MAYA [MAYA2022]新機能メッシュをスイープ|SweepMeshならロープの作成も簡単

[MAYA2022]新機能メッシュをスイープ|SweepMeshならロープの作成も簡単

maya2021_rope_sweepmesh_topimage

2021年3月24日に MAYA2022を含むAutodesk Media & Entertainment Collection(Autodesk M&E)の最新バージョンAutodesk M&E2022」がリリースされました。

あれ!?MAYA2021は?と思ってしまいますが、そのMAYA2021をスキップしてMAYA2022のリリースです。※3ds MAX 2021はリリース済。

Autodesk Media & Entertainment Collection(Autodesk M&E)に含まれる製品からは他に3ds MAX 2022MotionBuilder 2022 もリリース。

しかしAutodesk M&E製品の1つで安価で購入しやすいスカルプティングツールMudbox2022については、まだ公式のリンクがありません。Autodesk製品の販売を行う各認定販売パートナーが発表する文章にはMudbox 2022の文字もあるので、リリース自体は予定されているとは思うのですが、少なくとも現時点ではまだのようです。(※2021年4月現在)


>>Maya2022の詳細/購入


注意:

■Autodeskのアクティベーションサポートは過去5バージョンまでです。
2021がスキップされたMaya・Motion Builder・Mudboxも3ds Maxと同様、2020、2019、2018、2017までで、2016は外れます。

■Autodeskのサブスクリプションサポートについては過去3バージョンまでです。
Maya・MotionBuilder・Mudbox(2022 + 2020,2019,2018)
3dsMax(2022 + 2021,2020,2019)


>>ご希望の製品の3年契約のサブスクリプションが1年契約の継続より最大約10%お得


Maya 2022 の新機能および更新されたワークフローでアーティストの作業を効率化し、さらに、テクニカルアーティスト・エンジニアとの良好なコラボレーション環境が期待されます。

ピクサーが開発した3Dシーングラフ形式及びライブラリの、Universal Scene Description (USD )がサポートされ、USD と Maya ワークフローの組み合わせをシームレスに使用できます。それに伴い、アニメーション ツール、リギング ツール、モデリング ツールも大幅に更新。

又、Bifrost、Arnold for Mayaの新しいプラグインの更新、面白いものとしては、Oculus RiftHTC VIVEなどのVRヘッドマウントディスプレイを使用してモデリングするCreate VR for Maya 。3D空間でアイデアを直感的に形にできる、コンセプトデザインツールも追加されました。

その他にも様々な新機能やプラグインが追加されています。中でも、特定のコマンドやプラグインの場所を Maya がロードすることを防ぐ「セキュリティプリファレンス」。それと、起動時間と終了時間の短縮・起動中のフォーカス喪失を防止など起動の最適化が成された「起動時の操作性の改善」は地味ではありますが気になる改善点。

・Python3のサポート
・カメラ シーケンサ
・独自のクラッシュ エラー レポートを取得する
・.hikc v1 の書き出しのサポート
・OCIO およびカラー管理
・リモート デスクトップ でビューポート 2.0 を OpenGL モードで実行する 

上記の動作をコントロールする新しい環境変数も追加されました。


・Maya 2022 の新機能の詳細: Autodesk公式サイトヘルプページに移動

Autodesk(オートデスク)

この記事は、多くの新機能が追加されたMAYA2022から、モデリングツールの新機能「SweepMesh/メッシュをスイープ」を紹介します。

SweepMesh/メッシュをスイープ」は、チューブや額縁、道路やリボンやロープ、などカーブに沿わせたメッシュをインタラクティブに生成そして編集できる、非常に便利な機能です。

興味があれば是非参考にしてみてください。


Autodesk(オートデスク)

SweepMesh/メッシュをスイープをでメッシュを生成、「スイーププロファイル」でベースを選択

まず、「SweepMesh/メッシュをスイープ」でメッシュを生成し基本的な機能の紹介から。

MAYAのメニューから Create(作成) > Sweep Mesh(メッシュをスイープ)  をクリック

Create(作成) > Sweep Mesh(メッシュをスイープ)


Sweep Mesh(メッシュをスイープ)を実行すると、細長い筒状のメッシュが生成されます。
そしてアトリビュートに「sweepMeshCreator」が追加されました。

アトリビュートに「sweepMeshCreator」が追加


アトリビュート「sweepMeshCreator」のSweep Profiles(スイープ プロファイル)

Poly(ポリゴン)・Rectangle(長方形)・Line(ライン)・Arc(円弧)・Wave(波形)・Custom(カスタム)

