Windows Windows 10右クリックの[送る]メニューにアプリやフォルダを追加する方法

Windows 10右クリックの[送る]メニューにアプリやフォルダを追加する方法

windows_sendto_custom_topimage

Windows10でファイルを、特定のアプリケーションで開きたい場合は、ダブルクリックではなく、右クリックメニューに表示されるアプリケーションから選んで開く事ができます。

ただ、右クリックメニューの項目に追加されるかどうかは、各アプリケーションによるので、せっかくインストールしたのに、右クリックメニューから選択できなくて残念。のような事もあり得ます。

それでも、右クリックメニューからアプリケーションを選びたい場合は、[送る]の項目をカスタマイズする事で、簡単に、アプリケーションを追加する事ができます。

そこでこの記事では、アプリケーションを指定してファイルが開ける、右クリックメニューの[送る]の項目に、アプリケーションを追加する方法を紹介したいと思います。

Windows 10右クリックの[送る]メニュー

テキストファイルや画像ファイルなど、開く事ができるアプリケーションが、複数インストールされている場合に、ダブルクリックすると、どのアプリケーション で開くかのダイアログが表示されます。
又は、どのアプリケーション で開くかの紐付けがされていれば、ダイアログは表示されず紐付けされたアプリケーションで開かれます。

アプリケーション選択ダイアログ


この様に、インストールしたアプリケーションが増えてくると、扱う事ができるファイルフォーマットが重なり、一つのファイルを開く際は、都度もしくは事前に、開くアプリケーションを指定する必要があります。

指定する方法は、先に書いた様に「ダブルクリックでダイアログを表示する」「事前に紐付けする」などがありますが、右クリックメニューからアプリケーションを選択する方法もあります。

右クリックメニューから、開きたいアプリケーションを選択します。
右クリックメニューから、開きたいアプリケーションを選択します。


しかし、全てのアプリケーションが右クリックメニューに表示されるわけでは無いので、必ずしも使い勝手が良いとは言えません。

ただ、右クリックメニューには[送る]という項目があり、この項目に並ぶアプリケーションは、簡単にカスタマイズをする事ができます。

Windows 10右クリックメニューの[送る]に項目を追加する

右クリックメニューの[送る]の項目 は、各ユーザーのプロファイルフォルダの中にある”SendTo”フォルダにあります。

つまり、”SendTo”フォルダに、送りたいアプリ又はショートカットを入れたら、右クリックメニューの[送る]に項目を追加する事ができます。

SendToフォルダに移動

[送る]に項目をアプリを追加する為、SendToフォルダに移動します。
SendToフォルダは、各ユーザーのプロファイルフォルダの中にあります。

Windows10で、SendToフォルダの場所は以下のパスです。エクスプローラーのアドレスバーに直接入力してSendToフォルダに移動します。

C:\Users\[User Name]\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\SendTo
エクスプローラーのアドレスバーに直接入力


もしくは[Windows]+[R]キーを押して[ファイル名を指定して実行]を開きます。開いたダイアログに、「shell:sendto」と入力して実行します。

ダイアログに、「shell:sendto」と入力

SendToフォルダにアプリケーションを追加

SendToフォルダには、右クリックメニューの[送る]に表示されるアイテム・項目があります。
つまり、右クリックメニュー[送る]に追加したいアプリケーションを、このSendToフォルダに入れると、右クリックメニューの[送る]の項目に表示されるはずです。

sendToフォルダ


右クリックメニューの[送る]の項目に並んでいるのは、SendToフォルダに入っているショートカットやアプリケーションなのが確認できます。

右クリックメニューの[送る]の項目


SendToフォルダにテキストエディター「TeraPad」のショートカットを追加します。
これで、テキストファイルを開くときに、右クリックメニューから「TeraPad」を選択する事ができるはず。

テキストエディター「TeraPad」のショートカットを追加


実践:

テキストファイルを選択して、右クリックメニューの[送る]を表示しました。
先ほどSendToフォルダに入れた、「TeraPad」が項目に追加されています。「TeraPadを選択します。

「TeraPadを選択します


テキストファイルを「TeraPad」で開く事ができました。

テキストファイルを「TeraPad」で開く事ができました

SendToにフォルダを追加


[送る]にフォルダを追加すると、エクスプローラーを経由せずに、右クリックメニューだけで、ファイルのコピーを追加したフォルダに作成することが出来ます。
ここに使用頻度が高いフォルダを追加すると、ファイル操作が効率的になると思います。

送るにフォルダを追加

まとめ:SendToフォルダで項目を追加

Windows 10右クリックの[送る]メニューに、項目を追加する方法を紹介しました。

ファイルを開く場合に、どのアプリで開きたいかを、右クリックメニューから選択できるのは便利ですが、インストールしたアプリケーションが、右クリックメニューの項目に自動的に追加されるかどうかは、アプリケーション事に違います。

使いたいアプリケーションが右クリックメニューの項目に無かったら、今回紹介した方法で、項目を追加すると良いでしょう。


Twitter Facebook Pocket LINE はてブ

おすすめの関連記事
コチラの記事も読まれています
あわせてよく読まれている記事