MAYA,MEL [MAYA2022]複数のカーブから生成したSweepMesh(メッシュをスイープ)を個別に操作する方法

[MAYA2022]複数のカーブから生成したSweepMesh(メッシュをスイープ)を個別に操作する方法

maya_sweep-mesh-from-curve_topimage

多くの新機能が追加されたMAYA2022。

モデリングツールの新機能「SweepMesh/メッシュをスイープ」は、チューブや額縁、道路やリボンやロープ、などカーブに沿わせてインタラクティブに生成そして編集できて非常に便利。

Autodesk(オートデスク)





ただ不満あるとすれば、一度に複数のカーブからSweepMesh(メッシュをスイープ)を適用すると、個々のカーブのアトリビュートを調整出来ない事。

規定の設定のまま、SweepMesh(メッシュをスイープ)を適用した複数のカーブのアトリビュートを個別に調整するには、カーブ一つ一つ個別にSweepMesh(メッシュをスイープ)を適用する必要があり、カーブの数が多い場合は非効率。

この問題は、規定の設定を変更するスクリプトコマンドからSweepMesh(メッシュをスイープ)を適用する方法で解決できます。

この記事では、複数のカーブからSweepMesh(メッシュをスイープ)を適用すると、個別にカーブのアトリビュートを調整できない問題を解決する方法を紹介します。

複数のカーブにSweepMesh(メッシュをスイープ)を適用

まずは既定の設定で、複数のカーブからSweepMesh(メッシュをスイープ)を適用して、どの様な挙動になるのか確認したいと思います。

複数のカーブを選択し、MAYAのメニューから Create(作成) > Sweep Mesh(メッシュをスイープ)  をクリック

Create(作成) > Sweep Mesh(メッシュをスイープ)


選択したカーブ全てにSweep Mesh(メッシュをスイープ) が適用されました。

Sweep Mesh(メッシュをスイープ) が適用されました


Sweep Mesh(メッシュをスイープ) の規定設定では、一度に複数のカーブに適用した場合、単一のクリエータ ノードが使用されるため、個別にカーブのアトリビュートを編集する事は出来ません。

単一のクリエータ ノードが生成


単体のカーブだけを選択しても、全てのカーブがアトリビュート編集の対象になります。

全てのカーブが対象

個別にアトリビュート調整できるようにSweepMesh(メッシュをスイープ)を適用

規定設定でSweep Mesh(メッシュをスイープ) を複数のカーブに適用すると、単一のクリエータ ノードになることが確認できました。

では、カーブ毎に別々のクリーターノードにするにはどうしたら良いのでしょう。


Sweep Mesh(メッシュをスイープ) で別々のクリーターノードを生成するには次のコマンドを使用します。

sweepMeshFromCurve -oneNodePerCurve true;


複数のカーブを選択し、今度はスクリプトエディターに次のコマンドを入力し実行します。

MEL:

sweepMeshFromCurve -oneNodePerCurve true;

Python:

import maya.cmds as cmds

cmds.sweepMeshFromCurve(oneNodePerCurve = True)


カーブごとに個別のクリエータ ノードが作成されました。

カーブごとに個別のクリエータ ノードが作成


単体でカーブを選択しアトリビュートを編集すると、選択したカーブのみが編集されます。

選択したカーブのみが編集

まとめ

MAYA2022の新機能 SweepMesh(メッシュをスイープ)で、一度に複数のカーブに適用した場合に、個別にカーブのアトリビュートを調整できない問題を解決する方法を紹介しました。

複数のカーブ個別にSweep Mesh(メッシュをスイープ) を適用する方法

複数のカーブを選択し、コマンドからSweep Mesh(メッシュをスイープ) を適用します。

MEL:

sweepMeshFromCurve -oneNodePerCurve true;

Python:

import maya.cmds as cmds

cmds.sweepMeshFromCurve(oneNodePerCurve = True)


ちなみにコマンドの true false にすると、既定の設定で適用されます。

sweepMeshFromCurve -oneNodePerCurve false;

【TechAcademy(テックアカデミー)ブートキャンプ】

TechAcademy [テックアカデミー] では、初心者でも短期間でPython・機械学習が学べるオンラインブートキャンプPythonコース を開催しています。

過去に独学のプログラミング学習で挫折した経験のある方でも、パーソナルメンターがビデオとチャットでサポート。疑問点を直ぐに解決して次の課題に取り組めます。

オンラインプログラミングスクール受講者No.1、TechAcademy(テックアカデミー)の学習システムの内容や疑問点を聞く事ができるTechAcademy無料動画説明会 も実施されているので、ぜひ参加してみてください。




BTOパソコンの草分け的ブランドFRONTIER(フロンティア)

3DCG/動画編集/そしてゲームプレイに。
用途に合わせてCPUやGPUなどパーツを自由に選べて、コスパにもこだわる方にオススメ。

半期決算売り尽くしセール!開催中\RTX 30シリーズ搭載PCが13万円台~!/8/6(金)15時まで

特典付き&メモリ無償アップが大好評。

Core i5-10400F + RTX 3060 Ti搭載モデルが[15万円台]
Core i9-11900F + RTX 3080 Ti搭載ハイエンドモデルが[33万円台]

見逃し厳禁!SALE製品は台数に限りがあるので売り切れる前に是非

\MSIとFRONTIERがコラボした特別仕様のゲーミングPCが発売開始/
人気のMSI製マザーボード、 グラフィックスカード、水冷CPUクーラー、電源をMSI製ケースに搭載した 特別仕様のゲーミングPCが発売中です

>>【FRONTIER】


【デジハリONLINEの 基礎動画 + AdobeCC一年ライセンス のお得プラン】

デジタルハリウッドのオンラインCGスクール「デジハリONLINE」が提供する、60時間の基礎動画とAdobe creative cloudの一年版ライセンスがパッケージされた、コスパ最強の講座プラン

「Adobeマスター講座」

受講ノルマは一切無し、Adobe製品の利用を目的に契約してもOK!

>>デジハリONLINE講座申込

▶︎基礎動画教材付きAdobe Creative Cloudを年額39,980円(税込)のお得な価格で使用する方法


Twitter Facebook Pocket LINE はてブ

おすすめの関連記事
コチラの記事も読まれています
あわせてよく読まれている記事
タグ: , ,