から成形・編集するメッシュのタイプを選択します。
各タイプによって調整できるSweep Profiles(スイープ プロファイル)の項目が変わるので、作成する目的に合わせて選んでください。

Sweep Profiles(スイープ プロファイル)

Poly(ポリゴン)

タイプで、Circle(円)・Star(星)を選択。

Star(星)を選択すると、Inner Radius(内側半径)で内側に入り込む頂点の半径を調整できます。

Circle(円)・Star(星)
▲左)Circle(円)、右)Star(星)


Sides(サイド)で角数を変更します。

角数を変更
▲左)5角形、右)12角形


Cap(キャップ)を有効にすると端を閉じることが出来ます。

Cap(キャップ)を有効にすると端を閉じる

Rectangle(長方形)

長方形の幅や高さ、Corner Radius(コーナーの半径)・Corner Segments(コーナーのセグメント)、そしてCorner Depth(コーナーの深さ)でコーナーを内側に凹ませる事も可能です。

Rectangle(長方形)

Line(ライン)

Line(ライン)には、Sweep Profiles(スイープ プロファイル)の調整項目はありません。
変換や補間、カーブを操作して編集します。

Line(ライン)

Arc(円弧)

Arc(円弧)は、Angle(角度)・Segments(セグメント)で円弧の角度や分割数を編集できます。

Arc(円弧)

Wave(波形)

Wave(波形)は、Amplitude(振幅)・Cycles(サイクル)・Offset(オフセット)・Segments(セグメント)で、波形の高さや分割数などを編集できます。

Wave(波形)

Custom(カスタム)

Custom(カスタム)は、作成したカーブやポリゴンを元にしてsweepMeshを生成します。

Custom(カスタム)

Custom(カスタム)で、作成したポリゴンの断面からSweepMeshを生成

Custom(カスタム)は、作成したカーブやポリゴンオブジェクト・フェース・エッジを元にしてSweepMeshを生成します。

では、Custom(カスタム)で、ポリゴンオブジェクトからSweepMeshを生成してみましょう。

まず、SweepMeshの断面となるメッシュをモデリングしました。

SweepMeshの断面となるメッシュ


MAYAのメニューから Create(作成) > Sweep Mesh(メッシュをスイープ)  をクリック。
Sweep Profiles(スイープ プロファイル)でCustom(カスタム)を選択します。

CustomSweep Profiles(カスタムスイーププロファイル)でポリゴンオブジェクトをクリック、続けてモデリングしたメッシュを選択。SweepMeshが生成されたら「OK」を押して閉じます。

CustomSweep Profiles(カスタムスイーププロファイル)でポリゴンオブジェクトをクリック


モデリングしたメッシュを断面として、SweepMeshを生成されました。

モデリングしたメッシュを断面として、SweepMeshを生成されました。


断面の元にしたメッシュを編集すると生成したSweepMeshも同じく形が変更されます。

元にした断面のメッシュの一部を削除・変更しました。

元にした断面のメッシュの一部を削除・変更


断面のメッシュで削除した部分と同じ箇所がSweepMeshでも変更されました。

断面のメッシュで削除した部分と同じ箇所がSweepMeshでも変更されました。


アトリビュートの、Taper Curve(カーブのテーパ)でSweepMeshの経を部分的に太くしたり、細くしたりできます。

Taper Curve(カーブのテーパ)


Taper Curve(カーブのテーパ)で編集した形状に合わせてSweepMeshも変更されます。

編集した形状に合わせてSweepMeshも変更さ

Distribute(配分)を有効にしてロープを作成

SweepMeshCreatorを使えば、“細い紐が束ねられ、拗じられたロープ”のモデリングも簡単です。

パスに沿って生成

SweepMeshに沿わせるカーブを作成します。

SweepMeshに沿わせるカーブを作成


作成したカーブを選択した状態で MAYAのメニューから Create(作成) > Sweep Mesh(メッシュをスイープ)  をクリック。

カーブに沿って筒状のメッシュが生成されました。
※カーブは1つだけでなく複数選択できます。

カーブに沿って筒状のメッシュが生成されました。

Distribute(配分)

“細い紐が束ねられ、拗じられたロープ” を表現するためメッシュの本数を増やします。

アトリビュートのSweepMeshCreatorで、チェックボックス「Distribute(配分)」を有効にすると、筒状のメッシュの数が増えました。

Distribute(配分)


