リキッドジャンパー MAYA [MAYA]RandomUVToolbox タイルや木板のUV展開に便利なスクリプトツール

[MAYA]RandomUVToolbox タイルや木板のUV展開に便利なスクリプトツール

maya_script_randomuvvtoolbox_topimage

タイルや木版、レンガなど同じ素材が並ぶ部分にランダムでUV展開したい場合に便利なMELスクリプトツールを紹介します。

RandomUVToolbox


RandomUVToolboxの機能

横方向にランダムに配置できます

U 横方向にランダムに配置


縦方向にランダムに配置できます

V 縦方向にランダムに配置


縦横方向にランダムに配置できます

UV 縦横方向にランダムに配置


間隔を無視してU方向にランダム配置

間隔を無視してU方向にランダム配置

RandomUVToolboxの設定項目

RandomUVToolboxの設定項目


Random U
選択されたオブジェクトのUVをUだけに広げます。

Random UV
選択されたオブジェクトのUVSをUとVの両方に展開します。

Random V
選択されたオブジェクトのUVSをVだけに広げます。

Grid
グリッドの制限。 0の値はグリッドに制限を与えません。 値が2の場合、2×2の細分化が設定されます。

RandomUVToolboxの実行方法

セットアップ&起動方法

highend3d.comからダウンロードできます。https://www.highend3d.com/maya/script/random-uv-for-maya


ダウンロードした「DupAlongPathToolbox.mel」をMAYAのスクリプトパスのフォルダに移動します。

C:\Users\User_name\Documents\maya\version\scripts

MAYAを起動したらスクリプトエディターで次のように入力しMELスクリプトを実行します。

RandomUVToolbox;
MELcommand RandomUVToolbox;

RandomUVToolboxの使い方

4×4のチェッカー柄テクスチャーを使います。
1マスに合わせてUV展開しました。

1マスに合わせてUV展開


UV展開したオブジェクト並べて選択します。

UV展開したオブジェクト並べて選択します


Gridを「2」に設定して「Random UV」を実行

Gridを「2」に設定して「Random UV」を実行


1マス飛ばしてランダムにUV配置されました。

1マス飛ばしてランダムにUV配置


1マス飛ばしで配置されたので赤系だけになりました。

1マス飛ばしで配置されたので赤系だけになりました


Gridを「4」に設定して「Random UV」を実行

Gridを「4」に設定して「Random UV」を実行


UVが4x4なので、全体でランダムに配置されます。

UVが4x4なので、全体でランダムに配置されます


赤系と青系が混在した配置になりました。

赤系と青系が混在した配置になりました

MAYAの有効バージョン

highend3d.comには互換性の欄に「2012, 2011, 2010, 2009, 2008」と載っていますが、筆者のMAYA2020で実行できました。



BTOパソコンの草分け的ブランドFRONTIER(フロンティア)

教育機関や研究施設/3DCG/動画編集/そしてゲームプレイに。
用途に合わせてCPUやGPUなどパーツを自由に選べて、コスパにもこだわる方にオススメ。

ボーナス祭!開催中\GeForce RTX 3070 Tiなど最新GPUを搭載した人気モデルが超特価で登場!/6/25(金)15時まで

≪GeForce RTX 3070 Ti≫≪GeForce RTX 3080 Ti≫を搭載した高性能PCが衝撃コスパで購入できます。

Core i7 + RTX 3060モデルが税込16万円台、Ryzen 7 + RTX 3070モデルが21万円台、Core i7 + GTX 1660モデルが12万円台、Core i7 + RTX 3070 Tiモデルが22万円台

≪全18機種≫見逃し厳禁!SALE製品は台数に限りがあるので売り切れる前に是非

>>【FRONTIER】


【デジハリONLINEの 基礎動画 + AdobeCC一年ライセンス のお得プラン】

デジタルハリウッドのオンラインCGスクール「デジハリONLINE」が提供する、60時間の基礎動画とAdobe creative cloudの一年版ライセンスがパッケージされた、コスパ最強の講座プラン

「Adobeマスター講座」

受講ノルマは一切無し、Adobe製品の利用を目的に契約してもOK!

>>デジハリONLINE講座申込

▶︎基礎動画教材付きAdobe Creative Cloudを年額39,980円(税込)のお得な価格で使用する方法


Autodesk(オートデスク)

Twitter Facebook Pocket LINE はてブ

おすすめの関連記事
コチラの記事も読まれています
あわせてよく読まれている記事
タグ: ,