AR/MR,Unity Unity2020で無くなったVuforiaを使用可能にする

Unity2020で無くなったVuforiaを使用可能にする

unity2020_vuforia_engine_import_topimage

Vuforiaは拡張現実(AR)や混合現実(MR)のコンテンツを開発する事が出来るプラットフォーム環境です。クロスプラットフォームなので、さまざまなハードウェア、ARKitやARCoreのどちらにも対応してる為”iOS”,”AndroidOS” など対象を気にすること無くコンテンツが開発できるのが特徴です。

そんな “Vuforia Engine” はUnityにビルトインされているので簡単にARを試す事ができ便利だと思い、以前Unityでvuforiaの画像マーカーを使ったARの検証をしました。


Unityを2020にアップデートしたので、あらためてVuforiaを使って、今度はマーカレスARを検証したいと、メニューのEdit > Project Settings をクリック、”Project Settings”の画面からXR Settings の項目にある”Vuforia Augmented Reality Supported”のチェックボックスを選択しようとしたら、それらしき文字が何処にも見つからない。そもそも”XR Settins”の項目が無い。

以前のバージョンであれば、”Vuforia Augmented Reality Supported”のチェックボックスを選択すれば、Vuforiaのパッケージがインポートされ、簡単にVuforiaのARを使えたのに。

Unity2020.1のProject Settings 画面。 XR Settings の項目がありません。

Unity2020.1のProject Settings 画面


Unity2019.2のProject Settings 画面。 XR Settings の項目に”Vuforia Augmented Reality Supported”があります。

Unity2019.2のProject Settings 画面

ビルトインXRプラットフォーム統合の非推奨

2019.3では、UnityはXRプラットフォームの統合をサポートする新しいプラグインフレームワークに移行しました。その結果、組み込みの XR プラットフォーム統合は非推奨とマークされました。これらの統合は2019.3でも使用可能であり、2019.4でも機能を維持します。Unityはこれらの統合のための新機能を開発することはありませんが、本質的なバグ修正は引き続き提供します。

unity2020.2 Document

UnityでARやMRなどのXRコンテンツを開発する場合は、Unityが用意した”XR SDK”と呼ばれるプラグインフレームワークを使用する方法が推奨され、組み込みのプラットフォーム

  • Windows Mixed Reality (HoloLens & Windows MR devices)
  • Oculus Android & Oculus Desktop
  • OpenVR (Desktop)
  • Google VR Android & Google VR iOS
  • Vuforia Engine AR 

これらを使った開発方法は非推奨になったようです。

この様な理由でUnity2020(2019.3以降)には”Vuforia Augmented Reality Supported”が無かった訳ですが、それでも引き続きVuforia Engine for Unityを使ってAR開発をする場合は Vuforia Developer Portal からパッケージをダウンロードして使用する事ができます

Vuforia パッケージをインポート

Vuforiaの公式HPから”Vuforia Engine for Unity”をダウンロードしてインポートします。

Vuforia Developer Portal
https://developer.vuforia.com/downloads/sdk?d=windows-30-16-10739&retU


Unityのパッケージ”add-vuforia-package”をダウンロードします。

Vuforia Developer Portal


Vuforiaのアカウントを持っていればココでログインします。
アカウントの登録がまだの場合は”Create account now”から登録します。

ログインします


“I Agree”をクリック

 "I Agree"


任意の場所にダウンロードします。

PCにダウンロード


ダウンロードしたパッケージをダブルクリックで起動します。

ダブルクリックで起動


Import Unity Packege が開くので「import」をクリックしてvuforiaのパッケージをインポートします。

vuforiaのパッケージをインポート


update の メッセージが表示されたら「Update」をクリックします。

update の メッセージが表示されたら「Update」をクリックします


無事パッケージがインポートされると、 メニューの GameObject > Vuforia Engein が追加されます。

GameObject > Vuforia Engein


これで無事Unity2020でもVuforiaを使用可能になりました。



BTOパソコンの草分け的ブランドFRONTIER(フロンティア)

3DCG/動画編集/そしてゲームプレイに。
用途に合わせてCPUやGPUなどパーツを自由に選べて、コスパにもこだわる方にオススメ。


>>【FRONTIER】


【デジハリONLINEの 基礎動画 + AdobeCC一年ライセンス のお得プラン】

デジタルハリウッドのオンラインCGスクール「デジハリONLINE」が提供する、60時間の基礎動画とAdobe creative cloudの一年版ライセンスがパッケージされた、コスパ最強の講座プラン

「Adobeマスター講座」

受講ノルマは一切無し、Adobe製品の利用を目的に契約してもOK!

>>デジハリONLINE講座申込

▶︎基礎動画教材付きAdobe Creative Cloudを年額39,980円(税込)のお得な価格で使用する方法


[PR] TechAcademy/テックアカデミー
週2回のビデオチャットや、毎日のチャットサポート、現役プロのメンターから課題のレビューを無制限に受けられる等、マンツーマンのサポートで基礎からしっかり学習できます。
プログラミングやデザインなど沢山のコースがありますが、ユニークなのは「Python + AI」「Unity + iPhoneアプリ」のような複数のコースを受講できるお得な「セット割り」がある事。

機械学習の基礎が学べる「Pythonコース」
短期間でPython・機械学習が学べるコースPythonを基礎から学び、機械学習プログラムの開発をめざします。
Unityコース
短期間でゲームアプリを開発出来るようになるコースUnityの操作方法とゲームを動かす為のスクリプト、C#を学べます。

Twitter Facebook Pocket LINE はてブ

おすすめの関連記事
コチラの記事も読まれています
あわせてよく読まれている記事
タグ: