MAYA MAYA これでレリーフの作成も簡単に、2D画像からエンボスモデリング

MAYA これでレリーフの作成も簡単に、2D画像からエンボスモデリング

maya_texture_deform_topimage

「2D画像から簡単にモデリングできたら良いのに」

壁のレリーフや、細かな装飾的な造形をモデリングする場合は、zbrush等のスカルプティング3Dモデリングツールを使用するのが良いと思いますが、
モデリング全体の一部分だけの為にスカプティングツールを起動させるのも手間に感じます。

MAYAだけでレリーフや細かな装飾を簡単に作成する事は出来ないだろうか?

MAYAは2Dテクスチャーを元に

メッシュを変形/Deform

させる事ができます。

これを使えば、一部分のレリーフの為だけにzbrushを立ち上げる必要が無くなるかもしれない。

そこで今回は、MAYAのテクスチャーを使ったメッシュを変形/Deformの方法を紹介したいと思います。


テクスチャーでメッシュを変形する手順

メッシュをテクスチャーを使って変形させる手順を紹介します。

ポリゴンでPlaneを生成、サブディビジョンの値を変更して分割数を増やしました。

ポリゴンでPlaneを生成


サブディビジョンは細かいほど精度は高くなりますが、程々にしておきます。

サブディビジョンを細かく


選択モードを”Face”にして変形したいフェース箇所を選択します。
今回は全て選択しました。

フェース選択


メニューから Deform > Texture□

Deform > Texture□


Texture Optionsが開いたら、Direction:の項目を”Normal”にします。「Create」をクリックで閉じます。

Direction:の項目を"Normal"に


Outliner に ”textureDeformerHandle” が作られました。

"textureDeformerHandle"


AttributeEditor を開きます。
Texture の項目の右にあるチェッカーマークをクリックします。

Texture の項目の右にあるチェッカーマークをクリック


Create Render Node で ”Checker” を選択します。

"Checker" を選択


“Checker”に沿ってメッシュが変形されました。

"Checker"に沿ってメッシュが変形


AttributeEditor の”Strength”の値で変形の強度を調整します。

"Strength"の値で変形の強度を調整


メッシュをテクスチャーを使って変形させる事が出来ました。

変形させる事が出来ました

2D画像で変形する

“Checker”以外の画像でも変形させる事ができます。

Photoshopで白黒画像を作って、メッシュを変形のテクスチャー画像として使います。

Photoshopで白黒画像を作


Create Render Node で ”File”を選択。作成した白黒画像を選びます。

"File"を選択


Photoshopで白黒画像を使って、メッシュを変形させる事ができました。

メッシュを変形させる事ができました

写真画像で変形する

白黒画像でエンボスモデリング出来る事は分かったので、今度は写真画像を使ってみたいと思います。

花の写真です。この写真をメッシュ変形のテクスチャー画像として使います。

花の写真


花の写真を使ってメッシュを変形する事が出来ました。

花の写真を使ってメッシュを変形

変形したメッシュを元にノーマルマップ生成

メッシュを変形させてモデリングする事はできましたが、このままではメッシュが細かくデータ量としても大きいので、ゲーム等のアセットとしては使いにくいデータです。

変形したメッシュを元に、ノーマルマップを生成して使うのが現実的でしょう。

ノーマルマップを生成






BTOパソコンの草分け的ブランドFRONTIER(フロンティア)

3DCG/動画編集/そしてゲームプレイに。
用途に合わせてCPUやGPUなどパーツを自由に選べて、コスパにもこだわる方にオススメ。


>>【FRONTIER】


【デジハリONLINEの 基礎動画 + AdobeCC一年ライセンス のお得プラン】

デジタルハリウッドのオンラインCGスクール「デジハリONLINE」が提供する、60時間の基礎動画とAdobe creative cloudの一年版ライセンスがパッケージされた、コスパ最強の講座プラン

「Adobeマスター講座」

受講ノルマは一切無し、Adobe製品の利用を目的に契約してもOK!

>>デジハリONLINE講座申込

▶︎基礎動画教材付きAdobe Creative Cloudを年額39,980円(税込)のお得な価格で使用する方法


ネットショッピングをする感覚で講座を購入し、動画を視聴して学習するシステムのUdemy

そのUdemyで評価が高いPythonの人気講座といえば、現役シリコンバレーエンジニア「酒井潤」講師の講座。 Pythonの書き方だけでなくシリコンバレー仕込みの Pythonic(パイソニック)と称されるPythonらしいコードの記述方法や実務での所作まで学べます。

「現役シリコンバレーエンジニアが教えるPython3入門+応用+アメリカのシリコンバレー流コードスタイル」
現役シリコンバレーエンジニアが教えるPython入門!応用では、データ解析、データーベース、ネットワーク、暗号化、並列化、テスト、インフラ自動化、キューイングシステム、非同期処理など盛り沢山の内容です!

Autodesk(オートデスク)

Twitter Facebook Pocket LINE はてブ

おすすめの関連記事
コチラの記事も読まれています
あわせてよく読まれている記事
タグ: