MAYAでパスに沿わせてチェーンをモデリングする方法

maya_modelingthechain_topimage

MAYAでチェーンをモデリングする方法は様々ありますが、この記事では、プラグインやスクリプトなどを使わずに、パスに沿ってチェーンを連ねる方法を紹介したいと思います。

MAYAでパスに沿ってオブジェクトを連ねる方法も、様々なテクニックがあります。

今回はMAYAのチェーン作成で一般的な方法の1つ

パスにチェーンの輪パーツをアタッチして移動先のスナップショットで連ねる

で作成する手順を紹介します。

チェーンのパーツをモデリング

パスに沿わせてチェーンを作成する方法の大まかな手順は、

  1. チェーンの輪のパーツを作成
  2. チェーンの形状をパスで作成
  3. 輪のパーツを複製してパスに沿って並べる



この項目では、複製するチェーンの輪のパーツをモデリングします。

チェーンの輪は下の画像のような形状でOKなのですが、このままで複製すると輪が連なった状態にはなりません。

チェーンの輪のパーツ


なので、輪を複製して下の画像のように、2つの輪を組み合わせたオブジェクトにします。

2つの輪を組み合わせたオブジェクト


この2つの輪を組み合わせたオブジェクトを複製してチェーンを作成します。

MAYAでパスを作成

チェーンの形状となるパスを作成します。

チェーンの形状となるパスを作成

チェーンの輪パーツを連ねる

Attach to Motion Paht でパーツをパスにアタッチ

2つの輪を連ねたパーツをパスに沿わせるためアタッチします。

チェーンの輪パーツと作成したパスを選択します。

チェーンの輪パーツと作成したパスを選択


メニューの表示モードを「Animation」にします。

メニューの表示モードを「Animation」


Constrain > Motion Paths > Attach to Motion Paht  を選択

ttach to Motion Paht を選択


チェーンの輪パーツがパスにアタッチされました。

パスにアタッチされました


Graph Editor を開いてリニアにします。

Graph Editor でリニアにします


タイムラインを動かすと輪パーツがパスに沿って移動します。

輪パーツがパスに沿って移動します

Create Animation Snapshot で輪パーツを連ねる

このタイムラインで移動したオブジェクトパーツを場所毎にスナップショットとして固定します


Visualize > Create Animation Snapshot□ のオプションを選択

Create Animation Snapshot□


Create Animation Snapshot のオプションで「Time Slider」を選択して「Apply」をクリック

「Time Slider」を選択


スナップショットされる数が輪パーツの大きさに対してパスの長さに合ってないので、チェーンが綺麗に組み合わさりません。

チェーンが綺麗に組み合わさりません


[Ctrl]+[Z]でUndo

Create Animation Snapshot のオプションで「Increment」の値を修正しました。再び「Apply」をクリック

「Increment」の値を修正


パスに並ぶ輪パーツの数が修正されました。

パスに並ぶ輪パーツの数が修正されました

パスの形状を修正

Create Animation Snapshot でスナップショットを実行したあとでも、パスの形状を修正する事ができます。

パスの形状を修正する事ができます

まとめ:今回紹介した方法のデメリット

MAYAでパスに沿わせてチェーンを作成する方法を紹介しました。

今回はMAYAの機能だけで作成する場合で最も一般的な方法だと思います。

ただこの方法のデメリットとして、2つの輪を組み合わせたオブジェクトを並べるので、細かなカーブに形状を沿わせるのが難しい場合があります。

、細かなカーブに形状を沿わせるのが難しい


カーブに正確に沿わせたチェーンを作成したい場合は、チェーンの輪1つを複製する方法で作成する必要があります。

MAYAの基本機能だけで作成する方法もありますが、プラグインやスクリプトツールを活用する方法もあるので検討してみてください。


Twitter Facebook Pocket LINE はてブ

おすすめの関連記事
コチラの記事も読まれています
あわせてよく読まれている記事