Distribute(配分)」はカーブに添わせた状態でメッシュのインスタンスを生成する機能で、「Radial(放射状)」「Square(正方形)「Linear(一次)」と生成の仕方も選択できます。

「Radial(放射状)」「Square(正方形)」「Linear(一次)」と生成の仕方も選択
▲左)Radial(放射状)、中)Square(正方形)、右)Linear(一次)


今回は“細い紐が束ねられ、拗じられたロープ”を作成するので「Radial(放射状)」を選択。
Number of instances(インスタンス数)、Scale instances(インスタンスのスケール)、それとTransformation(変換)のScale Profile(プロファイルのスケール)を変更してロープの太さを等を調整します。

Scale Profile(プロファイルのスケール)を変更してロープの太さを等を調整します。

Twist(ツイスト)

次はロープの捻じりを表現します。

Transformation(変換)の、Twist(ツイスト)の値を変更するとメッシュが拗じられます。

Twist(ツイスト)


メッシュの分割数が少ないため、捻じりがうまく表現出来ません。

メッシュの分割数が少ない

Precision(精度)

メッシュの分割数を増やすには、Interpolation(補間)項目の、Precision(精度)の値を変更します。

Precision(精度)


Precision(精度)の値を90に変更すると、捻じりが表現できました。
これで、SweepMeshCreatorを使えば“細い紐が束ねられ、拗じられたロープ”も簡単に作成できることが分かると思います。 

値を90に変更すると、捻じりが表現できました


ちなみに、カーブの形を変更するとメッシュも追従します。

カーブの形を変更するとメッシュも追従

まとめ:MAYA2022の新機能SweepMeshCreator

MAYA2022に追加されたモデリングツール「SweepMesh/メッシュをスイープ」の機能を紹介しました。

SweepMesh/メッシュをスイープ」はケーブルやロープなどカーブに沿ったメッシュを作成するのにとても便利な機能です。

操作も簡単かつ効率的にモデリングできるので、工夫次第で活用の幅が広がる機能なのではないでしょうか。

MAYA2022ではモデリングツールの他に、アニメーション ツールやリギング ツール、Universal Scene Description (USD )のサポート。そしてスクリプト関係ではPython3に対応と、MAYA2021をスキップした甲斐があった気がします。


・MAYA2022をAutodesk M&E2022の詳細・購入はAutodesk公式サイトで確認してください。


「Autodesk Mudbox」」3Dデジタルペインティング & スカルプティングソフトウェア 
2005年度版、映画「キングコング」の制作に使用され名を広めたスカルプティング・ペインティングツール。Autodesk製品のMAYA、3ds MAX とのデータのやり取りもスムーズで、競合する「Zbrash」に比べて圧倒的な安さは特質すべきポイント。今後3DCG制作でキャラクター、背景、分野関係無くスカルプティング技術が必須になるのは確実で、機能と価格のバランスを考慮すると、最初に導入するソフトウェアの候補になるでしょう。
価格:14,300円/年(税込)
>>Autodesk Mudbox の詳細/購入はコチラから

BTOパソコンの草分け的ブランド【FRONTIER】

教育機関や研究施設/3DCG/動画編集/そしてゲームプレイにも、用途に合わせたオーダーメイド高性能PCがお得な価格で購入できます

メモリ無償アップ!\新生活応援セール!!/4月15日(木)15時まで

入学や就業など何かと物入りな季節。圧倒的コスパのBTOパソコンを購入して新生活をスタートしませんか!

■AMD Ryzen 7 3700X + NVIDIA GeForce RTX 3060 モデルが149,800円!! 
■intel Core i5-10400F + NVIDIA GeForce RTX 3060 モデルが124,800円!!

他 お買い得PCが沢山!SALE製品は数に限りがあるので売り切れる前に是非
最新GPUも格安構成も自由に選べる!パソコン買うならBTOの【FRONTIER】


【デジハリONLINEの 基礎動画 + AdobeCC一年ライセンス のお得プラン】

デジタルハリウッドのオンラインCGスクール「デジハリONLINE」が提供する、60時間の基礎動画とAdobe creative cloudの一年版ライセンスがパッケージされた、お得な講座プラン

「Adobeマスター講座」

受講ノルマは一切無し、Adobe製品の利用を目的に契約してもOK!これぞコスパ最強プラン!

▶︎ デジハリONLINE講座申込

▶︎基礎動画教材付きAdobe Creative Cloudを年額36,346円(税別)のお得な価格で使用する方法


Twitter Facebook Pocket LINE はてブ

おすすめの関連記事
コチラの記事も読まれています
あわせてよく読まれている記事