iPhoneアプリ開発が目的なら”Swift”が学べるプログラミング言語学習サービス「Playground」

swift_playground_learning_topimage

プログラミングは”そこそこ”にとにかくiPhoneアプリが開発できるようになりたい

そんな目標でプログラミング言語”Swift”を学びたい方に適した学習サービスがあります。

それが他のプログラミング学習スクールとは違った特徴を持ったプログラミング学習サービス

「Playground」

「Playground」はiPhone/iPad アプリの開発言語である「Swift」の学習コースを提供しているオンラインプログラミング学習サービスです。

⇒Playgroundプログラミング学習サービス


iPhone/iPadのアプリを制作するにはプログラム言語の「Swift」の習得が必要になります。

このプログラム言語「Swift」を学習できるスクール・サービスは様々ありますが、今回紹介するプログラミング学習サービス「Playground」は、他のプログラミング学習スクールとは違い、「学ぶ」ではなく「作る」を重視した教材なのが特徴です。

そこで「iPhone/iPadのアプリを開発方法を習得したい」と目的がはっきりしている人に適したプログラミング学習サービス「Playground」を紹介したいと思います。


Playground「Swift」学習コースの内容

Playgroundで提供している「Swift」学習コースの内容

1.通常プラン
2.メンターサポート付きプラン

の2コースあります。

1.通常プラン
通常プランはカリキュラムを閲覧するスタイルで、空いた時間を使って独学するのに適しています。
通常プランでも、コメント機能で質問することができます。

2.メンターサポート付きプラン
週1・2回、現役エンジニアのメンターがZoomで授業&質問回答します。
通常プランと同じカリキュラムを閲覧、機能を利用できます。

画像つきの記事と動画で、開発の環境構築やプログラミングのテクニックまでをわかりやすく丁寧に解説します。

サポートプランの詳細はコチラ

Playground学習サービスの特徴

Playground学習サービスが他のプログラミング学習サービスと最も違う特徴は

「学んでもらうためではなく、作ってもらうため 

という部分です。

プログラミング学習で難しいのは、プログラミングを学ぶ目的が曖昧だと、学習の意欲が続きにくい事

逆に、作りたいものや転職など目的がはっきりしているとプログラミング学習の意欲も途切れること無く成果も現れやすい。

そして成果が現れると、益々プログラミング学習の意欲も強くなる。

そこでPlayground学習サービスは、「学習」では無く「作る」事を重視した内容になっていて、カリキュラムの課題をこなしていくと「作れた」事が成果として現れる仕組みになっています。

「作る」事の成功体験を得ることで、プログラミング学習の意欲を持続させるのはPlayground学習サービスの大きな特徴と言えるでしょう。

Playground「Swift」学習コースの特徴

「作る」事の成功体験を得ることで、プログラミング学習の意欲を持続させるPlayground学習サービス

Playgroundの「Swift」学習コースで特徴的なのは、「作る」事の成功体験を得る 仕組みとしてPlaygroundで開発された

PGFramework自動処理スクリプト(Magic Box)

を使う事です。


これを使うことで、より早く簡便にiOSアプリの開発を習得する事ができます。

Playgroundの学習対象者

Playground学習サービスは「作る」事を目的にしたプログラミング学習サービスです。

「Swift」学習コースの特徴の項目で紹介したように、学習にはPlaygroundで開発したPGFramework自動処理スクリプト(Magic Box)を使います。

これを使うことによってiOSアプリを、より早く、より簡便に作る事が出来るようになります。

つまり、プログラミングの面倒な部分、難しい部分 を無視してiOSアプリを開発できます。

もっと噛み砕いて言うと、Playground学習サービスはプログラミングの知識をイチからしっかり学びたい人向けでは無い という事です。

では、どの様な人が学習対象者として適しているのでしょうか?

  • プログラミングの知識は過不足無く得られるだけで十分、とにかくiOSアプリを開発できるようになりたい。
  • 他のプログラミング言語の知識は既に有しているので、「Swift」を使ったiOSアプリの開発方法を得たい。

など、とにかく「iOSのアプリ開発方法を学びたい」と目的がはっきりしている人でしょう。

要するに、「知識として」「学びとして」では無く、「作る」事を目的としてプログラミング言語「Swift」を覚えたい方に適した学習サービスです。 

Playground「Swift」学習コースの受講料金

・通常の有料会員価格は¥49800+税ですが、
現在リリース記念キャンペーンのため ¥29800+税

・サポート費用が月々¥500 最初の7日間は無料


1度入会して月額費用(¥500+税)を支払い続けている間は、受講期間に制限なくカリキュラムを閲覧可能です。

想像していた教材と違っていた場合への不安や、お試し期間は?
などの声に対応する、7日間の完全返金保証制度があります。

まとめ:とにかくiOSのアプリを制作する事が目的なら

知識」よりも「成功体験」を
 を目的にしたプログラミング学習サービスのPlayground

プログラミングを基礎から学びたい人には向かない学習サービスと言えるかと思いますが、

「別にプログラマーに転職したいわけじゃなくiPhoneのアプリを開発したいだけ」

と「作りたい」と目的にがはっきりしているのであればプログラミング初心者でも全然問題なくPlaygroundの受講対象者になるでしょう。

他のプログラミング学習スクールと全然違った特徴の学習サービス「Playground」気になった方は是非。

⇒Playgroundプログラミング学習サービス「Swift」学習コース

Twitter Facebook Pocket LINE はてブ

おすすめの関連記事
コチラの記事も読まれています
あわせてよく読まれている記事