MAYA MAYA 「曲面にリベットを並べたい」エッジに複数のオブジェクトを沿わせる方法

MAYA 「曲面にリベットを並べたい」エッジに複数のオブジェクトを沿わせる方法

maya_adding_rivets_to_a_model_topimage

「鉄板の面に複数のリベットを並べたい」「布に縫い目をモデリングしたい」

建築物などの壁や扉などをモデリングする際に鉄板にリベットを並べると、グッとリアリティが増します。

壁や扉はどちらも平面なので、リベットのオブジェクトパーツを複製して並べるのは難しい作業ではありません。
しかし並べる面が曲面になると途端に難しいものになります。まして複雑な曲面になればなるほど、力業で配置するには困難な作業になります。

この記事では、このような複雑な曲面にリベット、ビス、縫い目などのオブジェクトパーツを並べる方法を紹介しています。


曲面と並べるオブジェクトパーツをモデリング

オブジェクトパーツを並べる曲面のモデル「shoulder」 と 曲面に並べるリベットパーツモデル「rivet」を作成しました。

曲面のモデル「shoulder」の輪郭付近にリベットパーツ「rivet」を並べたいと思います。

曲面のモデル「shoulder」 と 曲面に並べるリベットパーツモデル「rivet」

曲面のオブジェクトパーツを並べたい箇所にエッジを追加する

リベットパーツを並べる為に曲面モデルに沿ったカーブを生成する必要があります。

リベットを並べる箇所にエッジを追加して、リベットパーツを並べたいエッジ箇所を選択します。

リベットパーツを並べたいエッジ箇所を選択


Modify > Convert > Polygon Edges to Curve をクリックして選択したエッジをカーブに変換します。

Polygon Edges to Curve


選択したエッジからカーブが生成されました。
この生成されたカーブに沿ってリベットのオブジェクトを並べようと思います。

エッジからカーブが生成されました

MASHを生成

並べたいリベットパーツを選択します。

リベットパーツを選択


メニューの表示モードを「Animation」にします。

メニューの表示モードを「Animation」


MASH > Create MASH Network を選択

Create MASH Network を選択


MASH が生成されました。

MASH が生成されました


Attribute Editor でDistance X の値を 0 に変更します。

Distance X の値を 0 に変更

MASHに対象のカーブを追加する

MASHにリベットパーツを沿わせる対象として生成したカーブを追加します。

MASHのAttribute Editor で「Curve」を左クリックすると表示される「Add Curve Node」をクリックします。

「Add Curve Node」をクリック


MASH_Curveのタブが表示され、対象のカーブが追加可能になます。
Outlinerからカーブを下画像の箇所に、中クリックでドラッグアンドドロップで追加します。

追加したら「Animation Speed」の値を 0 に変更します。
「Ignore Step」にチェックを入れます。

カーブを追加


カーブに沿ってリベットパーツを並べることができました。

カーブ沿ってリベットが並びました

オブジェクトパーツの数や向きなどを設定

オブジェクトパーツの向きを修正する

カーブに沿ってリベットパーツを並べる事ができましたが、場合によってはパーツの向きが合わない事があるかもしれません。

このテストモデルの場合はリベットパーツの底面が曲面モデルに面していないので修正する必要があります。

曲面モデルに面していない


Outliner でオリジナルのリベットパーツを選択します。
おそらく非表示でグレーになっていると思います。

リベットパーツを選択


オリジナルのリベットパーツのAttribute Editor で Rotate や Scale の値を変更します。

Rotate や Scale の値を変更


リベットパーツの底面が正しい向きになりました。

底面が正しい向きに変更された

オブジェクトパーツの数を変更する

MASHのAttribute Editor で 「Number of Points」の値を変更します。

「Number of Points」の値を変更


リベットパーツの数が30個に増えました。

リベットパーツの数が30個に増えました

まとめ:面やカーブに沿ってオブジェクトを並べる場合はMASH

MAYAで曲面にオブジェクトパーツを並べる方法を紹介しました。

手順を簡単にまとめると

  1. オブジェクトパーツを並べたい箇所にエッジを追加
  2. 追加したエッジからカーブを生成
  3. MASHを生成して沿わせる対象として生成したカーブを追加する
  4. パーツの数や向きなどを設定する


この方法を使えば、リベットなどの硬いものだけではなく、布に縫い目を追加できたり、構造物に装飾などを並べることも簡単に出来ます。

もちろんMASHはカーブがあればオブジェクトパーツを並べる事ができるので、表面意外にも工夫次第で様々な箇所で使うことができるでしょう。


Twitter Facebook Pocket LINE はてブ

おすすめの関連記事
コチラの記事も読まれています
あわせてよく読まれている記事