AR/MR,Unity unite tokyo 2018 で貰ってたvuForiaのMars Playing Cardsを試してみた

unite tokyo 2018 で貰ってたvuForiaのMars Playing Cardsを試してみた

vuforia_card_topimage

unite tokyo 2018でARのライブラリを提供しているvuForiaのセッションで紹介されていたサンプル用のカードがMars Playing Cardsです。セッション後vuForia社のブースで頂いてて試しそびれていました。取り敢えず、簡単にサンプルが実行できるまでをやってみます。

セッション内容は大まかに言えば
Unityに標準装備されているから、みんな使ってね!
みたいな事なので、気軽な感じで試したいと思います。


セッティング

ARに使用するのは4種類

 

UnityのメニューのEdit > Project Settings > Player を選択
Inspector に表示されたXR Settingsの項目にある

Vuforia Augmented Reality supportedをチェック

ストアから vuforia 等を検索してVuforia Core Samples をダウンロードそしてインストールします。

vuForiaは2D画像や3Dの立体物、特定の商品など様々な種類をターゲットに出来ますが、今回は2DイメージをターゲットにしたARを試したいので他のSceneはとりあえず無視して

3-ImageTargets

を選択読み込みます。

 

HierarchyでAR Cameraを選択

inspectorから
Open Vuforia configurationを開きます


vuforiaのHPでライセンスキーを取得

先ほどOpen Vuforia Configurationで開いたInspector の APP License Key の項目にある Add Licenseボタンを押してvuForiaのHPでライセンスキー取得します。取得したライセンスキーをコピーペーストすればOK。

以下AddLicense後のvuForiaのHP

Develop タブから Log Inを選択


Create account now を選択

必要な情報を入れます


メールが届くので確認

コチラの記事も読まれています
あわせてよく読まれている記事