[Photoshop] javascript フィルター効果コード 画像付き一覧


Photoshopのスクリプトコードの中から、フィルタパートを画像付きで一覧にしました。

activeDocument.activeLayer.XXX();
アクティブドキュメントのアクティブレイヤーにフィルターをかけます。

画像付き一覧

 
フィルタ>ぼかし>
ぼかし(ガウス)

applyGaussianBlur(半径)

 

activeDocument.activeLayer.applyGaussianBlur(20.0);

フィルタ>ノイズ>
ダスト&スクラッチ
applyDustAndScratches (半径, 閾値)

activeDocument.activeLayer.applyDustAndScratches(20,10); 
フィルタ>変形>
ガラス

applyGlassEffect (ゆがみ,滑らかさ, 拡大縮小 , 階調の反転, テクスチャ, textureFile)

activeDocument.activeLayer.applyGlassEffect (10, 10, 150 , false, TextureType.BLOCKS);

TextureType:
・BLOCKS //ブロック
・CANVAS //カンバス
・FILE //テクスチャーファイルを使う
・FROSTED //霧付き
・TINYLENS//型板ガラス

   
テクスチャーの読み込みする場合は
TextureType.FILEにして

texturFileにテクスチャーパス

var textureFile = new File(“..\\image.psd”);

activeDocument.activeLayer.applyGlassEffect (10, 10, 150 , false, TextureType.FILE,textureFile);
ゆがみ: 0 ~ 20
滑らかさ: 1 ~ 15
拡大縮小(%): 50 ~ 200
フィルタ>その他>
ハイパス

applyHighPass (半径)

activeDocument.activeLayer.applyHighPass (10);

フィルタ>変形>
置き換え
applyDisplace (水平比率, 垂直比率, displacement, undefinedareas, displacementMapFiles)

var textureFile = new File(“..\\image.psd”);

activeDocument.activeLayer.applyDisplace (310, 20, DisplacementMapType.STRETCHTOFIT, UndefinedAreas.WRAPAROUND, textureFile);

DisplacementMapType:
・STRETCHTOFIT
・TILE

UndefinedAreas:
・REPEATEDGEPIXELS
・WRAPAROUND
水平比率 垂直比率 どちらも999まで可能です
フィルタ>ノイズ>
ノイズを加える
activeDocument.applyAddNoise (量, 分布方法, グレースケールの有無);
activeDocument.activeLayer.applyAddNoise(20.0, NoiseDistribution.UNIFORM, true);
NoiseDistribution(分布方法):
・GAUSSIAN //均等に分布 
・UNIFORM //ガウス分布
量: 0.1 ~ 400
フィルタ>ぼかし>
平均

applyAverage ()

activeDocument.activeLayer.applyAverage ();

フィルタ>その他>
カスタム
applyCustomFilter (characteristics, スケール, オフセット)


activeDocument.activeLayer.applyCustomFilter ([0,0,0,0,0,0,0,0,3,5,1,-5,4,1,2,1,2,-5,0,0,0,0,0,0,0] , 2, 1);

25の配列の値
フィルタ>ビデオ>
NTSCカラー

applyNTSC ()

activeDocument.activeLayer.applyNTSC ()

フィルタ>ビデオ>
インターレース解除
applyDeInterlace (削除するライン, 新規ラインの追加方法)
activeDocument.activeLayer.applyDeInterlace (EliminateFields.ODDFIELDS, CreateFields.INTERPOLATION);

 

EliminateFields:    削除するライン

・EVENFIELDS //奇数ライン
・ODDFIELDS //偶数ライン

CreateFields:新規ラインの追加方法
・DUPLICATION // コピー
・INTERPOLATION //補間
フィルタ>ノイズ>
輪郭以外をぼかす

applyDespeckle()

activeDocument.activeLayer.applyDespeckle();

フィルタ>描画>
雲模様2

applyDifferenceClouds()

activeDocument.activeLayer.applyDifferenceClouds ();

フィルタ>描画>
雲模様1

activeLayer.applyClouds()

activeDocument.activeLayer.applyClouds();

フィルタ>ぼかし>
ぼかし(強)

applyBlurMore ()

activeDocument.activeLayer.applyBlurMore ();

フィルタ>ぼかし>
ぼかし(レンズ)
applyLensBlur (ソース, ぼかしの焦点距離, 反転, 形状, 半径, 絞りの円形度, 回転, 明るさ, 閾値, ノイズの量, 分布方法, グレースケールノイズ )

activeDocument.activeLayer.applyLensBlur (DepthMapSource.LAYERMASK, 100,false, Geometry.OCTAGON , 35, 27, 0, 5, 255,0, NoiseDistribution.GAUSSIAN, false);


