カテゴリー: MAYA

arnold_aomap_topimage

MayaのArnold を使ったAOテクスチャー(アンビエントオクルージョンマップ)を作成する方法MayaのArnold を使ったAOテクスチャー(アンビエントオクルージョンマップ)を作成する方法

Mayaでアンビエントオクルージョンマップを作成する手順を紹介します。 Mayaに実装されたArnoldのテクスチャーレンダリングの機能を使って作成する方法に変わりました。 手軽に生成できるので参考にしてもらえたらと思います。

maya_normal_topimage

Maya-法線の表示と頂点法線の操作方法[モデリング]Maya-法線の表示と頂点法線の操作方法[モデリング]

MAYAでモデリングをしていると、形状は綺麗に出来ているのに、モデルが真っ黒になってしまったり、頂点が黒ずんでしまったりすることがあると思います。 ポリゴンを扱う上で大事な法線の表示方法と修正の仕方を紹介します。

maya_python_if-in_topimage

Python if文 inで特定の要素が含まれているか判断MAYAアーティストのスクリプト入門Python if文 inで特定の要素が含まれているか判断MAYAアーティストのスクリプト入門

if 文の条件式はさまざまありますが、in も条件式によく使われます。 in も条件式に使えるのはlistだけではなく文字列や辞書でも使えます。 使い方を覚えると条件式のバリエーションも増えてPythonスクリプトで出来ることも増えるので是非覚えてほしいと思います。

maya_python_getfilesize_topimage

[MAYA] Pythonスクリプトでテクスチャーファイルのサイズを取得する方法[MAYA] Pythonスクリプトでテクスチャーファイルのサイズを取得する方法

ゲーム開発ではデータの容量をとても気します。 モデリングに入る前に「ココは総量〇〇サイズに収めて作ってください」とか。 今回はMAYAで作成するモデルの総容量の中で以外に大きな割合のサイズになるテクスチャーファイルのサイ […]

python_list_topimage

Python list 配列を知らないと何も始まらない MAYAアーティストのスクリプト入門Python list 配列を知らないと何も始まらない MAYAアーティストのスクリプト入門

Pythonのスクリプトで頻繁に使われる list(配列) 特にMAYAで使われるスクリプトの多くは list から始まってるといっても過言ではないぐらい重要です。 今回はMAYAでスクリプトを書く上で避けては通れない […]

maya_gimp_xpm_topimage

MAYAのアイコン画像 GIMPを使ったXPMファイルの作り方MAYAのアイコン画像 GIMPを使ったXPMファイルの作り方

現在MAYAのアイコン画像ファイルは主にPNGが使われています。筆者はMAYAのアイコン画像ファイルといえばXPMの印象が未だに強いです。すっかり様変わりしたなあという感想です。 ただ完全にXPMが無くなって使われてない […]

python_for_topimage

[Python] for 文 繰り返し処理の使い方MAYAアーティストのスクリプト入門[Python] for 文 繰り返し処理の使い方MAYAアーティストのスクリプト入門

同じ作業を繰り返したいときがあります。例えば、大量のオブジェクトを条件に沿って並べたいとか複数の頂点を順番に調べて、条件に沿って特定の頂点を特定したいとか。 そのような事をしたい場合は for  を使います。今回もMAY […]

maya_python_topimage

[Python] if文の使い方 MAYAアーティストのスクリプト入門[Python] if文の使い方 MAYAアーティストのスクリプト入門

Pythonのスクリプトで「この条件のときはOK」でも「この条件のときはダメ」と分岐させる方法を紹介します。 CG制作ツールのMAYAを使って説明しますが、あくまでもPythonの紹介なので、MAYAを持ってなくても理解 […]

[MAYA][jsx]PhotoshopスクリプトからMAYAのポリゴン球を生成する[MAYA][jsx]PhotoshopスクリプトからMAYAのポリゴン球を生成する

Photoshopのスクリプトで他のファイルを実行させることが出来ます。 そこで別記事で書いたPythonで外部からMAYAにコマンド送れる事を利用して PhotoshopスクリプトからMAYAにポリゴンの球を生成させた […]