liquidjumper MAYA Maya 2023.2 がリリースされました|アップデートの内容を紹介

Maya 2023.2 がリリースされました|アップデートの内容を紹介

maya2023_2_update_release

新機能の搭載や修正が施されたMaya 2023.2 Update がリリースされました。

Maya 2023.2 Update では、アニメーションとリギングのパフォーマンスを向上させることに重点が置かれ、 ワークフローの簡略化、エクスペリエンスの向上、時間の節約に関する機能が改善されています。 

その他にも多数の機能追加、更新が行われています。

アップデート内容の詳細は、Autodesk公式で確認してください。

Maya 2023.1 Update:Autodesk公式ヘルプHP


Autodesk(オートデスク)


Maya 2023.2 アップデート方法

本リリースでは既に Maya 2023.x がインストールされている場合はそのバージョンは上書きされ、

インストールされていなければ、通常通りにインストールされます。

アップデートの手順

1.Autodesk 公式HPに移動しサインインします。

2.サイドメニュー又は右上のアカウントアイコンメニューから「製品とサービス」 > 「製品のアップデート」を選択。

更新可能なバージョンが表示されるので、使用しているOSに応じたインストーラーを「ダウンロード」します。

使用しているOSに応じたインストーラーを「ダウンロード」



Windowsでは2つのファイルがダウンロードされます。

ファイルが1つしかダウンロードされない場合はWebブラウザのポップアップブロックを無効にしてください。

ダウンロードしたファイルどちらか一方(_001と書かれたファイルが無難だと思います)のファイルをダブルクリックするとインストールが開始します。

Windowsでダウンロードされるファイル

Autodesk_Maya_2023_2_Update_Windows_64bit_dlm_001_002.sfx.exe
Autodesk_Maya_2023_2_Update_Windows_64bit_dlm_002_002.sfx.exe


Macでダウンロードされるファイル

Autodesk_Maya_2023_2_Update_macOS.dmg


Linuxでダウンロードされるファイル

Autodesk_Maya_2023_2_Update_Linux_64bit.tgz


Maya 2023.2 の新機能

Maya 2023.2 では、アニメーションとリギングのパフォーマンスの向上を重点に置いた新機能の追加や更新が実装されました。

アニメーションパフォーマンスの向上

GPU デフォメーション ワークフローが大幅に強化され、キーを作成および削除した際に不要な再パーティショニングが発生する等の、大規模なシーンで変更が発生した場合の問題が解消されました。

新しいジョイントの描画スタイル ジョイント(Joint)

ジョイント オプション(Joint options)の描画スタイル(Draw Style)メニューで、選べた3種類の描画スタイル

ボーン(Bone)、複数の子をボックスとして(Multi-child as Box)、ボックス(Box)

に、ジョイント(Joint)追加されました。

新しい描画スタイル ジョイント(Joint) は、接続するボーンのない球のみを表示します。

ジョイント(Joint) は、接続するボーンのない球のみを表示

グラフ エディタ(Graph Editor)に接線の角度とウェイトのオプション追加

グラフ エディタ(Graph Editor)ツールバーに、2 つの新しいオプション

角度(Angle)
ウェイト(Weight)

が追加され、接線のウェイトに対するアクセスとコントロールが可能になりました。

複数のキーをカーブとの接触を維持したまま、正確な値を入力して変更することができます。

グラフ エディタ(Graph Editor)に接線の角度とウェイトのオプションが追加


フィールドでは +=、-=、*=、/= を使用し相対値で変更する事も可能です。

+=、-=、*=、/= を使用し相対値で変更

Maya 2023.2その他の新機能

Maya 2023.2では、新機能の追加、Blue Pencil ツールや、USD for Mayaなどプラグインの更新、また、さまざまなバグ修正の実装も行われています。

Blue Pencil ツールの改善
USD for Maya v0.19.0
Bifrost 2.5.10
Substance 2.3.0
Arnold for Maya 5.2.0
UVpin ノード、近接ピン ノード、および skinCluster ノードの新しい空間モード



 最新のゲーミングPCが安く手に入れられる「 FRONTIER 」

 豊富なカスタマイズメニューで、あなた好みの1台が購入できます。

 人気の秘密は何と言ってもコスパの高さ。
 最新のCPU・GPUパーツを搭載したモデルを驚きの価格で提供。

 山口県の自社工場で組み立てられ徹底した試験・検査後に出荷。
 無償修理サービスもありサポート体制も安心。

 コスパに徹底的にこだわる方は公式サイトへ >> 【FRONTIER】


Autodesk(オートデスク)

Twitter Facebook Pocket LINE はてブ

おすすめの関連記事


あわせてよく読まれている記事