DepthMapSource:ソース
・IMAGEHIGHLIGHT 
・LAYERMASK 
・NONE 
・TRANSPARENCYCHANNEL
Geometry:形状
・HEPTAGON 
・HEXAGON 
・OCTAGON 
・PENTAGON 
・SQUARE 
・TRIANGLE
NoiseDistribution 分布方法
・GAUSSIAN 
・UNIFORM
フィルタ>変形>
光彩拡散
applyDiffuseGlow (きめの度合い, 光彩度, 透明度)
activeDocument.activeLayer.applyDiffuseGlow (5, 10, 10);
きめの度合い: 0 ~ 10
光彩度: 0 ~ 20
透明度: 0 ~ 20
フィルタ>描画>
逆光
applyLensFlare (明るさ, 光源の位置, レンズの種類)

activeDocument.activeLayer.applyLensFlare (150, [350,500], LensType.PRIME105);

光源の位置はX.Yで画像の座標を指定
LensType レンズの種類
・MOVIEPRIME 
・PRIME105 
・PRIME35 
・ZOOMLENS
フィルタ>その他>
明るさの最大値
applyMaximum (半径)
activeDocument.activeLayer.applyMaximum (20);
半径:1 ~100までの値
フィルタ>その他>
明るさの最小値
applyMinimum (半径)
activeDocument.activeLayer.applyMinimum(20);
半径:1 ~100までの値
フィルタ>ぼかし>
ぼかし(移動)
applyMotionBlur (角度, 距離)
activeDocument.activeLayer.applyMotionBlur (-45, 230.0);
角度: -360 ~ 360
距離: 1.0 ~ 999.0
フィルタ>変形>
海の波紋
applyOceanRipple(波紋の振幅数, 波の大きさ)

activeDocument.activeLayer.applyOceanRipple(9, 9);

波紋の振幅数:  1~ 15
波の大きさ:0 ~ 20

フィルタ>その他>
スクロール
applyOffset(水平方向, 垂直方向, 未定義領域)
activeDocument.activeLayer.applyOffset(400,400, OffsetUndefinedAreas.REPEATEDGEPIXELS);
OffsetUndefinedAreas
・REPEATEDGEPIXELS 
・SETTOBACKGROUND 
・WRAPAROUND
フィルタ>変形>
つまむ
applyPinch(量)
activeDocument.activeLayer.applyPinch(80);
量の値は: -100 から 100
フィルタ>変形>
極座標
applyPolarCoordinates(conversion)

activeDocument.activeLayer.applyPolarCoordinates(PolarConversionType
.POLARTORECTANGULAR);

PolarConversionType
・POLARTORECTANGULAR  直交座標を極座標に
・RECTANGULARTOPOLAR 極座標を直交座標に
フィルタ>ぼかし>
ぼかし(放射状)
applyRadialBlur (量, 方法, 画質)
activeDocument.activeLayer.applyRadialBlur (10, RadialBlurMethod.SPIN, RadialBlurQuality.DRAFT);
量:1 ~ 100
RadialBlurMethod
・SPIN 
・ZOOM
RadialBlurQuality
・BEST 
・DRAFT 
・GOOD
フィルタ>変形>
波紋
applyRipple(量, 振幅数)
activeDocument.applyRipple(505, RippleSize.LARGE);

量:-999 ~ 999

RippleSize
・LARGE
・MEDIUM
・SMALL

フィルタ>シャープ>
シャープ
applySharpen()
activeDocument.activeLayer.applySharpen();
フィルタ>シャープ>
シャープ(輪郭のみ)
applySharpenEdges()
activeDocument.activeLayer.applySharpenEdges();
フィルタ>シャープ>
シャープ(強)
applySharpenMore()
activeDocument.activeLayer.applySharpenMore();
フィルタ>ぼかし>
ぼかし(詳細)
applySmartBlur(半径, 閾値, 画質, モード)
activeDocument.activeLayer.applySmartBlur(17.8, 35.1, SmartBlurQuality.LOW , SmartBlurMode.NORMAL);
半径: 0.1 ~ 100.0
閾値: 0.1 ~ 100.0
SmartBlurQuality
・HIGH 
・LOW 
・MEDIUM
SmartBlurMode
・EDGEONLY 
・NORMAL 
・OVERLAYEDGE
フィルタ>変形>
球面
applySpherize (量, モード)
activeDocument.activeLayer.applySpherize (100, SpherizeMode.HORIZONTAL);

量は -100 ~ 100までの値

SpherizeMode モード

・HORIZONTAL 
・NORMAL 
・VERTICAL
フィルタ>変形>
渦巻き
applyTwirl (角度)
activeDocument.activeLayer.applyTwirl(650);
角度は -999 ~ 999 までの値
フィルタ>シャープ>
アンシャープマスク
applyUnSharpMask (量, 半径, 閾値)
activeDocument.activeLayer.applyUnSharpMask(50, 20, 80);
量: 1 ~ 500 
半径: 0.1 ~ 250.00
閾値: 0 ~ 255

 


関連記事