liquidjumper Photoshop Photoshop2022の新機能|合成する要素の色とトーンを別のレイヤーに合わせてくれる「調和」

Photoshop2022の新機能|合成する要素の色とトーンを別のレイヤーに合わせてくれる「調和」

adobemax2021_photoshop2022_harmonization_topimage

AdobeMAX2021ではPhotoshopのメジャーアップデート「Photoshop 2022」が発表されました。

今回もAdobe自慢のAI「Adobe Sensei」の能力を存分に発揮した、マジックのような機能がたくさん搭載されてます。

この記事で紹介する「調和」もそのひとつ。


「調和」は、あるレイヤーの要素の色とトーンを別のレイヤーに合わせることができる、ニューラルフィルターです。

違う画像を合成した作品を作成する際に、色相と輝度を自動で調整してくれるので、時間の短縮に役立つでしょう。


レイヤーが分かれた2つの画像の色とトーンをあわせる

違う環境で撮影された画像を重ねると、当然ですが色やトーンが違うので、ほとんどの場合馴染みません。

これを、Photoshop2022で、新たに追加されたニューラルフィルター「調和」で、馴染ませてみましょう。

色やトーンが違うので、ほとんどの場合馴染みません


メニューバーの フィルター > ニューラルフィルター でニューラルフィルターのパネルを表示。

ニューラルフィルターのリストから「調和」を選択

レイヤーの素材をクリックして、ドロップダウンリストから色やトーンを合わせる画像のレイヤーを選択します。

ニューラルフィルターのリストから「調和」を選択


ニューラルフィルター「調和」が素材の画像を分析し、色やトーンが馴染むように対象の画像に反映させました。

「調和」パネルで、反映の強さや色調などを調整することも可能です。

「調和」パネルで、反映の強さや色調などを調整することも可能


▼ 左が元画像、右が「調和」を適用させた画像

適用させた画像

マスク処理した画像に「調和」を適用

切り抜いた画像のレイヤーではなく、マスク処理した画像でも「調和」は適用されます。

マスク処理した画像に「調和」を適用


ニューラルフィルターの出力を、「新しいレイヤー」にすれば、適用された画像が新規レイヤーで出力されます。

「新しいレイヤー」にすれば、適用された画像が新規レイヤーで出力されます


▼ マスク処理で抜き出した画像に「調和」を適用

「調和」を適用



[PR]学生・教職員個人版は、Creative Cloudを最大65%OFFでご購入いただける教育向けの特別プランです

まとめ:画像を合成する調整作業の時間短縮に

Photoshop2022で新たに追加されたニューラルフィルターの「調和」

画像を合成する際に、違和感なく馴染むように、色やトーンを自動で調整してくれるフィルターです。

制作時間の短縮に効果的だ思うので、試してみてはどうでしょうか。








Twitter Facebook Pocket LINE はてブ

おすすめの関連記事
コチラの記事も読まれています
あわせてよく読まれている記事