liquidjumper Windows Windows10 デスクトップのファイルやアイコンを表示・非表示する方法

Windows10 デスクトップのファイルやアイコンを表示・非表示する方法

windows10_desktop_file_icon_display_non-Indicated_topimage

Windows10でデスクトップ画面のスクリーンショットを撮る際にアイコンが邪魔になること有りませんか?

見栄えが悪いだけで写って困るようなアイコンが有るわけじゃないけど、無いに越したことはない。

そこで本記事では、Windows10のデスクトップに配置されたアイコンを非表示にする方法を紹介したいと思います。


OCNモバイルONE

Windows10でデスクトップのファイルやアイコンを非表示・表示する

Windows10でデスクトップのアイコンを非表示にするのは非常に簡単。

デスクトップの何もない箇所で 右クリック > 表示 > デスクトップ アイコンの表示 をクリック

Windows10でデスクトップのアイコンを非表示(表示)にする


これだけで、デスクトップに配置されたファイル等のアイコンを非表示にできます。

逆に非表示したアイコンを表示する場合も同じ手順で デスクトップ アイコンの表示 をクリックで元に戻せます。

デスクトップに配置されたファイル等のアイコンを非表示

「ごみ箱」「PC」などのデスクトップ アイコンを非表示・表示する

「パソコンのデスクトップにはファイルやアイコンを置かない主義」

そのような方もいるかと思いますが、そんな人のデスクトップにも「ごみ箱」や「PC」などのアイコンは表示されているかも知れません。

Windows10では、「ごみ箱」や「PC」、「ユーザーファイル」などを デスクトップ アイコン と言いますが、

これらのアイコンは、個別に表示や非表示の設定が可能です。 


■デスクトップ アイコン

・「PC」
・「ユーザー名」
・「ネットワーク」
・「ごみ箱」
・「コントロールパネル」


以下の何れかの方法で「デスクトップ アイコンの設定」を表示します。

右クリック > 個人用設定

右クリック > 個人用設定


又は

Windows10の設定  > 個人用設定

Windows10の設定  > 個人用設定


個人用設定の左側から「テーマ」を選択し、右に表示される「デスクトップ アイコンの設定」をクリックします。

右に表示される「デスクトップ アイコンの設定」をクリック


ここで、デスクトップ アイコンを設定します。

デスクトップ アイコンの表示・非表示は、個別に設定できます。

デスクトップ アイコンの表示・非表示は、個別に設定できます

壁紙も変更する必要なし|画面キャプチャーソフト「スグレモ撮画ツール5」

デスクトップの何もない箇所で 右クリック > 表示 > デスクトップ アイコンの表示 をクリック

で、デスクトップに配置されたファイル等のアイコンを簡単に非表示にできるので、スクリーンショットの際は重宝します。


ただ問題があるとすれば、壁紙はそのままということ

風景写真やイラスト、家族写真やペットなど、通常時は好きな壁紙にしていても問題ありませんが、

いざスクリーンショットを撮ろうとすると、途端にうるさい存在に変わります。

壁紙を変更する手順自体は難しいものではありませんが、スクリーンショットの度に変更するのは手間でしか有りません。

普段は「好きな壁紙」で作業して、スクリーンショットのときは「無地」できたら非常に便利だと思いませんか?

デスクトップのスクリーンショット専用アプリ「スグレモ撮画ツール5」

「スグレモ撮画ツール5」は、Windows10用のデスクトップ画面キャプチャーソフトです。

スクロールしないと一枚に収まらない縦に長いWebページを、クリック1つで撮影できたり

拡大鏡を使わないと撮影できない、カーソルを含めたスクリーンショットなど、

Windows10の標準機能だけでは難しい撮影も難なく行えます。

そして「スグレモ撮画ツール5」には、壁紙の問題を解決する機能「スクリーンショット内のデスクトップを灰色で塗りつぶす」があります。

ファイルやアイコンが散らばり、壁紙が派手でも問題ありません。

この機能を有効にしてキャプチャー撮影すると、何事もなかったかのように背景は灰色に変わり、アイコンも無くなります。

いちいち壁紙を変更したり、ファイルアイコンを非表示にする必要はありません。

デスクトップが灰色になり、アイコンは表示されません。

「スグレモ撮画ツール5」の特徴

「スグレモ撮画ツール5」は、Windows10のスクリーンショットに物足りなさを感じている人にピッタリなソフトウェアです。

何度も撮り直したり、WEBページをスクロールしてながら分割で撮影したり

そのような作業から抜け出したい方は是非購入して見てはいかがでしょう。

■「スグレモ撮画ツール5」の機能

・デスクトップ全体
・アクティブウィンドウ
・ウィンドウ選択
・矩形領域
・楕円領域
・フリーハンド
・タイマー撮影
・連射撮影
・撮影した画像はサムネイルで一覧表示
・ショートカットキーで撮影
・カーソルを含めた画面キャプチャー
・Webページのスクロールキャプチャー
・撮り直し機能
・スクリーンショット内のデスクトップを灰色で塗りつぶす




スグレモ撮画ツール5

マウスカーソルの表示は勿論、縦に長いWebページも自動でスクロールして1枚の画像としてキャプチャすることができる「webページのスクロールキャプチャ」や、スクリーンショット撮影をした後に、切り抜き範囲を再調整できる機能、デスクトップ画面を灰色にしアイコンを非表示する機能など、専用アプリらしい機能が満載。画面キャプチャーをする機会が多い方は是非。

まとめ:画面キャプチャーする時に便利

Windows10のデスクトップに配置されたアイコンを非表示にする方法を紹介しました。

デスクトップ画面のスクリーンショットを撮る際に、ファルなどのアイコンが散らばっているのはあまり良いことではありません、

クライアント等の資料様に撮影するなら、おさら綺麗なデスクトップ画面の方が良い。

スクリーンショットの作業で同じ様な問題が有る方は、今回紹介した方法やソフトウェアを試してみてください。








Twitter Facebook Pocket LINE はてブ

おすすめの関連記事
コチラの記事も読まれています
あわせてよく読まれている記事