AR/MR トヨタ自動車がUnity + Microsoft HoloLens2 を”カイゼン”に活用している動画

トヨタ自動車がUnity + Microsoft HoloLens2 を”カイゼン”に活用している動画

toyota_microsoft_holoLens2_topimage

トヨタ自動車の基本理念の一つに品質の最大化、効率の向上、無駄の排除を追求する「カイゼン(継続的改善)」があります。

その”カイゼン“にUnity + Microsoft HoloLens2を活用している様子がUnityブログに掲載されています。

トヨタのUnity + Microsoft HoloLens2の活用例が掲載されたUnityブログ(英語版):
https://blogs.unity3d.com/2020/09/08/toyota-makes-mixed-reality-magic-with-unity-and-microsoft-hololens-2/


このUnityブログではトヨタが時間を節約し、コストを削減し、ミックスド・リアリティーによって効率を上げている様々な方法が紹介されています。


流体力学(CFD)解析をリアルタイムで表示

Microsoft HoloLens2を使って流体力学シミュレーションを行なっている動画

従来では困難なCFD解析ですが、UnityとHoloLens 2を使用して、車両のCFD解析をリアルタイムでキャプチャして表示しています。
動画内では、静止している車両の周りを回って、その設計が空力にどのように影響するかを解析しています。


Youtube:https://youtu.be/dGH28RwW2wQ

流体力学シミュレーション

車両内の機構を表示

説明するのが困難な組み上げられた車両内の機構でも、HoloLens2を使用する事で可能に。

HoloLens 2とUnityを使用することで、「動く」乗り物の内部を移動して検査することが簡単かつ安全に行えるように。


Youtube:https://youtu.be/5N0v4gX2RVk

車両内の機構

機械学習を用いた検査時のヒューマンエラーの低減

人間の目が見落としてしまうようなミスを、Mixed Realityを使うことによって簡単に見抜くことができます。
動画内では、HoloLens 2がオイルレベルゲージの取り付けミスを検知し、赤い文字でハイライト表示しています。

オイルレベルゲージの取り付けミスを検知

フィールドサービスのミスを減らす

エンジン、ドア、ダッシュボード、その他必要な部分の内部の3次元電気配線図全体を可視化する事によって、物理的な部品を取り外す手間や時間をかけずに、配線システムの位置を可視化することができるようになりました。


Youtube:https://youtu.be/7G1XlivnfiQ

配線システムの位置を可視化

フィールドサービスでの遠隔支援を可能にする

HoloLens2とMicrosoftの複合現実感遠隔コラボレーションツールであるDynamics 365 Remote Assistを使用することで、2人以上の参加者が場所に関係なく、コミュニケーションを取ることができます。
遠隔地のスタッフは、作業の点検、教育、フィールドエンジニアのトレーニングを行うことができ、時間とコストを大幅に節約する事が可能に。


Youtube:https://youtu.be/xz6-NBFE5yY

関係なく、コミュニケーションを取ることができます

フィールドガイダンスアプリケーションの作成を簡単する

デジタル版の作業手順書アプリを作成するのに、最大で10日かかりCGエンジニアが必要だった工程が、MicrosoftのDynamics 365 Guidesを使用する事によって自動化され、同じ作業を90%短縮し、わずか1日で完了することが可能に。


Youtube:https://youtu.be/0EpkQsWT1yI

MicrosoftのDynamics 365 Guides

Twitter Facebook Pocket LINE はてブ

おすすめの関連記事
コチラの記事も読まれています
あわせてよく読まれている記事