスで囲む事ができました

まとめ:Photoshopのテスト版「コンテンツに応じたトレースツール」

Photoshop2021で使えるテスト版の新機能「コンテンツに応じたトレースツール」を試験運用する方法を紹介しました。

テスト版である事から分かる様に、このツールはまだ実装レベルの完成度ではありません。そのため、このツールを使用した事による不具合等は自己責任でお願いします。

現時点では被写体と背景の境界線が曖昧な画像などでは、まだ実用レベルに無かったりしますが、ただ、すこし試して見ただけでもこのツールの有効性は実感できます。被写体を囲む作業が劇的に短縮できるので、効率化の点でも非常に有効に感じます。完成品が早く実装されることを望みます。



3DCG/動画編集/ゲーム開発そしてゲームプレイにも、高性能PCを低下価格で購入できる【FRONTIER】

冬のBIGボーナスセール開催中\注目のGPU搭載PC!!RTX3070搭載モデルが14万円台~/12月17日(金)15時まで

最新GPUも格安構成も自由に選べる!パソコン買うならBTOの【FRONTIER】


【デジハリONLINEの 基礎動画 + AdobeCC一年ライセンス のお得プラン】

デジタルハリウッドのオンラインCGスクール「デジハリONLINE」が提供する、60時間の基礎動画とAdobe creative cloudの一年版ライセンスがパッケージされた、お得な「Adobeマスター講座」が36,346円(税別)

▶︎ デジハリONLINE講座申込


【UdemyのおすすめPhotoshop学習コース】

ネットショッピングをする感覚で講座を購入し、動画を視聴して学習するシステムのUdemy

UdemyのPhotoshopの講座で受講者の評価が高いコースです。


Photoshopマスターコース 基礎から上級まで ステップバイステップでPhotoshopのすべてを学ぼう

13のセクション、98本のビデオレクチャー、14時間の講座でPhotoshop CCを完全に学びましょう。驚くようなスキルアップができます。


Photoshop【切り抜き】編 現役プロの実況解説!書籍やネット通りでは上手くいかなかった「切り抜き」のコツ2時間講座

「なぜ、書籍やネットの通りにやっても写真の切り抜きが上手くいかないの?」→その理由は●● ( 動画で公開 ) /年間に数百枚以上の写真加工を手がけるプロが教える、切り抜きの秘訣をぎゅっと凝縮。Photoshopが格段に上達する動画レッスン


Twitter Facebook Pocket LINE はてブ

おすすめの関連記事
コチラの記事も読まれています
あわせてよく読まれている記事
タグ: