[管理業務Tips]GoogleスプレッドシートでQRコードを生成する方法

googlespreadsheet_generate_a_qr_code_topimage

Googleスプレッドシートは高機能でありながら簡単に操作できるツールですが、工夫次第で更に便利な使い方が出来ます。

現在コンビニやスーバーマーケット、レストランや雑貨店、その他様々ところでキャッシュレス決済に利用されているQRコード。

もちろんQRコードが利用されているのはキャッシュレス決済だけではありません。

コンサートチケット、飛行機の搭乗券、そしてスマホのカメラをかざして利用するサービス などなど数え上げたらキリがありません。

このQRコードは企業など限られた人だけではなく、個人でも作成する事が可能で、ソフトウェア、ウェブサイトなど生成する方法は様々ありますが、Googleスプレッドシートでも非常に簡単にQRコードを生成する事が出来ます


スプレッドシートで即座にQRコードを生成できれば、在庫管理、顧客管理、などに使えて便利なのでは。


そこでこの記事ではGoogleスプレッドシートでQRコードを生成する方法を紹介したいと思います。


GoogleスプレッドシートでQRコードを生成する方法

Googleが提供しているグラフツール「Google Chart API」のQRコード生成ツールを利用します。

webブラウザのアドレスバーに

https://chart.googleapis.com/chart?chs=300×300&cht=qr&chl=URL

のように入力するとQRコードが生成されブラウザに表示されます。


WEBブラウザのアドレスバーにURL”https://liquidjumper.com/”を指定してQRコード生成しました。

https://chart.googleapis.com/chart?chs=300x300&cht=qr&chl=https://liquidjumper.com/
WEBブラウザでURLを指定してQRコード生成


QRコード生成のパラメータ

chs=幅x高さQRコードのサイズ
cht=qrQRコードを生成
chl=QRコードを生成するデータ 英数字や漢字、URLなど。
任意のテキストの4,296文字までの英数字を格納します。


この仕組みを利用してGoogleスプレッドシートでQRコードを生成してみたいと思います。

※ちなみにこのQRコード生成ツールは現時点で非推奨になっているので利用する際は自己責任でお願いします。

URLのQRコードを生成

スプレッドシートの「A2」にURLを入力しました。

スプレッドシートの「A2」にURLを入力


別のセルに以下の数式を入力します

=IMAGE(“https://chart.googleapis.com/chart?chs=300×300&cht=qr&chl=”&A2&””)

URLからQRコードが生成されました。

URLからQRコードが生成されました


iPhoneのカメラをかざすとQRコードを読み取ってURLへのリンクが表示されました。

URLへのリンクが表示

E-mailのQRコードを生成

スプレッドシートの「A5」にE-mailアドレスを入力しました。

スプレッドシートの「A5」にE-mailアドレスを入力


別のセルに以下の数式を入力します

=IMAGE(“https://chart.googleapis.com/chart?chs=300×300&cht=qr&chl=”&A5&””)

E-mailアドレスからQRコードが生成されました。

E-mailアドレスからQRコードが生成されました


iPhoneのカメラをかざすとQRコードを読み取ってE-mailアドレスへのメッセージ作成ボタンが表示されました。

E-mailアドレスへのメッセージ作成ボタンが表示されました

電話番号のQRコードを生成

スプレッドシートの「A11」に横浜市コールセンターの電話番号を入力しました。

スプレッドシートの「A11」に横浜市コールセンターの電話番号を入力


別のセルに以下の数式を入力します

=IMAGE(“https://chart.googleapis.com/chart?chs=300×300&cht=qr&chl=”&A11&””)

電話番号からQRコードが生成されました。

電話番号からQRコードが生成されました


iPhoneのカメラをかざすとQRコードを読み取って電話番号への発信マークが表示されました。

QRコードを読み取って電話番号への発信マークが表示されました

詩のQRコードを生成

スプレッドシートの「A8」に宮澤賢治 〔雨ニモマケズ〕の一部を入力しました。

スプレッドシートの「A8」に宮澤賢治 〔雨ニモマケズ〕の一部を入力しました


別のセルに以下の数式を入力します

=IMAGE(“https://chart.googleapis.com/chart?chs=300×300&cht=qr&chl=”&A8&””)

宮澤賢治 〔雨ニモマケズ〕からQRコードが生成されました。

宮澤賢治 〔雨ニモマケズ〕からQRコードが生成されました


iPhoneのカメラをかざすとQRコードを読み取って「 雨ニモマケズ風ニモマケズ雪ニモ夏ノ…」のweb検索が表示されました。

QRコードを読み取って「 雨ニモマケズ風ニモマケズ雪ニモ夏ノ...」のweb検索が表示されました

まとめ:スプレッドシートでQRコード生成の活用

GoogleスプレッドシートでQRコードを生成する方法を紹介しました。

Googleが提供しているグラフツール「Google Chart API」のQRコード生成ツールを利用して、簡単に生成する事が出来ます。

QRコード読み取り機器のバーコードスキャナを使えば、在庫管理、顧客管理、パスワード管理、商品管理等さまざまな利用方法が考えられます。

別途QRコードを生成する必要はなく、QRコードを生成したいデータをスプレッドシートに入力するだけで、自動的に生成されるので非常に効率的です。

是非試してほしいと思います。書籍やコレクションの管理など個人利用にもお勧めできそう。


スプレッドシートのQRコード生成と共に利用すれば、面倒な管理業務が効率的に。PCとの接続はUSBコード,2.4GHz,Bluetoothの3つの方法から選択可。ポケットにすっぽり収まるコンパクトな手持ち式ワイヤレスバーコドスキャナ。


Twitter Facebook Pocket LINE はてブ

おすすめの関連記事
コチラの記事も読まれています
あわせてよく読まれている記事