liquidjumper Photoshop [Photoshop2022]従来から使えたニューラルフィルターのアップデート内容

[Photoshop2022]従来から使えたニューラルフィルターのアップデート内容

photoshop2022_neural_filters_topimage

AdobeMAX2021ではPhotoshopのメジャーアップデート「Photoshop 2022」が発表されました。

昨年のAdobeMAX2021で発表され話題を呼んだ「ニューラルフィルター」に、新たなフィルターが追加。

中でも季節や時間帯、シーンの環境まで変えてしまう「風景ミキサー」には驚かされました。

そんなAdobeのAI機械学習「Adobe Sensei」を利用した強力な画像編集ツール「ニューラルフィルター」ですが、既に実装されているフィルターも未だベータ版のものも多く、今回リリースされた3つの新しいフィルターもベータ版です。

そして、使用者からのフィードバックを反映し、より精度の高いツールへと改善されています。


今回のメジャーアップデートPhotoshop2022では、昨年リリースされた「ニューラルフィルター」の幾つかがアップデートされ、より完成度が高くなりました。

そこで本記事では、アップデートされた「ニューラルフィルター」の、これまでのバージョンとの違いを比較してみたいと思います。


より自然なボカシになった「深度ぼかし」

「深度ぼかし」には新しい機械学習モデルが導入され、背景のぼかしがより自然になり、被写体に焦点をあわせられます。

「ぼかし」自体も改善され、ぼかしに粒状感を加える事により、より自然なボケ味を演出できるようになりました。


■Photoshop 2022の「深度ぼかし」

Photoshop 2021の「深度ぼかし」では、背景が単純に “ぼけた” だけで表現としてあまり魅力的でありませんでした。

Photoshop 2022でアップデートされた「深度ぼかし」を適用した画像の背景のボケを見ると確かに粒状感がありますね不自然さが減り現実的な表現に近づいたでしょうか。

より自然なボカシになった「深度ぼかし」

画面全体に作用する様になった「スーパーズーム」

今回のアップデートにより、「スーパーズーム」は画像全体に作用するようになりました。

「新しいドキュメント」として出力すれば、プレビューウィンドウのズームされた領域だけでなく、すべての場所にズームされた結果が適用されます。

進行状況インジケーターを追加されたのは、地味ですが良い改善だと思います。


■Photoshop 2022の「スーパーズーム」

Photoshop 2021の「スーパーズーム」では、ズームした範囲しか出力されませんでした。

Photoshop 2022の「スーパーズーム」も基本的な操作事態は今までと同じですが、出力の項目を「新しいドキュメント」にして保存すると、画面全体を拡大つまりアップスケーリングしたドキュメントが出力できます。

Photoshop 2022の「スーパーズーム」


少し前にCamera RAWに「スーパー解像度」が追加され、脅威のアップサンプリング技術が話題になりました。

早くPhotoshopに実装すれば良いのに、と思っていたところ、今回のアップデートでPhotoshop に同梱されているCamera RAWプラグインに更新。

PhotoshopでCamera RAW フィルターを起動すると、以前まであった「強化」がメニューから消えているので、おそらくこの「スーパー解像度」がニューラルフィルターに昇格した。そんな感じでしょうか。

使いたくてもサイズが小さい為に使えなかった画像も、これがあれば使い所を増やせそう。

脅威のアップサンプリング技術


フィルター > Camera RAWフィルター をクリックし、Camera RAW を起動

画像上で右クリックメニューを表示すると、「スーパー解像度」が使えた「強化」がありません。

フィルター > Camera RAWフィルター

名画の再現性がより高くなった「スタイルの適用」

「スタイルの適用」が、より絵画的で芸術的な効果を発揮、名画のスタイル再現性がより高くなりました。

ピカソやゴッホ、北斎など巨匠たちのスタイルに特化したモデルをAIで再学習。

プリセットの「アーティストスタイル」を使用した場合の結果が、劇的に改善されてます。


■Photoshop 2022の「スタイルの適用」

あくまでも「〇〇っぽい」どまりという感じだった「スタイルの適用」が改善され、より各巨匠たちのスタイルの再現性が高まりました。

左)元画像、中)北斎スタイル、右)ゴッホスタイル

名画の再現性がより高くなった「スタイルの適用」


こちらがアップデート前の北斎スタイルとゴッホスタイル。

アップデート後もプリセットの「画像スタイル」でこのスタイル効果が選べます。

スタイルフィルターを適用


[PR]しっかり食べて痩せる!完全個室パーソナルジムWELBEX(ウェルベックス)新規入会

より自然な色で表現できる様になった「カラー化」

「カラー化」は、蔵に眠っていたような、古いモノクロ写真の色を再現し、現代に蘇らせてくれる便利なフィルターです。

昨年リリースされたニューラルフィルターの中でも「カラー化」は今回のAdobeMAXのタイミング以外に何度もアップデートを行っているので、よほど需要が高い機能なのでしょう。

今回のアップデートでは、より鮮やかで自然な色で表現されるよう改善されました。


■Photoshop 2022の「カラー化」

なんとなく色が付いた感じだったリリース初期のバージョンから、より鮮明に色が表現される様になりました。

左)元画像、右)「カラー化」を適用した画像

より自然な色で表現できる様になった「カラー化」


こちらがアップデート前の適用結果。これを見るとだいぶ改善されたのがわかります。

白黒写真に色が着色されました





【UdemyのおすすめPhotoshop学習コース】

ネットショッピングをする感覚で講座を購入し、動画を視聴して学習するシステムのUdemy

Photoshopの講座でオススメなのが「Photoshop【合成編】切り抜き後の合成を自然に馴染ませる5つの方法 現役プロレタッチャーの実況解説」。 基礎からやり直したい人や独学で学んだ人の学び直しにも最適!


Udemy年内最安値のセール開催中!

通常価格の90%の割引率で最低価格が1,200円と、今年最大のお得なセールです!


■ ブラックフライデーセール
  日程:11/19(金) - 11/26(金)

■ サイバーセール
  日程:11/29(月) - 12/1(水)


ぜひこの機会をお見逃しなく >>Udemy

「Photoshop【合成編】切り抜き後の合成を自然に馴染ませる5つの方法 現役プロレタッチャーの実況解説」
『切り抜きはできた。でも、合成するとすごく「浮いてしまう」…なんでだろう…?』→ その原因は●●( 動画で公開 ) /年間に数百枚以上の写真加工を手掛けるプロが教える、「合成」の秘訣をぎゅっと凝縮。Photoshop上達レッスン


Twitter Facebook Pocket LINE はてブ

おすすめの関連記事
コチラの記事も読まれています
あわせてよく読まれている記事